お見合いだけで断わられる男性の特徴 ~ お見合いだけで断られる理由

いつもお見合いだけで断られる男性の特徴
いつもお見合いだけで断られる理由は何?
 
いつもお見合いだけで断られて、仮交際に進めない男性には、必ず何か原因があるものです。
 
この記事では、いつもお見合いだけで断られる男性の特徴と断られる理由を、女性目線で紹介します。

目次

お見合いだけで断られる男性の特徴は、やる気を感じない

 いつもお見合いだけで断られる男性の特徴は、女性目線で、やる気が感じないことです。
  
「やる気があるから、お見合いしてるんだ!」
 
・・・と言ってみたところで、そのやる気が女性に伝わらなければ意味がありません。

① お見合いの準備をしてますか?

 ほとんどの女性はお見合いのために入念な準備をします。
 
1) 何日も前からお見合いの洋服を選ぶ
2) あなたプロフィールをしっかり覚える
3) あなたの趣味やコメントから話題を考える
4) 当日は、朝からシャワーして身なりを整える
5) 化粧、ヘアメイクを頑張る
 
・・・など。
 
 それなのに、あなたがお見合いの準備をちゃんとしていないと、女性が感じたらガッカリしてしまうし、あなたに失望してしまうでしょう。
 
結果として、いつもお見合いだけで断わられるのです。
 
 次章からは、女性からやる気がないと思われる男性の特徴を紹介します。

見合いだけで断られる男性の特徴 ~ 待ち合わせ編

 いつもお見合いだけで断られる男性の特徴の1つ目は待ち合わせでの態度。

① 座って待っている

 女性目線では、お見合いの待ち合わせで、座りながら待っているのはNGです。
 しっかりと背筋を伸ばして立って女性を待ちましょう。

② スマホを見ながら待っている

 約束の時間まで余裕があっても、スマホを見ながら待っていてはいけません。
 
「LINE? ゲーム? やる気ある?」
 
・・・と、女性は感じてしまいます。

③ 自分から声をかけてこない、声が小さい

 いつもお見合いで断られる男性の特徴は、笑顔で声をかけてこない。
 
 スグに声をかけてこなかったり、声をかけてきても、蚊の鳴くような声だったりすると
 
「頼りない男性」
  
・・・と女性は感じます。
  
 待ち合わせ場所では、女性の姿を見つけたら軽く会釈をし、自分から近づいて、明るく笑顔で、はっきりした声で「○○さんですか」と声をかけましょう。

④ 初対面の挨拶がちゃんと出来ない

 いつもお見合いで断られる男性の多くは、初対面の挨拶がちゃんと出来ていません。
 
「○○さんですか。 はじめまして、私、○○です。」
「今日は、お時間を作って頂いてありがとうございます。」
 
・・・と、明るくハキハキした声で挨拶が鉄則です。

➄ 清潔感がない

 お見合いに限らず、清潔感のない男性は嫌われます。
 
・服がヨレヨレでダボダボ
・ワイシャツにシミ
・髪がボサボサ
・顔の油や汗が目立つ
・鼻毛、髭の剃り残し
・メガネのレンズが汚い
・靴が汚れている 等々
 
 当日の服装は数日前から用意し、お見合い当日は朝からシャワーを浴び、待ち合わせ場所の近くのトイレで身だしなみの最終チェックがおススメです。

お見合いだけで断られる男性の理由 ~ カフェ編

 待ち合せ場所からカフェ等への移動中、カフェでの言動も、女性はしっかりと見ています。

① カフェまでの移動、自分のペースでサッサと歩く

 いつもお見合いで断られる男性の特徴は、カフェへ移動する時、自分のペースでさっさと歩いていく。
男性が自分のペースで歩くと、女性は早歩きでないと追いつけません。 
 
 女性に歩くスピードを合わせながら、カフェなどに向かうのは基本中の基本です。

② 歩きながらの会話がない

 女性のペースに合わせて歩いていても、カフェまで会話がないようでは、
 
「私の第一印象、悪かったのかな?」
「どうして、黙っているんだろ?」
  
・・・・と、女性は不安になります。
 
移動中は、
 
「今日は暑いですね。」
「結構、人多いですね。」
「あのお店、人凄いですけど人気あるんですかね。」
 
・・・等、目に映るものをそのまま話題にしましょう。

③ カフェで上座に座る

 カフェでは、女性が上座です。
男性が上座に座った場合、かなりの確率で断りが入ります。

④ メニューを自分が先に見る

 メニューが1つしかないのに、自分が先に見るのは、いつもお見合いだけで断られる男性の特徴です。
メニューが2つある場合でも、女性が見る前に見はじめるのは微妙。
 
 メニューが1つなら、まずは、「何にされますか?」と女性に尋ねながら、メニューを開いて女性に渡すのが基本的なマナーです。
 メニューが2つの場合も、女性にメニュを渡して、女性がメニューを開いてから自分がメニューを開きましょう。

➄ 店員、スタッフへの態度

 注文が決まったら、お店の店員さんを呼んで注文するのは男性の仕事です。
 スムーズに注文できないようでは、「頼りない男性」と思われてしまいます。
また、
 
店員さんに丁寧な言葉を使わない
店員さんに「ありがとう」と言わない
店員さんに些細なことでクレームを言う
 
・・・なども、お見合いで断られる理由です。

お見合いだけで断られる男性の特徴 ~ 会話編

 いつもお見合いだけで断られる男性の理由の3つ目は会話です。

① 声が小さくて聞こえない

声が小さかったり、明るくハキハキ話せないと、
 
「頼りない人」
「暗い人」
 
・・・と、女性から思われ、お見合いで断られる理由となります。

② 女性の目や顔を見て話さない

 女性の目や顔を見て会話ができないのは、いつもお見合いで断られる男性の特徴と言えます。
 
 とは言え、じっと目を見ると、女性は怖がるので、目と鼻と口のあたりを視線を移動しつつ話せばよいでしょう。

③ プロフィールを覚えていない

 女性のプロフィールを覚えておくのは鉄則です。
女性はプロフィールをちゃんと覚えて、お見合いに来ています。
あなたが覚えてないと
 
「プロフィールも見ずに何しに来たの?」
「私、バカにされてるのかしら?」
 
・・・と、お見合いだけで断られてしまいます。

④ 何を話すか考えてきていなさそう

 女性は、男性のプロフィールの趣味やコメント欄から話題を準備しています。
なので、男性が話題を準備して来ていないと感じると、
 
「いったい何しに来たの?」
「やる気ないのね。」
 
・・・と、お見合いだけで断られる理由となります。
 
 女性は、口下手で上手に話せないのは別に良いのです。
ちゃんと準備して来てくれているかが大切なのです。

➄ 過去の恋愛やお見合いについて聞く

 過去の恋愛やお見合いの話題は厳禁です。
いつもお見合いだけで断られる男性は、何故か、この話題を出したがります。
  
 ネチネチと過去にこだわる男性だと思うと、女性はゾッとしてしまいます。

⑥ 自分の話ばかりする

 女性との会話を楽しむのではなく、自分の仕事や趣味の話ばかりしてしまうと、女性は笑顔で聞いていたとしても
  
「私のことを全然聞かないけど、私に興味がないのかな」
「なんか、面倒臭いな」
 
・・・と、心の中で思っているものです。
 
 お見合いの会話では、女性のプロフィールから女性の趣味や興味のあることを中心に話題を作っていきましょう。

⑦ 上から目線で話をされた

 女性の話に共感をせず、自分の意見を言ったり、アドバイスしたりすると、
 
「何、この人? 偉そうに。」
「別に、あなたの意見なんて聞いてないわよ」
 
・・・と女性は思います。
いつもお見合いで断られる男性の特徴です。 
 
女性の話には「共感」が基本です。

⑧ ネガティブな発言

1) 会社、仕事のグチ
2) 他人の悪口・非難
3) 社会、政治などに対する悪口・非難
4) 体調が悪い
5) 将来への不安
 
・・・等々、ネガティブな言葉を聞かされると、女性は楽しくないだけでなく、気も滅入ります。

⑨ お茶代を割り勘

 お茶代の割り勘は、いつもお見合いだけで断られる男性の理由の第一位ではないでしょうか。
 女性は別に男性から奢って欲しい訳ではありません。
でも、お茶代を割り勘にすると、
 
「私って、お茶代以下の女なのね。」
 
・・・と女性は感じてしまいます。
 
 もし、女性が自分の分を払うと言ったとしても、
 
「いえ、遠慮なさらないでください。」
 
・・・と、一度は断るのがマナーです。

お見合いだけで断わられる男性の特徴と理由 ~おわりに~

 いつもお見合いだけで断わられる男性の特徴、お見合いだけで断られる理由について、女性視点で紹介してきました。
 
 もし、ひとつでも心当たりがあるなら、その項目を改めるだけで、仮交際にすすめる可能性がグンと上がるはずです。
 
「そこまで下手に出たくない。」
「僕には、僕のやり方がある。」
 
・・・と、つまらない意地やプライドを張り続けていると、いつまでもお見合いのハードルを越えることは出来ません。
 
 いつもお見合いだけで断られている男性は、自分の何が問題なのかを客観的に見直して、改善してみませんか?

目次