【結婚相手との年齢差、何歳差までOK?】
恋愛結婚と婚活・お見合い結婚の年齢差の理想と現実

【結婚相手との年齢差、何歳差までOK?】
恋愛結婚と婚活・お見合い結婚の年齢差の理想と現実

 結婚相手との年齢差を考えるときに「〇歳ぐらいまでの人がいい」「できるだけ若い人がいい」「年齢差は少ないか同年齢がいい」など、色々な希望が人それぞれあるかと思います。
しかし、恋愛であれ婚活であれ、実際には自分の希望した通りの年齢の方と確実に結婚できるわけではありません。

 特に婚活・お見合いの現場では相手の年齢にこだわりすぎると、出会いの機会が少なくなったり、なかなか良い人に出会えないという可能性もでてきます。

 そこで、今回は、結婚相手との年齢差の理想と現実についてと、婚活を早く成功させるための年齢差についての考え方について詳しく紹介していきますので参考にしてください。

みんなは何歳差の人との結婚を希望しているの?

 結婚相手の年齢には特にこだわらないという人もいますが、多くの人は「〇歳ぐらいまでの人がいい」「できるだけ若い人がいい」「年齢差は少ないか同年齢がいい」など、結婚相手の年齢に対する理想、希望を持っています。

 多くの独身男女が希望している結婚相手の年齢差はいくつなのか、また実際に結婚した人の年齢差はいくつなのかを実際の調査データをもとに確認していきましょう。

①未婚者が希望する結婚相手との年齢差は?

 結婚を考えている独身男女が相手に何歳ぐらいの人を希望しているのか、国立社会保障 人口問題研究所の統計データを参考に見ていきましょう。

【男性】

【男性】結婚する女性との年齢差の希望 構成割合
年上 6.7%
同じ歳 41.8%
1~2歳年下 14.9%
3~4歳年下 13.6%
5~6歳年下 14.4%
7歳以上年下 8.5%

【女性】

【女性】 結婚する男性との年齢差の希望 構成割合
年下 3.9%
同じ歳 28.4%
1~2歳年上 29.6%
3~4歳年上 20.6%
5~6歳年上 11.9%
7歳以上年上 5.6%

 国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、男性は年下女性を希望する割合が高く、年上と同じ歳を除くすべてを合わせると全体の62.1%におよびます。

 また、同じ歳の女性を希望する男性の割合も全体の41.8%とかなり高く、同い年から4歳ぐらいまでの年下女性を合計すると70.3%となっており、全体の7割に達しています。

 このことから、男性は同じ歳か少し下ぐらいまでの女性を希望しているのが分かりますね。

 一方で女性は、1~2歳年上の男性を希望する人の割合が29.6%と最も多くなっていますが、女性の場合も同い年の男性を希望する人が28.4%と割合が高くなっています。

 同い年から3~4歳年上までを合わせると78.6%と、かなりの割合を占めているので、女性もまた比較的自分と年齢が近いか、年上であっても4歳ぐらいまでの年齢差の男性を希望していることが分かりますね。

 なお、女性は7歳以上年上や、年下の男性を希望する人の割合は、かなり少なくなっています。

 この調査結果だけを見れば、同年齢または男性が女性より3~4歳年上の割合が、男性69.7&、女性78.5%となっているので、結婚相手の年齢差に対する意識は男女とも大きな差がなく何の問題もないように思えますが・・・。

②実際に結婚した人の平均年齢差は?

 では、実際に結婚した人の、年齢差の平均はいくつなのでしょうか。厚生労働省の調査結果が分りやすいので下記に引用いたしました。

  初婚同士 夫・再婚
妻・初婚
夫・初婚
妻・再婚
再婚同士
夫婦の年齢差
夫の年齢-妻の年齢
1.6歳 6.1.歳 △0.3歳 3.2歳

 夫婦ともに初婚の場合は1.6歳となっており、男女ともに先述の希望している年齢差とほとんど変わりがなく、理想的な年齢差で結婚している人が多くなっています。

 一方、再婚(どちらかが一方、または両者とも再婚の区分に限らず)を見ると、年齢差にかなり幅がでているのが分かります。
 特に、夫が再婚・妻が初婚の場合は夫が6歳年上に対し、夫が初婚・妻が再婚の場合には妻が0.3歳ですが年上というのは特徴的ですよね。

恋愛結婚と婚活・お見合い結婚では年齢差の考え方に違いがある?

 結婚する相手との年齢差については、統計上は先に挙げたとおりですが、実は恋愛結婚と婚活結婚・お見合い結婚では、結婚相手の年齢差についての希望、考え方が少し変わってきます。

 その理由は、婚活・お見合いで出会いを探している方は、恋愛結婚をする方の年齢よりも少し平均年齢が上がるためだと思われます。

 年齢が上がってくると、特に男性はより年下の女性を好む傾向が強くなるようで、同年齢から3~4歳年下ではなく、自分よりもかなり年齢が下の7~8歳下の女性を希望される方が多くなっています。

 逆に女性は男性との年齢差があまりないこと、出来れば1~2歳上を希望されるケースが多く、年下を希望される女性も少なくありません。

婚活、お見合いの場合は男女の希望の年齢差についての意識にかなりの差ができています。

 そこで、婚活結婚・お見合い結婚では、男女ともに歩み寄って男性が女性より4~5歳年上というあたりで落ち着くことが多いようです。
 逆に言うと、結婚相談所での婚活やお見合いでは、年齢差にこだわると相手とのマッチングの件数も激減してしまいますので、男女とも年齢差については柔軟に考える必要があるといえます。

女性が結婚相手に望む年齢差、メリット、デメリット

 一般社会では、女性の場合、結婚相手に同年齢か1~2歳年上であることを希望するのが多いようですが、実際には相手との年齢差でどのようなメリットとデメリットがあるのか、確認していきましょう。

①年上男性の場合

 女性が結婚相手に年上男性を選ぶメリットは、なんといっても経済力や包容力ではないでしょうか。
特に年齢が上がれば上がるほど、経済力のある男性も増えますし、気持ちにも余裕のある男性も増えてきます。

 まず、1~2歳程度の年上であれば、経済面ではそれなり、精神年齢も自分自身とあまり変わらないことが多いので、経済力・包容力にはそこまで期待できませんが、年齢が近いだけに話題や体験などを容易に共通することもでき親しくなりやすい年齢差ではあります。

 一方、6~7歳以上年上の男性となると、収入面で安心できる人が増え、頼りになる包容力のある人が増える一方で、価値観の違いや話題が合わないなどジェネレーションギャップが起きやすいといえます。

 また、女性が30代後半~40代以上になると、相手となる40代の男性ではバツイチも増えてきます。
 さらに、男性が10歳以上年上になってくると、バツイチ問題だけでなく、将来的には自分よりかなり先に亡くなってしまう、または、結婚後早い時期に介護が必要になる年齢がきてしまうということも考えなければなりません。

 年上男性には経済力、包容力があるといっても、年その齢差によってはデメリットもでてきますので、結婚を考える上ではよく考える必要があるでしょう。

②同年齢の男性の場合

 同い年の男性を結婚相手に選んだ場合、一番のメリットは、話が合う、友達のように仲良くなりやすい、相談しやすいといったことになります。
特に同学年の場合は共通する話題も多く、年齢差がある男性とは全く違った親近感がでてきます。

 しかし、その一方で、同い年であれば今ひとつ頼れない、逆に甘えられてしまうといったデメリットもでる可能性があります。 
同年齢であれば、どうしても女性の方が精神年齢が高くなりがちですので・・・
 また、経済的にも満足できるとは限りません。

 精神的にも経済力にも頼りがいがある男性を好んでいる場合は、同い年よりは年上男性を選ぶ方がいいかもしれません。

③年下男性の場合

 前掲の統計の様に一般社会ではでは年下男性を希望する女性は少数派になりますが、結婚相談所の婚活現場では年下男性を希望する女性は少なくありません。 
 30代後半以上の女性の場合は、ほとんどの女性が「出来れば年下男性」と希望されていますし、「年上の男性は不可」と言い切る女性もおられます。

 30代後半の女性であれば年上男性となると40代になってしまいますし、40代の女性であればアラフィフ男性となってしまいます。
そう考えると、30代後半以上の女性が年下男性を望む気持ちは分からないでもありません。

 さて、この年下男性は女性にとってはとても話しやすい、こちらが主導権を取りやすいといったメリットがあります。
ただし、経済面での不安もあり、男性が引っ張っていくという家庭にはなりにくいです。

 また、年齢差の大きい年下男性の場合は精神年齢も低く感じる場合があり、自分が甘えたいけれど甘えられてばかり、といったことも年下男性にはよくある話ですよね。
さらには浮気の心配なども常につきまといます。

 そもそも論として、一般社会でさえ男性が年上女性を希望するのが少数派で、婚活・お見合い市場では年上女性を望む男性は極めて少数派ですので、なかなか出会いの機会がないといったデメリットもあります。
 
 さらに、一般社会であれお見合いであれ、年上女性を希望する男性は、経済面、精神面で、女性に助けて欲しい、頼りたいいうタイプが多いので注意が必要です。

男性が結婚相手に望む年齢差、メリット、デメリット

 一般社会でもお見合いでも、男性は同い年や年下女性を希望する傾向にありますが、女性との年齢差によってどのようなメリットやデメリットが考えられるのか確認していきましょう。

①年下女性の場合

 男性は恋愛結婚でも婚活結婚でも年下女性を希望する人が多くなっています。
恋愛の場合は3~4歳下までの女性を希望していますが、婚活やお見合いでは7~8歳以上年下を希望する方が多数派です。

 先にも紹介したように、婚活現場では比較的年齢層が高めになるので、男性の年齢が高くなるほど年下の女性を希望する方が増える傾向があるからです。

 年下女性といっても1~2歳であれば共通する話題も多く、親しくなりやすいというメリットがありますが、お互い30代後半になってくると、子供を希望しているカップルは新婚気分をゆっくり楽しむ間もなく、妊活に入るというデメリットもあります。

 一方で、7歳以上も年齢差があり、女性側が20代や30代前半となると、男性が30代後半以上でも子供を2人以上持てる可能性もあり、男性は自分が優位に立って結婚生活を引っぱっていける可能性もあります。
 しかし、年齢差が大きくなりすぎると会話や趣味が合わない可能性が高く、夫婦で意見が対立したり、それが高じて女性の浮気の心配もしなければいけません。

 特に婚活現場では、年齢差のある年下女性ばかり希望するとなかなかマッチングできない可能性が高いため、年齢差にこだわると婚活が長期化してしまいます。 
最悪の場合、婚活が終わらないという状況に陥ってしまいます。

②同年齢の女性の場合

 男性が結婚相手に同い年女性を選んだ場合、同級生として話が合う、親しみやすいといったメリットがあります。

一方で、同い年女性の場合は一般的に女性の方が精神年齢が高い場合が多いので女性が優位に立ちやすく、結婚生活の主導権を女性が取る可能性が高いです。
「どうせ結婚したら、女性が強くなるのは当り前」「ほとんどの男性が奥さんのお尻に敷かれてる」と達観している男性であれば問題ないですが、自分が主導権を握りたい男性には向かないかもしれません。

 ただし、30代後半になってくると、同い年女性の場合は子供のことを早く考える必要性がでてくるため、子供を希望している場合は女性とよく話合いをする必要があります。

 さらに、女性が30代後半以降になるとバツイチで子供がいるというケースも増えてくるため、その点もよく確認をしておきましょう。

③年上女性の場合

 結婚相手に年上女性を希望する男性はかなり少ないですが、女性に引っ張ってもらいたいという男性にとっては、年上女性を選ぶメリットは大きいのではないでしょうか。

 経済的にも精神的にも、結婚後の生活全般に不安があり、自信がないという男性にとっては、しっかりものの年上女性を相手に選べば、すべてを任せて安心できるというメリットがあるのです。

 ただし、年齢差の大きい年上女性の場合、女性の年齢によっては子供を作ることをできるだけ早く考える必要がでてきますし、30代後半女性の場合はバツイチですでに子供がいる可能性も考えられます。

 また、どうしても女性が先に高年齢になってしまうため、女性にいつまでも若々しさを求めてしまう男性の場合はうまくいかない可能性がありますね。

婚活を早く成功させたいなら年齢差は柔軟に

 ここまで結婚相手との年齢差について詳しく確認してきましたが、少しでも婚活を早く成功させるには、相手との年齢差はお互い柔軟に考える必要があります。

 男性側と女性側それぞれについて、早く婚活を成功させるための年齢差についての考え方を紹介していきます。

①男性は若い女性ばかり希望しないこと

 ここまで紹介してきたように、婚活では男性は年下女性を希望する方が多く、特に7歳以上など自分よりもかなり若い女性を希望する男性も少なくありません。

 しかし、婚活現場では、女性は自分と近い年齢の男性を希望される方が多いため、あまりに年下女性ばかり希望していると出会いがかなり少なくなってしまいます。

 年下であれば2~3歳下でもOKと幅広く考えて、数多くの女性と出会える機会を作りましょう。

②女性は歳の離れた男性も視野に入れて

 女性の場合は、自分と近い年齢との男性を希望する方が多いのですが、女性は年齢が高くなるほど、男性が希望する年齢と合わなくなっていきます。

 そのため、同い年や1~2歳差などだけではなく、もう少し歳の離れた、4~5歳以上年上の男性も許容範囲に入れて、幅広く出会いの機会を作りましょう。

まとめ

 結婚相手との年齢によって、結婚生活は大きく変わる可能性があります。

 結婚後に自分が主導権を握りたいのか、相手に任せたいのかなども重要なポイントですので、相手との年齢差は慎重に考えましょう。

 また婚活現場では年齢差にこだわりすぎると出会いの機会が減ってしまいますので、柔軟に考えることが大切です。

関連記事

【結婚に妥協は必要?】
妥協していい、したらダメ、すべき結婚条件ランキング

結婚に妥協は必要か? 幸せな結婚生活を送るために妥協していい、したらダメ、すべき条件をランキング形式で紹介し・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p7
p7サムネイル
【私、年下の男性としか恋愛したことないんです】
結婚相談所の婚活で年下男性と結婚できますか?

結婚相談所の婚活で年下男性と結婚できる?「年下男性としか恋愛したことない」と年下男性との結婚を望む女性の現実と婚活方法

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k22サムネイル
【婚活マーケティングで理想の相手と結婚!】
お見合い~交際~婚約までの婚活成功マーケティング

実は、婚活成功のためにはマーケティングは必修です。異性が希望する結婚相手をしっかりとマーケティングして・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p2サムネイル
【どうして、お見合いOKの返事がこないんですか?】
お見合いを申込んでも返事がない理由と申込のポイント

お見合いを申込んだ相手からはなかなかOKの返事が来ないし、お見合いのお申込みをくれる人とは会う気がしないし・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

s6サムネイル

最新記事

【結婚に相応しい男性か分かる5つの質問】
婚活で結婚相手を見極める、男性を知るための質問5個

「今、交際中の男性が結婚に相応しい相手かどうか、どうすれば分かるの??」  どんなに恋愛経験や婚活経験が豊富な女性でも、...

>詳細はタイトルをクリック

【<男性編> 婚活で選ばれるプロフィールの書き方】
結婚相談所のプロフィールの書き方でお見合いは増える!

 プロフィールの書き方でお見合いは確実に増えます! 結婚相談所の婚活で女性から選ばれるプロフィールの書き方とは?  結婚...

>詳細はタイトルをクリック

【<女性編> 婚活で選ばれるプロフィールの書き方】
プロフィールの書き方でお見合い数と交際率アップ

 婚活成功のカギはプロフィールの書き方! プロフィールの書き方次第で、お見合い数、相手、交際率アップ。  結婚相談所に入...

>詳細はタイトルをクリック

【男性が嫌う、女性のあるある言動ランキング5】
婚活デート、男性がこの女性との結婚はないと思う瞬間

 女性にとっては何気ない言動であっても、男性が嫌う、ドン引きするといった言動があります。  そんな言動が何度か重なると「...

>詳細はタイトルをクリック

MENU