【婚活女性のお見合いの判断基準、仮交際に迷ったら】
女性がお見合い返事に迷う理由と仮交際にすすむ判断基準

【婚活女性のお見合いの判断基準、仮交際に迷ったら】
女性がお見合い返事に迷う理由と仮交際にすすむ判断基準

女性のお見合いの返事の判断基準とは
仮交際にすすむかどうか迷った時の判断ポイント
婚活女性がお見合いの返事に迷う理由は?
 
 あなたは、せっかくお見合いをしたものの、どう返事をしたら良いか迷ってしまったことはありませんか。
 
 お見合いをした男性に一目惚れをしたり、逆に、生理的に無理なタイプであったりすれば、返事に迷うことは一切ないのですが、お見合い時の感想は
 
「可もなく不可もなく」
「良いか悪いかもわからない」
「一応、話はしてきたけれど」
 
・・・といった感じが、ほとんどですよね。
そして、仮交際するかしないかを悩んでいるうちに、どんどん気持ちがネガティブになってきたりしませんか。
 
 しかし、お見合い後、仮交際しようかどうか返事に迷っていることこそ、あなたがしっかり婚活に向き合っている証拠だといえます。
 そこで、この記事では、お見合い後、仮交際にすすむかどうか迷っている女性の皆さんに、お見合い後に仮交際するかどうか迷った時の判断基準を紹介します。

「生理的に無理なタイプ」じゃなくて、
相手が「OK」ならもう1回会ったほうが良い

 
 お見合いで出会った男性が「生理的に無理なタイプ」ではなくて、男性があなたと「もう一度会いたい」と仮交際を希望しているのであれば、もう一度会ってみるのが一番の解決手段です。
  
 お見合いの1時間程度の会話だけでは、相手の男性を好きになったり、トキメキを感じたりしないのはもちろんのこと、その男性との未来なんてスグに考えられないのが普通ですよね。
 
「お見合いだけでは決められない」と迷ってしまうのは当然のことなのです。
 
逆に言うと「お見合いだけで決めてしまう」のは勿体ないとも言えるのです。

一度NGを出すと二度と会えない

「生理的に無理なタイプではないし、悪い感じの人じゃないけど」
「だからといって、積極的に良いなとは思わないし」
「いい人だとは思うけど、気持ちも盛り上がらないし」
 
・・・といったように、コレといった確信的な理由があるわけでもなく、「なんとなく断ろう」と決めてしまう女性が少なくありません。
 
 でも、お見合い断わってしまうと、その男性とは2度と会えないのが一般的です。
  
 一度断わってしまうことにより、もう二度と会えなくなることを考えると、「なんとなく断る」のは大変もったいないとは思いませんか?
  
お見合いのたった1時間で、男性の全てがわかるわけではありません。
  
 結婚相談所でのお見合いは、お見合い後だけでなく、初回~2回目のデートの後でも、5~6回目のデート以降でも断ることはいつでもできます。
 
 お見合い後にもう一度会うことは、相手の内面や人柄などをより深く見るいいチャンスです。
もう一度会うことで、お見合いだけでは分からなかった相手のことが分かるものです。
 
 「なんとなく断り」といった中途半端なきもちのままで断ってしまうと、後になって後悔することにつながるかもしれません。

お見合いの返事に迷ってしまう原因・理由

 
「悪い人ではなさそう」
「ちょっと良い人っぽかったかも」
「こんな点は良いけど、こんな所は気になったかな」
 
・・・など、女性が男性に対して、どっちつかずの気持ちになってしまう原因は何でしょうか。
 
大きな原因として、3つ考えられます。

①いきなり結婚相手として考えるから

お見合いで、出会った男性をいきなり将来の結婚相手として見てしまえば見てしまうほど、お見合い後の返事に迷いが生じやすくなるものです。
 
 結婚相談所で婚活をしている女性の多くは、お見合いで出会った男性に対して、いきなり「結婚」を強く意識してしまう人が少なくありません。
 でも、現代のお見合いでは、昭和時代のお見合いのように
  
「親に言われるままに結婚しなければいけない」
「お見合いすれば、結婚しなければいけない」
  
・・・と言ったことは一切ありません。
  
結婚相談所のお見合いでも同じです。
仲人やアドバイザーの勧める男性とお見合いし、結婚するなんて義務はありません。
  
 結婚相談所でのお見合いでは、お見合い後に仮交際にすすんだとしても、デートを重ねていくうちに「この人との結婚はないな」と感じれば断ればいいのです。
もちろん、同じような理由で男性からお断りされることもあるでしょう。
 
「男性のことをいきなり結婚相手と意識して、お見合いをしているかも」
 
・・・という覚えがあるのであれば、それが迷いが生じる原因かもしれません。
 
 お見合いは単なる出会いのキッカケにしか過ぎないのです。

②ドキドキしないから

 お見合いの席で「一目惚れ」でもしない限り、お見合いでドキドキすることはありません。
ドキドキする、ときめくというのは、相手のことが好きになった時の反応です。
 
 恋愛であれ、お見合いであれ、女性の感情のピークは「一目惚れ」でもしない限り、出会ってスグ、または、交際が始まってスグに現れるものではありません。
男性とデートを重ねるうちに感情が高まっていくのが一般的ではないでしょうか。
  
お見合いの一時間程度の会話では
  
「よく分からない」
「可もなく不可もなく」
  
・・・といった感想がごくごく普通でしょう。
  
「結婚相談所での出会いでも、ドキドキの恋愛感情を持ちたい!」
 
・・・という気持ちは分かります。 女性なら当然ですよね。
  
 でも、だからと言って、お見合い後に仮交際をするかどうかの答えを出すのに、ドキドキ感やトキメキ感を基準にして判断することはNGです。
 
 女性のドキドキ感やトキメキ感は恋愛感情の現れです。
友達の紹介で出会った男性でも、紹介された瞬間に一目惚れでもしない限り、いきなりドキドキしちゃうということはそうそうないですよね。
 
「まぁ~、友達の顔を立てて、2~3回デートしてみるか」
 
・・・と、デートしながら考えるというのが一般的ではないでしょうか。
 
 お見合いも友達の紹介も、好きになっていくプロセスは同じです。
ドキドキ感やトキメキ感は、デートを重ねていくうちにやってくるものです。
  

③プロフィール上の条件による先入観

 結婚相談所でお見合いをする場合には、お見合いを申込む段階から、相手の男性のプロフィールをしっかりと見ているので、誰しも無意識のうちに、
 
「きっと、こういう感じの人だろうな」
「こんな雰囲気の話をするのかな」
 
・・・と、勝手な先入観を持ってしまうものです。
 
 その先入観の人物像と実際にお見合いした男性が違っていたら、
  
「なんか、思っていた感じと違う」
「こんな人だったの」
 
・・・ということになってしまいがちです。
 
「私は先入観を持って会うことなんてない」
 
・・・とお叱りを受けそうですが、人間誰しも、これまでの自分の人生経験と照らし合わせて、無意識の中でイメージを描いてしまい、そのイメージと比較してしまうものです。
 
 でも、それは悪い事ではありません。
人間は過去の経験を蓄積して生きているので、無意識に先入観を持ってしまうというのも、それは人間の一種の防衛本能だからです。
 
 ですから、人間は先入観を持つものだということを前提に、できるだけ先入観を持たずにお見合いの席に挑みましょう。
「誰しも先入観があるもの」と知っているだけでも、相手を優しく見れるものです。

④会う回数が大切なことを忘れてしまっているから

 男女の距離感というのは、会っている時間より会う回数のほうが重要だそうです。
特に女性は、会う回数が多いほど、男性に親近感を覚え好きになる傾向にあります。
 
 会う回数が多いと、いつの間にか男性のことが好きになっていくのは、友達の紹介からの交際であっても、お見合いからの交際であっても同じではないでしょうか。
 
 あなたも、そういう経緯での恋愛経験がありませんか?
婚活をしていると、ついつい、その経験を忘れてしまいがちなんですね。
 
お見合いの1時間では、男性の内面や価値観を知るには十分とはいえません。
 
 お見合い相手の男性のことを「生理的に無理なタイプ」と感じないのであれば、仮交際に入ってみて会う回数を増やして内面や人柄などを知っていくことで、迷いも吹き飛ぶでしょう。
 
 仮交際に入って何回かデートを重ねていくうちに迷いが消え、自然な気持ちで真剣交際にすすみ、男性との結婚を考えることができるようになるのです。

(補)男性は女性と感情のピークが違う

余談ですが、男性は女性と恋愛に対する感情のピークは異なります。
 
 上で書いたように、女性の感情のピークは一目惚れじゃない限り、男性とデートを重ねるうちに少しずつ感情が高まっていくことが一般的です。
 
 しかし、男性は、「好みのタイプの女性」が目の前に座って、「ニコッ」と笑ってくれたら、それだけで、「良いな」「交際に進みたいな」と迷いがありません。
 
 男性は、女性と比べると圧倒的に惚れっぽいのです。
一方で、女性の感情が高まってくるのが遅いと、男性は気持ちが冷めていくのも早いのです。
 
 お見合いであれ、恋愛であれ、この男女の感情のピークの差を知ったうえで、男性の気持ちが冷めていく前に自分の感情を高めていく必要があります。
 
 あなたが男性を好きになった時には、男性の気持ちが冷めていたなんて笑えませんもんね。

お見合いの返事に迷った時の判断基準ポイント

 
 さて、前章では、お見合いの返事に悩む理由と迷う原因を見てきました。
そこで、この章では、お見合い後の返事に迷った時、仮交際にすすむかどうか悩んだ時の判断基準、判断するのに注目したいポイントを紹介します。
 
お見合いの返事に迷ったときの判断基準ポイントは以下の3つです。
実際に、お見合いの返事に迷った際の指標にしてみてくださいね。

女性のお見合い返事の判断基準① 友達になれるか考えてみる

 お見合いの時点から結婚を意識して男性をチェックするとなると、減点方式など、どうしても厳しい目で評価してしまうのが、婚活中の女性あるあるではないでしょうか。
 
 そこで、まずは、お見合いで出会った男性が「友達になれるような人物かどうか」というのを評価の基準として考えてみてはいかがでしようか。
 
 自然な出会いからの恋愛でも、友達から紹介された恋愛でも、2人の関係は、知り合い⇒友達⇒デート相手⇒恋人⇒結婚相手と進んでいきますよね。
 
 一目惚れでもしない限り、一足飛びに恋人はあり得ません。
そもそも、自分が一目惚れしたとしても、相手の気持ちだってありますからね。
 
 このように、恋愛であったとしても、スタートは「知り合い」か「友達」レベルから。
お見合いだからと言って、いきなり「結婚相手」は無理な要求です。
 
 まずは、お見合いした男性と知り合いや友達になれるか考えてみましょう。

女性のお見合い返事の判断基準② もう1回会ってから決める

 お見合い後の返事に迷ってしまった時こそ、もう一度男性と会ってみてはいかがでしょうか。
お見合いの1時間程度では相手のことを深く知ることは出来ません。
 
 何より、お見合いの席ではお互い緊張もしていますし、改めて会ってみるとお見合いの時には気が付かなかった男性の良い所が見つかるかもしれません。
もちろん、一気に嫌になることもあるかもしれません。
 
 どちらになるにしろ、迷うくらいであれば、もう一度会って確認するのは良いことですよ。
 
「なんとなく」と、ハッキリした理由、原因もなく断ってしまうよりは、もう一度会って、その迷いの理由、原因をハッキリさせる方が良いのです。
 
 何と言っても、迷いの理由、悩みの原因がハッキリすれば、次のお見合い・交際の判断材料に生かすことができます。
  
「なんとなく」
 
・・・の連鎖では、本当に自分の求めている男性像が分からないままです。
 
迷うくらいであれば、1回デートしてから考えましょう。
それでも迷うのなら、もう1回デートしてみましょう。
  
 もしかしたら、何回かデートしているうちに、距離感が縮まり、
 
「悪くないかも」
  
・・・と、思えるようになるかもしれません。

女性のお見合い返事の判断基準③ 人柄だけを考える

 先述しましたが、結婚相談所のお見合いでは、事前に相手の男性のプロフィールを見ているので、男性の条件やプロフィール写真から受けるイメージから、無意識に先入観を持ってしまうものです。
 そして、先入観の人物像と実際にお見合いした男性が違っていたら、
 
「なんか、思っていた感じと違う。」
 
・・・となって、お見合いの返事に迷ってしまいます。
 
そこで、相手の人柄だけに集中して、お見合いを振り返ってみましょう。
 
 結婚相手は、これからの人生のほとんどを一緒に過ごす相手です。
お見合いでは、どうしても条件や見た目などに気を取られてしまいますが、大切なのはステータスやルックスよりも素の人柄なのではないでしょうか。
  
 例えば、誠実で優しい人柄というのは、見ようによっては、面白みがなく刺激のない男性です。
 
 人柄というものは、人によって、その時の状況によって、色々な受けとめ方があります
 
もし、お見合いした男性の人柄について
 
「まぁ~、悪くはないよね。」
 
・・・と感じたなら、もう一度会ってから判断しても遅くないかもしれませんよ。

女性がお見合いの返事に迷った時の判断基準 ~まとめ~

 
 結婚相談所でのお見合いでは、ほとんどの場合、お見合いの翌日までには、仮交際にすすむかどうかを判断して返事をしなければいけません。 
 
お見合いの返事に迷うにしても、迷っている時間すらないほどです。
 
 お見合いの1時間では、ルックスと雰囲気くらいしかわかりません。
 
 そこで、お見合いの返事に迷った時こそ、もう一度その男性と会ってみて、友達になれるかどうか、人柄は良いかどうかから再確認、チェックしてみませんか?
  
 もしかすると、お見合いの返事に迷うような男性こそ、あなたが一緒にいて背伸びすることなく、ありのままの自分でいられる相手かもしれませんよ。
  
 お見合いから先を断るのは簡単ですが、最終的にどうするか決めるのは婚活中のあなた自身です。
  
「一度お断りしたら、その男性とは二度と会えない」
  
・・・ということを念頭に置きながら、お見合い相手の男性を優しい視点で見直してみませんか。

関連記事

【結婚に相応しい男性か分かる5つの質問】
婚活で結婚相手を見極める、男性を知るための質問5個

婚活で交際相手が結婚に相応しい男性かどうかを見極める、結婚してもよい男性かを知るための5つの質問。婚活デート、会話、行動のポイント

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p26サムネイル
【お見合いだけで断わられる女性の特徴と断わり理由】
いつもお見合いがうまくいかない原因、お見合い成功法

いつもお見合いだけで断られてしまう女性の特徴と断わられる理由。いつもお見合いだけで断られ仮交際に進めない女性のタイプと原因

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k43サムネイル
【男女別、一目惚れの確率は何%?】
一目惚れで結婚ってある? ルックスと婚活と結婚

一目惚れの経験はありますか? 男女別一目惚れの確率は? 婚活・お見合いで一目惚れってありますか?

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k1サムネイル

最新記事

【女性必見、男性が考える結婚したら苦労しそうな女性】
「美人or可愛いけど結婚したら大変」と男性が思う女性

「この女性と結婚したら大変」と男性が感じる女性の特徴 「結婚したら苦労しそう」と男性が思う女性とは 美人でも、可愛くても...

>詳細はタイトルをクリック

【男性必見、女性が思う結婚したら大変そうな男性】
条件やルックスがよくても、婚活女性が断わる男性の特徴

「結婚したら大変そうな男性」と女性が思う男性の特徴 「結婚したら苦労しそうな男性」と女性が感じるポイント 条件やルックス...

>詳細はタイトルをクリック

【男性のお見合い判断基準、お見合いの返事に迷ったら】
婚活男性が仮交際にすすむか迷う理由と判断ポイント

男性必見、お見合い後の返事の判断基準 お見合いの後、仮交際にすすむかどうか迷ったら? 婚活男性がお見合いの返事に迷う理由...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活女性のお見合いの判断基準、仮交際に迷ったら】
女性がお見合い返事に迷う理由と仮交際にすすむ判断基準

女性のお見合いの返事の判断基準とは 仮交際にすすむかどうか迷った時の判断ポイント 婚活女性がお見合いの返事に迷う理由は?...

>詳細はタイトルをクリック

【女性からのデートの誘い方、女性から誘うメリット】
仮交際2回目からのデート、女性からデートに誘う方法

女性から婚活デートを誘う方法、上手なデートの誘い方 仮交際2回目以降のデートは女性からも誘おう 女性からデートに誘って短...

>詳細はタイトルをクリック

MENU