【結婚に妥協は必要? 成功する妥協点の見つけ方】
短期間で婚約できる理想条件の妥協ポイントの決め方

【結婚に妥協は必要? 成功する妥協点の見つけ方】
短期間で婚約できる理想条件の妥協ポイントの決め方

「結婚に妥協は必要ですか?」
「妥協点の見つけ方は?」

短期間で婚約できる理想条件の譲歩・妥協ポイントの決め方とは?

 結婚は、一生に一度の大事なことです。
誰もができれば理想の条件に合った人と結婚をしたいと思うものですが、なかなか難しいものです。
というのも、

・理想の条件に合った相手はそうそういるものではない、
・その理想の相手が自分を好きになってくれる保証もない、
・その人が独身で、結婚願望を持っているかどうか分からない。

 実は結婚は、理想をすべて兼ね揃えたパーフェクトな人としなくても幸せになれるものです。

 もっといえば、100%の理想の相手と結婚するよりも、少し譲歩したり妥協をして選んだ相手の方が長続きすると一般的には言われています。
 それは一体どういうことなのでしょうか。

この記事では、

・理想の条件を持つ相手と結婚できた人の割合は?
・理想の相手ではなく妥協して結婚した理由は?
・結婚相手に対して譲渡や妥協も必要!気持ちを変える方法は?
・結婚相手への条件、譲歩・妥協点の見つけ方と決め方

これら4つについて説明していきます。

結婚相手選びに苦戦している、結婚適齢期の若い方々必見です!

理想の条件の相手と結婚できた人の割合は?

 結婚相手に対する理想は、男女共に様々です。
女性でいえば、「年収が高い男性が良い」「子煩悩な父親になってくれそうな男性が良い」等々。
男性でいえば、「家庭的な女性が良い」「最低限の常識がある女性が良い」等々。
男女共に結婚相手に対する理想の条件を挙げていったらキリがないでしょう。

 世の中には、たくさんの夫婦がいます。
その中で、自らが描く理想の条件を完璧に持ち合わせた相手と結婚した方はどれくらいいると思いますか?

以下のグラフをご覧ください。

 このグラフは、結婚情報誌「ゼクシィ」が、「現在のパートナーに対して、結婚相手の条件として妥協した点はありましたか?」という調査を行った結果です。

 この円グラフを見てもらうとわかる通り、「何かしら妥協した」と回答している人が68%と約7割を占めており、「妥協した点はない」の29%を大きく上回っていることがわかります。

 要は、街中をラブラブ姿で歩いている夫婦や、小さな子どもを連れて楽しそうに歩いている家族も、元を辿れば約7割が妥協して結婚しているということなのです。

 結婚に憧れを持っている結婚適齢期の方々には、記事の冒頭から衝撃的な内容かもしれません。
でも、現実はこうなのです。

理想の相手ではなく妥協して結婚した理由は?

 一生に一度の結婚。
絶対に幸せになりたいですし、できることなら理想としている結婚相手そのままの人と結婚ができれば幸せですよね。
 とはいえ、現実には、妥協してでも結婚している既婚者が約7割もいるのです。

 そうなってくると、「妥協してまで結婚したいの?」という疑問が沸くかと思います。
では、多くの既婚者が、譲歩や妥協してでも結婚した理由は一体何なのでしょうか。

①適当な相手に巡り合わないから

 理想の相手ではなく、妥協した相手と結婚した理由は、「適当な相手に巡り合わない」からです。

 以下の棒グラフをご覧ください。こちらは、国立社会保障・人口問題研究所が調査した「第 15回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要」の「独身にとどまっている理由」からの抜粋です。

 この棒グラフの中で、いちばん高い位置まで伸びている項目をご覧ください。
25~34歳、いわゆる結婚適齢期の男女が独身にとどまっている理由の第1位は、「適当な相手に巡り合わない」です。

 言い方を変えると、「結婚したくないorできない理由」のり第1位は、「適当な相手に巡り合わない」からなのです。

 でも、あなたが、今まで、「適当じゃない」と結婚の対象から外していたような相手も、あなたの気持ちや考え方を変えるだけで「適当な相手」に変化することだってあるのです。

 要は、結婚できるかできないは、あなたの気持ち次第、考え方次第ということです。
多くの既婚者は、

「少々理想とは違うけど、彼女のことが好きだから結婚しようかな」
「理想とは少し違うけど、私だって完璧じゃないし」

と考えて結婚に踏み切っているということです。

②結婚しない人生という選択肢はなかったから

 誤解を恐れず言うと、「既婚者」という肩書は、世の中からの信用を得やすくなるというメリットがあります。

 特に一昔前までは、会社の中で働いている人の場合、ある程度の年齢になっても独身でいると、「何か性格的に問題があるのでは?」と疑いの目を向けられたりしたものです。

 現代ではそんな偏見はないとしても、今時の若い人たちも結婚を望んでいるのは同じです。

 この不安定な世の中、実は多くの独身者が将来のことを見越して結婚はしておきたいと考えています。
以下は、同調査「調査別にみた、未婚者の生涯の結婚意思」の表です。

 この通り、男女とも多くの未婚者は「いずれ結婚するつもり」であることがわかります。
とはいえ、理想ばかりを追っていては、その「いずれ」が老後になってしまうことも。

 そうなってくると、もちろん子どもは作れませんし、結婚後に理想としていた夫婦像や家族像が遠のくどころか、作れなくなってしまう場合もあります。

 そもそも、理想通りの相手というのは数が少ないものですし、その理想の相手があなたを選んでくれる保証は全くないのです。

・結婚が遠のく可能性が高くても理想を追い続けるのか
・何かしらの譲歩・妥協ポイントを見つけ早く結婚するのか

 結局のところ、この2択になるわけです。
そう考えたとき、結婚相手に対して譲歩したり妥協したりすることは、そう悪いことではないと思いませんか?

結婚には妥協も必要!気持ちを切替える方法は?

 ここまで、結婚は時に妥協しても良い、一歩踏み込んで、早く結婚したいのなら妥協も必要だということを見てきました。

結婚相手に妥協をするからといって、自分の幸せを捨てるわけではありません。

 どちらかといえば、自分が結婚を通じて幸せになるために、結婚相手には理想を求めすぎないということです。

とはいえ、
結婚を夢見る世代は、少しでも理想に近い人と結婚したいと思うもの。

 それでは、結婚相手に対する理想について、譲歩や妥協をしても良い条件、妥協ができる条件は、どのようにして見つけ、どのようにして決めれば良いのでしょうか。

 下記は、結婚情報誌「ゼクシィ」が行った「最も妥協するのに苦労したことについて、どのように妥協しましたか?」という調査です。

 この調査を基にして、結婚相手への理想条件についての譲歩・妥協ポイントの見つけ方、決め方の流れ、そして妥協した相手とお見合いや交際をする方法を4つのポイントで紹介します。

①妥協することをポジティブに受け止めてみる

 妥協して結婚相手を選んだ7割の既婚者は、その妥協ポイントをポジティブに受け止めることにしています。

「収入がちょっと低い → 夫婦共働きの時代だし何とかなるでしょ!」
「容姿がちょっと… → 私好みにコーディネートしちゃえばいいでしょ!」

などといったものですね。
結婚相手への理想像が3つあったとして、何か1点に妥協をしたとしても、その他2点にプラスの要素があれば、あなたは相手を受け入れることができるはずです。

まずは、理想通りでない相手との結婚をポジティブに受け止めることから始めましょう。

②妥協することを気にしないようにする

「なんで妥協なんてしなくちゃいけないんだろう」
「妥協しなくても良い人が他にいるのかな?」

などと考えていては、いつまで経っても結婚はできません。

 先に書いたように、既婚者の7割は何らかの、妥協をして結婚しています。

「どうして私だけ」

という考えは止め、

「みんな妥協して結婚しているし」
「妥協も時には必要だよね!」

と楽観視することも重要ですよ。

③相手の欠点に我慢をする&慣れる

 あなたも含め、人は誰にでも欠点はあります。
だからこそ、相手の短所に我慢することも、積極的に慣れる努力をすることも必要でしょう。

 たとえば、相手のルックスが理想通りでないとします。
生理的に受付けないタイプであれば、これは、どうにもなりません、とても無理でしょう。

 でも、理想ド真ん中の一目惚れタイプでなくても、とりあえずストライクゾーンに入っていれば、バットを出せばヒットになる範囲であれば、積極的に会っていきましょう。

 一緒にいる時間を増やすことで、相手の容姿にも慣れてくるはず。

 希望とする年収を稼いでいない相手だとしても、相手の年収の中でやりくりすることに慣れてしまえば、どうってことはありません。
共働きという選択肢だってあります。

 7割もの既婚者が、何らかの妥協をして結婚したにも関わらず結婚生活を送り続けている理由は、相手の短所に慣れてしまったからだともいえます。

 理想の相手だと思って結婚しても長く一緒に暮らしていると、交際中や結婚当初には見えなかったマイナス部分も見えてきます。
それは相手も同じで、もしかしたら相手から

「交際中はマイナス要素なんて全然なかったのに、今はちょっと・・・」

と思われてしまうかもしれません。

 100%の理想の相手だと思って結婚した場合、結婚後に相手の短所やマイナス面を見つけてしまうと幻滅し、失望し、ついには我慢ができなくなって離婚につながることは多いのです。

恋愛結婚の場合は離婚率が40%を超えています。

そんなのって嫌ですよね。

 いずれにしろ、相手の短所やマイナス面を見つけても我慢するor慣れる努力が必要ということです。

④理想通りでなくてもアクションを起こしてみる

 結婚をするためには、自分から何らかのアクションを起こす必要があります。
例えば、

・理想とは少々違うけれど、何だか気になる
・自分に好意を持ってくれていることが会っていて分かる

 婚活をしていると、こういうシチュエーションに遭遇する機会があるかと思います。
第三者の視点で普通に考えると、それは素晴らしい出会いです。

 でも、その素晴らしい出会いを、あなたの結婚相手への理想像が邪魔をしているのです。

 婚活である以上、お見合いする人は理想通りではないとしても、条件的には理想に近い相手であることは間違いないはずです。
であれば、

 理想の結婚相手の条件と違うのに気になる相手は、「結婚に適当な人」「良い人」です。
昔から言われるように、

「結婚は好きな相手ではなく、好きになってくれる人とする」

ものです。

結婚相手への条件、妥協点の見つけ方と決め方

 ここからは、簡単にできる結婚相手に対する妥協点の見つけ方、妥協できるポイントを自分で決められる方法を紹介します。
 ぜひ参考にして頂き、あなたに合った結婚相手を見つける術を身に着けてくださいね。

①自分の理想とする結婚相手像を書き出す

 結婚相手に対する理想を見直して、どの条件が妥協が出来るかどうか見分けるためには、自分が理想としている結婚相手のイメージをしっかりと確認する必要があります。

まずは、自分の理想とする結婚相手の条件を紙にして書き出してみて下さい。 
簡単な箇条書きのリストでOKですので、出来る限り具体的に書き出してみて下さい。
例えば、

 ・年収600万円以上
 ・学歴は有名大学
 ・年齢は30歳~33歳
 ・趣味は○○と△△は必須
 ・新居は東京23区内
 ・身長は170cm以上
 ・ルックスは○○似
 ・服のセンスは・・・
 ・家事の分担は・・・
 ・性格は・・・
 ・食べ物の趣味は・・・
 ・家族とのつき合いは・・・

等々、
誰か人に見せるものではないので、自分の描いている理想像を正直にそのまま書き出すのがポイントです。

 この「結婚相手の理想条件リスト」を作ることで、現在、結婚相手に対して自分がどのような理想を抱いているのかが一目で分かるようになります。

②条件の書き出し方

 学歴、収入、年齢などのプロフィール上で分かる条件は書き出し易いのですが、人柄や性格の条件については、具体的には浮かびにくいものです。
理想の結婚相手に求める人柄や性格についての書き出し方は、

・過去の辛い恋愛を元に理想条件を出すこと
・夫婦のルールを連想してそれに合う人を探すこと

この2つを考えながら書き出していくと上手くいきます。

1) 過去の辛い恋愛を元に理想条件を出すこと

 心に傷が残るような、残念な別れをしてしまった過去の恋愛を思い出してください。
たとえば、

・彼の浮気によって破局した、
・彼がギャンブルを止めてくれず破局した

など、元カレと破局した理由は様々あると思います。

 破局当初は「もう立ち直れない!」「恋愛なんて一生しない!」とまで思ったかもしれません。
しかし、その辛い過去の恋愛を元に、理想の結婚相手を探してみてはどうでしょう。

 例えば、彼の浮気によって破局した過去がある場合、もう浮気をされるのはこりごりですよね。
だとすれば、「浮気の心配がない誠実な人」が結婚相手にふさわしいでしょう。

 ギャンブル依存症の元カレがいた場合は、「金銭感覚がまともな人」「ギャンブルしない人」が結婚相手に挙げられると思います。

 このように、「もう絶対に元カレのような人とは付き合いたくない!」というマイナスイメージから結婚相手の条件を探し出すのです。

2) 夫婦のルールを連想してそれに合う人を探すこと

例えば、

・朝起きたら「おはよう」って言う
・「行ってきます」「行ってらっしゃい」のキスをする、
・休日は一緒に過ごす、
・家事は分担は、私が○○、彼が○○

等々、日常のたわいもない決まり事です。

 これらは、結婚当初に2人で話し合って決めたり、暗黙のルールでそうなったりするものですが、これらのルールがあるから夫婦生活は成り立っているのです。

「行ってきます」「行ってらっしゃい」のキスは必須だと思っているあなたは、「そんなドラマみたいなことしなくていいじゃん!」と思っている男性と結婚してはいけないということ。

 お互いに話し合って妥協点を見つけられるのであれば良いですが、まずは自分の理想とする夫婦像を連想し、そこから理想とする男性像を書き出してみましょう。

③理想条件リストをランキング形式でまとめる

 次に①②で作成した「結婚相手の理想条件リスト」の各条件について、優先順位を決めてランキング形式で並べ直してみましょう。

 ただし、プロフィール上で分かる「収入」「学歴」「年齢」「ルックス」「新居の場所」については、ベスト3に入れるのは1つだけ、ベスト5に2つ迄、どうしても2つに絞れない場合でも3つ迄にしましょう。

 この5条件をベスト3に2つ以上、ベスト5に3つ以上入れてしまうと、それだけで男女共にかなりの好条件になってしまいますので、

 たくさんある結婚相手の理想条件について優先順位を決めながらランキングしていく過程で、できる条件、こだわらなくても良い条件が自然に見えてくるはずです。

 ランキングが下位の条件については、思い切って削ってみようかという気持ちにもなってきます。

 また、優先順位を決める際には、あれこれ考え始めると決められなくなってきますので、自分の直感を信じて、あまり深く悩むことなく、「えい、やぁーっ!」と即決していくのがポイントです。

例えば、

・23区内に住めれば学歴は気にしないか、
・学歴が高ければ23区内に住まなくても良いか

・収入が良ければ、ルックスは気にしないか
・ルックスが良ければ収入は気にしないか

・年齢があってれば趣味は違っても良いか
・趣味があっていれば年齢は気にしないか

等々、一つ一つの条件を総当たりで比較して、

「えい、やぁーっ!」

・・・と直感で優劣を決めて下さい。

 どちらも大事・・・というのは不可です。
それを繰り返していくことで、優先順位が決まり、全条件のランキング化が可能になります。

④1位の条件に幅を持たせられるか検討する

 ③で作成したランキングの1位の条件について幅を持たせられるかどうか考えてみましょう。

 例えば、条件ランキング第1位が「年収700万円以上」だったとして、例えば第2位と第3位がクリアできているのであれば、第1位の条件を「年収600万円以上」と幅を持たせることが可能かどうか考えてみるのです。

➄2位以下の理想の条件に幅を持たせる

 ③で出たランキング2位以下の項目について、少しずつ幅を持たせてみましょう。

「お互いの実家が近い人」

が理想であれば

「同じ関西地方であれば可」、

「休日の過ごし方が似ている人」

が理想であれば

「土日どちらか1日を一緒に過ごせる相手」

など、2位以下の項目すべてに幅を持たせていきます。

 理想像に幅を持たせることで、必然と結婚相手の幅も増えることになります。結果として、結婚できる確率が上がっていきます。

結婚に妥協はつきもの!
幸せな結婚生活が送れるかはあなた次第!

この記事では、

・70%の既婚者がや妥協をして結婚している事実
・や妥協をして結婚しても、幸せな結婚生活が送れる事実
・幸せな結婚生活は送れるかどうかは結婚後のあなたの考え方次第

ということをお伝えしてきました。

 結婚をするにはや妥協をすることも大事で、それは結婚生活を継続させていく上でも実は重要なことなのです。

「結婚とは幸せの種をまくことです。」

幸せを大きく育てるのか、枯らしてしまうのかは、あなたの気持ち次第です。

 結婚相手にや妥協をしている既婚者は、日本国内に約7割も存在しています。
もしかしたら、あなたのお父さんやお母さんも、理想条件をや妥協して結婚に踏み切ったかもしれません。

喧嘩をしながらも、なんだかんだで離婚せずにうまくやっている』

・・・のは、パーフェクトな人と結婚していないからこそなのです。

関連記事

【結婚に妥協は必要?】
妥協していい、したらダメ、すべき結婚条件ランキング

結婚に妥協は必要か? 幸せな結婚生活を送るために妥協していい、したらダメ、すべき条件をランキング形式で紹介し・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p7
p7サムネイル
【理想と少し違ってもお見合いすべき?】
100点より70点の相手との結婚がうまくいく理由

結婚は100点満点ではなく、70点の相手とするほうが幸せになれるものです。理想の相手と結婚すれば必ず幸せになれるのものではありません。 

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p9サムネイル
【理想の条件の人と結婚すれば本当に幸せになれますか】
理想にこだわって恋愛や婚活で結婚できない女性の傾向

理想の条件の相手と結婚すれは幸せになれますか? 譲歩・妥協したら幸せな結婚生活は送れませんか? 幸せな結婚生活に必要なものは?

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k18サムネイル
【見た目がタイプじゃない人との結婚は幸せになれる?】
好みのタイプじゃない人と生理的に受付けない人の違い

見た目やルックスが好みのタイプじゃない人と結婚しても幸せになれますか?幸せな結婚生活の要素と条件とは。

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k40サムネイル
【結婚するならフィーリングの合う人でないと】
フィーリングが合う、合わないって何?見極め方は?

結婚するならフィーリングが合う人でないと。フィーリングが合う、合わないってどういうこと?どうやって判断?見極め方法は? 

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k44サムネイル
【お見合い後、仮交際のファーストコールが来ない!】
仮交際ファーストコールが来ない、どうしたらいい?

お見合い後、仮交際のファーストコールが来ない、どうしたらいい? 仮交際ファーストコールが来ない時の4つの対応方法を紹介します。

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p57サムネイル
【子供はいらないけど結婚したい、婚活して大丈夫?】
結婚はしたいけど子供は欲しくない人の婚活成功法

子供はいらないけど結婚したい人、子供はいらないけど婚活しても大丈夫? 結婚したいけど子供は欲しくない女性、男性の婚活

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k58サムネイル

最新記事

【婚活でときめかない!ときめきよりも大切なもの】
お見合いでときめかない、婚活にときめきは必要?

婚活でときめかない、お見合いでときめかない。 婚活でときめきは必要? 婚活でときめかない相手と結婚しても大丈夫? お見合...

>詳細はタイトルをクリック

【仮交際の3回目のデートで婚活は決まる!】
婚活の3回目デート、仮交際3回目デートの成功法

仮交際は3回目のデートが大切です。 婚活での3回目のデートの成功法! お見合い後、仮交際3回目デートがうまくいくと真剣交...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活では同時進行や複数交際も仮交際中はOK!】
結婚相談所での同時進行、婚活の複数交際のメリット

婚活では同時進行、仮交際中の複数交際はOK! 結婚相談所の婚活で同時進行がおススメの理由 婚活での複数交際、同時進行のメ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活で高身長の女性は不利?背の高い女性は不利?】
背が高い女性の結婚、高身長の女性の婚活の成功法

高身長の女性は婚活では不利ですか? 背の高い女性は結婚では不利なの? 高身長の女性、背の高い女性婚活で結婚する方法   ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活デートの割り勘はNG? お見合いのお茶代は?】
婚活のデート代が割り勘NGの理由、割り勘のデメリット

婚活のデートの割り勘はNG? 婚活のテート代を割り勘NGの理由は? お見合いのお茶代も割り勘NG?    「婚活のデート...

>詳細はタイトルをクリック

MENU