婚活は同時進行や複数交際した方が良い?~ 結婚相談所での複数交際

婚活では同時進行、仮交際の同時進行のメリット。
婚活での複数交際、仮交際の複数交際での注意。
  
恋愛では複数交際の同時進行は二股、三股と言って絶対NGですよね。
でも、結婚相談所で複数交際の同時進行は仮交際では認められています。
 
このページでは、婚活で同時交際、複数交際のメリットと注意を紹介します。

目次

婚活で同時進行、結婚相談所で複数交際がOKの理由

 婚活での複数交際、仮交際の同時進行にはちゃんと理由があるのです。

① 効率的に婚活を進めるため

 婚活では1歳でも年齢が若い方が有利です。
1人の相手とじっくり交際をしていると、うまくいかなかった場合、その時間が無駄になります。
 
 そこで、婚活では同時進行、仮交際の複数交際ができるようにしているのです。
短期間で合理的に結婚相手を決めるためです。

② 婚活は複数交際の同時進行は暗黙の了解

 婚活の仮交際では、今、交際中の相手が他の人と複数交際、同時進行している可能性は常にあります。
 
 婚活での同時進行は仮交際では暗黙の了解なのです。
 
 最初は戸惑うかもしれませんが、これが婚活だと割り切って、色んな人と会っていきましょう。

婚活で同時進行、仮交際で同時進行するメリット

 婚活での複数交際、結婚相談所での同時進行には大きなメリットがあります。

① 比較できる

 婚活で複数交際、結婚相談所で同時進行をする一番のメリットは、短期間で色々な人を比較できる点です。
 複数の相手を比較できれば、ベストじゃなくても、少なくともベターな相手は選べます。
 
 婚活の同時進行、仮交際の同時進行は納得できる結婚相手選びには大切です。

② 交際終了のダメージ軽減

 仮交際で、まだ相手のことを好きになっていなくても、相手から断られると、結構ショックを受けるものです。
 でも、婚活で複数交際の同時進行していれば、1人から断られても、別の相手がいればダメージも少なくて済みます。
 
 また、断られても、お相手選びからやり直す必要がないので、時間も無駄になりません。
 結婚相談所で同時進行、仮交際の複数交際は時間を有効活用できるのです。

婚活で同時進行、結婚相談所の複数交際の進め方

 婚活で複数交際、仮交際の同時進行する時に最も注意して欲しいのは、相手に複数交際がバレないように気を配ることです。
 婚活では複数交際の同時進行が認められているとはいえ、相手にバレてしまうと、やはり印象が悪いものです。

① スケジュール調整をしっかり行う

 結婚相談所で同時進行で複数交際している場合には、スケジュール調整は大切なポイント。
 
 例えば、仮交際で同時進行の誰かの予定が変わった時に、他の人の予定を変更するようでは失礼ですし、複数交際も疑われます。
 余裕のあるスケジュールが大切です。

② 婚活の同時進行の複数交際は3名まで

 いくら結婚相談所で複数交際の同時進行がOKとはいえ、4名以上は物理的に無理です。
 デートの回数、時間も少なくなりますし、相手と真剣に向き合う気持ちもいい加減になってしまい、逆にフラれる回数が増えてしまいます。
 
 仮交際の同時進行の人数は3名までが限度でしょう。

婚活で同時進行の複数交際する時の注意点

 仮交際で同時進行の複数交際をする時のマナー、注意点を紹介します。

① 相手を差別しない

 婚活で複数交際の同時進行していると、相手に対してそれぞれ「本命」「2番手」「キープ」といったランク付けは、どうしても出てきますよね。
 
 だからと言って、デートの内容や予算、デートでのファッション、相手への気遣いなどを、ランクによって差をつけるようなことは絶対にやめましょう。
 
 仮交際にすすんだ以上、どのお相手とも真剣に向き合い、その人の内面を知っていくべきです。 
でないと、相手にも失礼ですし、自分の時間も勿体ないです。
 
 そして、明らかに優先順位が低いと感じる相手は早めに仮交際を終了させましょう。
  
 また、本命→2番目→キープとランク付けしているのは相手も同じ。
ランクによって態度を変えるようでは、逆に相手から見切りをつけられます。

② それぞれの情報を把握

 結婚相談所で複数交際の同時進行する中で、悪気がなくてもやりがちなのが情報の混乱です。
 
 名前、年齢、趣味、仕事、家族構成など、間違ってはいけないプロフィール情報はもちろんの事、デートで行った場所、会話内容などの交際の情報など、間違ってはいけない情報は多岐にわたります。
 
 仮交際の同時進行をしていると情報が混乱してしまい、前回のデートの会話の内容が分からなかったり、別の相手との会話を振ってしまったり、最悪、名前を間違えうなどのミスを犯してしまうこともあります。
 
 婚活では複数交際の同時進行はOKと分かっていても、交際相手に別の誰かの影を感じると、気持ちの良いものではありません。
テンションも下がってしまいます。
 
 そこで、仮交際の同時進行中はデートで行った場所、会話の内容などをちゃんとメモしておいて、その相手とデートする前日にはしっかりと復習するようにしましょう。

婚活で同時進行の複数交際から真剣交際への時期

 仮交際の同時進行をいつまでも続けていく訳にはいきません。
いつかは1人に絞って真剣交際にすすむことになります。
この書では、婚活で同時進行から真剣交際に進む時期を紹介します。

① 2~3か月が目途

 結婚相談所により違いますが、お見合い~婚約までの交際期間は大体3~4か月と規定されています。
 
 仮交際中は同時進行で複数交際ができますが、真剣交際(本交際)では1人に絞らなければいけません。
当然、他の人との仮交際は全て終了です。
 
 そこで、仮交際から本交際に移行する前に、じっくりと相手を見極めることが大切になります。
 とは言っても、ダラダラと仮交際を長引かせるのは相手に対して失礼です。
 
 多くの人は仮交際が2~3ヵ月過ぎると真剣交際を考え始めます。
真剣交際にすすめない交際であれば、相手を解放してあげないと相手の大事な時間を奪ってしまことになります。
  
 婚活で同時進行の複数交際をしていても、2~3ヵ月も経てば少なくても8~10回のデートしているはずです。
 
 仮交際の中では、相性や大まかな結婚観などを把握する期間のため、余り立ち入った話はしません。
そこで、8~10回のデートで相性が合っていると感じるようであれば、真剣交際に進み、結婚の具体的な課題をクリアしていくことも大事です。
 
 真剣交際にすすんだからといって、絶対に結婚しなければいけないわけではありません。

婚活は同時進行や複数交際した方が良い?~ 結婚相談所での複数交際 ~まとめ~

 婚活では同時進行の複数交際が仮交際の期間に限って認められています。
 仮交際の同時進行や複数交際は、短期間で効率的に結婚相手を見つけるためには有効な方法です。
 
 とは言え、誠意をもって仮交際をする、適切なタイミングで真剣交際に進む姿勢はとても大切です。
 
 ダラダラと婚活で複数交際の同時進行を続けることは相手に対して失礼です。
 
 この記事を参考に、結婚相談所での複数交際の同時進行という婚活ならではのシステムを上手に利用して、短期間で素敵なパートーを見つけてください。

目次