【婚活、断る理由がないのは立派な婚約の理由】
結婚は「好き」を取って考える、断る理由がないならOK

【婚活、断る理由がないのは立派な婚約の理由】
結婚は「好き」を取って考える、断る理由がないならOK

婚活、お見合いでの婚約する時の決め手は?
結婚を断わる理由がない・・・は婚約の理由になる?
結婚決める時は「好き」を取って考えるって本当?
 
 婚活では、希望の条件の人と巡り会い、人柄も良く、フィーリングが合って、信頼かできる相手であれば、「好き」という感情がそれほど強くなくても結婚を決めるカップルが多数派です。
 
「他の人との結婚なんて考えられない!」
  
・・・というほと、好きな相手ではないけれど、
 
「結婚を断る理由がない」
 
・・・ということです。
 
でも、
  
「婚活であっても、大好きな相手でないと結婚できない」
「大恋愛してから結婚したい」
  
・・・と考える人も少なくないでしょう。
  
 この記事では、お見合いや婚活で結婚を決める時に必要な「好き」以外の理由について紹介していきます。
 
この記事を読み終わった時には、
 
「結婚を断る理由がない」
 
・・・というのが、婚約の理由になる意味が分かりますよ、きっと。

「結婚を断る理由がない」とは、どういう状況?

 
「結婚を断る理由がない」というのは、「結婚を断る理由を探しても見つからない」という状態のことを言います。
 
 まずは、この「結婚を断る理由がない、断る理由が見つからない」という状況になってしまう理由について簡単に説明しますね。

①お見合いや婚活では相手を「好き」になりにくい

 恋愛の場合は「好き」という感情から交際がスタートします。
一方、婚活の場合は、お見合いで出会った相手に対して、
  
「悪い人じゃないわよね。」
「いい人っぽいかなぁ~。」
 
・・・という好印象があれば、とりあえず仮交際がスタートします。
 
 婚活、お見合いでの仮交際スタートの基準は「好き」という感情ではなく、あくまでも「好印象」というレベルなのです。
  
 仮交際に入ったら、その後はデートを重ねていくわけですが、
  
1) 元々「好き」という感情がないので
2) 相手のことを冷静に見て
3) 結婚に相応しい相手か見極める
 
・・・といったデートになることが一般的で、婚活デートでは恋人同士のデートのような甘い雰囲気にはなかなかなりにくいのです。
  
何といってもデートの目的が
  
「相手の長所、短所を冷静に観察しよう」
「相手が結婚相手として相応しいか見極めよう」
  
・・・なので、
相手に対して「好き」という感情は沸きにくいのです。

②断る理由がない、見つからないという状況

 婚活では、仮交際~真剣交際、婚約直前まで、相手を冷静に見て、結婚相手として相応しい人かどうかを常に考えています。
 
逆に言い方をすると、交際中はずっと、
  
1) 交際を断る理由
2) 結婚を断る理由
 
・・・を探し続けている状態なのです。
  
 その状態のまま交際がすすみ、デートを重ねて、相手が自分のことを気に入ってくれて、結婚の話が出てき始めると
 
「どうしよう?」
「でも、結婚を断る理由はないし」
「結婚を断る理由も見つからないし」
 
・・・という状態になるわけです。

「断る理由がない」のに結婚に迷うのはなぜ?

  
 前章では、「結婚を断る理由がない」「結婚を断る理由が見つからない」という状況になってしまう理由を解説いたしました。
  
 それでは、相手に対して「結婚を断る理由がない」とまで感じているのに、結婚に迷う、結婚が決められないというのは何故でしょう。
 
 その理由を順番に確認していきましょう。

①もっといい人がいるかも・・と考えてしまう

 結婚の話が進みそうな時になってから、急に不安になってしまう人の理由として、一つ挙げられるものが
 
「もっといい人がいるのではないか」
  
・・・と思ってしまうことです。
   
特に女性にこのような気持ちになる人が多く、
  
・婚活を始めてまだ間もない
・恋愛経験自体が少ない
・結婚相手の理想が高い
   
といった女性にこのような感情が生まれる傾向にあるようです。
 
 結婚は人生の中でも特に大きな決断ですので、失敗できない、後悔したくないという気持ちが強くなるのでしょうね。

②結婚後の生活に不安を感じてしまうから

 結婚話が進んでくると、「本当にこの人で良いのだろうか?」と、何とも言えない不安を感じてしまう人は多いのではないでしょうか。
  
いわゆる「マリッジブルー」が前倒しでやって来るイメージです。
 
 大恋愛での結婚でも、これからの結婚生活や将来を考えると「マリッジブルー」になるのですから、婚活では当然の不安と言えるでしょう。

③結婚を断る理由はないけど「大好き」でもないから

 婚活であったとしても、結婚をするのであれば、
 
「絶対に大好きな人でないと」
「恋愛感情がないと」
 
・・・という考えている女性は少なくありません。
 
 女性であれば、相手のことが「好き」という気持ちを「結婚の決め手」にしたいという気持ちは当然ですよね。
 
 でも、恋愛であれ、婚活であれ、結婚を決める時には「好き」という感情を切り離して判断する必要があるのです。
 
 次章で【好きという感情で結婚を決めてはいけない理由】について紹介しますので参考にして下さい。

「好き」という感情で結婚を決めてはいけない理由

 
「好き」という感情だけで結婚を決めるのはリスクが高いものです。
 
 かと言って、「好き」という気持ちがそれほど大きくない相手と結婚することに不安を感じるのも無理はありません
 
 しかし、「好き」という感情と結婚は根本的にまったく違うものです。
恋愛では許されることでも、結婚では大きな問題になることもあります。
  
「好き」という気持ちは大切ですが、それだけでは結婚を決めてはいけない理由を、紹介しますので一緒に確認していきましょう。

①「好き」だけでは生活していけない

 結婚を決める理由として、「相手のことが好きだから」ということは大きな要素であることは間違いありません。
 特に恋愛の場合は、「相手のことが好きだから」というのが何より最大の理由になると思います。
 
でも、結婚は「好き」だけではうまくいきません。
 
 どんなに相手のことが好きだとしても、結婚生活が始まると待っているのは夢の生活ではなく現実の生活、夫婦の会話も現実的な話ばかりです。
 
 毎月生活していくためにはお金が必要ですし、子供ができると子育てに追われる生活にどうしてもなってしまいます。
 
 結婚前にはまったく必要がなかった、お金や子供、将来について現実的な話合いを二人で常にしていかなければいけません。
 
 結婚生活を続けていくうちに、相手が生活のことをまったく考えていない、頼りにならない人だということが分かると、「好き」という感情はあっという間になくなってしまいます。
  
 その証拠に恋愛結婚の50%近くが離婚しているのです。(総務省データ)
しかも、離婚カップルの70%は結婚後3年以内なのです。 
 
 結婚相手は「好き」という感情だけで選ぶのではなく、現実的な問題も含めて客観的に考える必要があるのです。

②結婚生活では「好き」より「嫌なところがない」が重要

 結婚後は相手のことを異性として「好き」という感情よりも、「人として嫌なところがない」ということが重要になってきます。
 
 その理由は、穏やかな結婚生活を送るのに必要なものは、相手に対する「信頼感」と「安心感」であり、「ドキドキ」や「ときめき」などの恋愛感情はほとんど必要なくなるからです。
  
なので、相手に対して「好き」という感情は大きくなくても、
 
1) 人として嫌なところがない人、
2) 人として信頼できる人、
3) 一緒にいて安らげる人
 
・・・である方が、幸せな結婚生活が送くれる確率が高いのです。
 
 異性として「ドキドキしない」「トキメキがない」という理由だけで結婚に踏み切れない人は、相手のことを結婚相手として「好き」以外のポイントで見直してみることをおすすめします。

結婚を断る理由がない時に、
「好き」以外で結婚の決め手になるポイント

 
 結婚は恋愛とは違い、相手のことが「好き」という気持ちだけではうまくいかない、恋愛結婚の50%近くが3年以内に離婚しているのが現実です。
  
 とはいえ、相手のことが「好き」という感情が大きければ、結婚への決断を後押ししてくれることは間違いありません。
 
しかし、相手のことが「好き」という感情が大きくなく、
 
「結婚を断る理由がない」
「結婚を断る理由が見つからない」
 
・・・という状況の時、「好き」以外の結婚の決め手は何でしょう。

①信頼できる人であるか

 結婚生活を続けていくためには、愛情表現が豊富な人より、人として信頼できることがとても大切です。
 
 信頼できる人かどうかの見分け方としては、次のようなことでも判断することもできます。
 
1) ちょっとした約束もきちんと守る
2) 自分の話をよく聞いてくれる
3) 噓をつかない
4) 誰に対しても態度が変わらない
5) 自分が困っている時に助けになってくれる
 
 上記以外にも、何となく自分の直感で判断できることもありますので、結婚を決める前に相手の態度などをよく観察してみましょう。

②価値観に大きな違いがないか

 価値観と言っても色々なものがありますが、結婚生活にかかわる大事な価値観は次の通りです。
これらの価値観の方向性が一致していれば十分です。
 
1) お金に関すること
2) 子供のしつけ、教育に関すること
3) 家事分担に関すること
4) 親や兄弟との付き合い方に関すること
5) 将来に関すること
6) ギャンブルをしない
 
 趣味、趣向、嗜好などについての価値観は重要ではありません。
相手のしていることが嫌いでなければ、理解できない趣味等であってもOKです。
結婚生活では問題にはなりません。
   
 しかし、夫婦の将来に大きくかかわってくるお金や子供、親に関すること等、先に挙げた項目については、交際中に確認しておくことが大切です。

③社会的常識、モラルがある人か

 結婚相手には、当然ですが「常識がある人」を選ぶことが重要です。
 
 何が「常識」なのかは人によって考え方が違うかもしれませんが、一般的に常識がある人に該当するのは下記のような人のことです。
 
1) 人と会ったら挨拶ができる
2) 謝罪もお礼もきちんとできる
3) 食事マナーがきちんとしている
3) 順番を守る
 
・・・などなど
 
 これらの項目は社会生活をしていく上では当然に身に付けておくべきモラル、ルールですが、意外にもそれができていない人が少なからずおられます。
  
 結婚相手には最低限、これらの一般的な常識を守れる人を選ぶようにしましょう。
パートナーの常識のない行動は、結婚後は家族である自分自身の評価も下げてしまいます。
 

④自分のことを大切にしてくれる人か

「大切にしてくれる」というのは、異性としての愛情だけではありません。
結婚後何十年も共に生きていくためには、人としてパートナーのことを思いやる気持ちが必要です。
 
 交際している時から自分のことが一番で。相手のことを考えずに行動する人とは、結婚後に色々な面で衝突してしまう可能性が高くなります。

⑤何でも相談できる、話ができるか

 結婚生活は長く、数十年単位で共に毎日を生活していかなければなりません。
 また、お金や生活、子供のことなど、お互い相談しながら決めていかなければいけない事柄や機会は非常に多いものです。
 
 そのため、交際中から気をつかわないと話もできない、自分が思っていることを正直に言えないという相手では、結婚生活で困ったことがあっても相談もできずに自分一人で抱え込んでしまうことになってしまいます。
 
 結婚相手には何でも気軽に話せる人が理想的だと言えますね。

⑥相手の家族とも仲良くやっていけそうか

 結婚は、ただ2人がパートナーになるというだけでなく、パートナーの家族とのお付き合いもスタートするということです。
 結婚後は自分の親兄弟はもちろん、パートナーの親兄弟とも顔を合わせる機会が増えます。
 
 親兄弟とのかかわり方は、その人によって大きく違います。
 
 相手の親とうまくやれなくても結婚生活は可能ですが、できることなら相手の家族とも円満な関係になっておきたいものですよね。
 
 しかし、どうしてもうまくやっていけないタイプの親も存在します。
 
 結婚前にできるだけお互いの家族の情報も交換したうえで、パートナーの家族と顔を合わせる機会を作って、どのような親なのかを確認しておくことがおススメです。

⑦結婚を断る理由がない

 上記の6項目は、結婚を決めるにあたって、必ずチェックしておきたい項目です。
 
 逆に言うと、上記6項目の中で1つでもNG項目があれば、それは、そのまま「結婚を断る理由」になっているはずです。
 
 つまり、「結婚を断る理由がない」「結婚を断る理由が見つからない」というのは、上記6項目が全てクリアできていると状況なのです。
 
「結婚を断る理由がない」というのは、立派な婚約の理由なのです。

お見合い、仮交際も断る理由がなければ先にすすもう

 
 ここまで、結婚を決心するにあたって「断る理由がない」というのは、立派な婚約の理由だと紹介してきました。
 
そして、この「断る理由がない」という考え方は、
 
1) お見合いをするかどうか
2) お見合い後、仮交際に進むかどうか
3) 仮交際デートの後、次もデートするかどうか
4) 真剣交際にすすむかどうか
 
全ての場面で、「断る理由がない」のであれば話を進めていきましょう。
 
「断る理由がなければお見合いをしてみる」
「お見合いで断る理由がなければ仮交際にすすめてみる」
「仮交際デートで断る理由がない間はデートを続けてみる」
「真剣交際を断る理由がなければ真剣交際にすすめてみる」
 
 婚活では、断わる理由となるような問題が特になければ、とりあえずは次のステップにすすめていくことを心掛けましょう。
 
婚活では「お断り」は、どの段階でも、いつでもできるのです。
そして、
  
「結婚を断る理由がなければ、それは婚約の理由」なのです。

結婚を断る理由がないのは立派な婚約の理由 ~おわりに~

 
「結婚を断わる理由がない」というのも立派な婚約の理由になります。
 
・・・と言われても、
 
「好きという気持ちが大きまないのに結婚して大丈夫?」 
 
・・・と思われる方は多いかと思います。
 
でも安心してください。
 
 お見合いや婚活での結婚カップルは、皆、婚約してから急速に恋愛感情が湧いてきて、結婚するころには大恋愛カップルになっています。
  
 冷静な目で観察して、結婚相手として相応しいかを見極めた相手です。
一生懸命に断る理由を探しても、断る理由が見つからなかった相手です。
 
「結婚する」と決めたら、急に心が動き出すのは当然です。
 
あなたも、この記事を参考に、ステキなパートナーを見つけて下さいね。

関連記事

【結婚に相応しい男性か分かる5つの質問】
婚活で結婚相手を見極める、男性を知るための質問5個

婚活で交際相手が結婚に相応しい男性かどうかを見極める、結婚してもよい男性かを知るための5つの質問。婚活デート、会話、行動のポイント

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p26サムネイル
【一番好きな人と恋愛、結婚した人は何%?】
一番好きな人との結婚は幸せにならないって本当?

一番好きな人と恋愛し結婚した人の確率は? 夢は大恋愛の末の結婚! 現実に一番好きな人と結婚した人は何%?

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k2サムネイル
【結婚相手を選ぶなら好き重視 or 条件重視】
幸せな結婚生活を送るには好きと条件のどっちが大事

婚活であれ恋愛であれ、「結婚相手を選ぶ際に『好き』と『条件』とどちらを重視すべき?」幸せな結婚を送るのに必要なのは

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k16サムネイル
【婚活で出会った人が好きになれない、どうしたらいい】
なぜ好きになれないの、交際を続けて結婚しても大丈夫?

婚活で出会った人がいい人なのに好きになれない。なぜ好きになれないの、どうしたらいい? いい人なのに好きになれない理由と解決法

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p37サムネイル
【婚活でなぜか結婚を決められない人の特徴】
結婚を決断できる人との違い、結婚を決めるタイミング

結婚を決めるべき時に、決断できる人とできない人との違い。婚活でなぜか結婚を決められない人の特徴。 結婚を決断するためには・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k30サムネイル

最新記事

【婚活でときめかない!ときめきよりも大切なもの】
お見合いでときめかない、婚活にときめきは必要?

婚活でときめかない、お見合いでときめかない。 婚活でときめきは必要? 婚活でときめかない相手と結婚しても大丈夫? お見合...

>詳細はタイトルをクリック

【仮交際の3回目のデートで婚活は決まる!】
婚活の3回目デート、仮交際3回目デートの成功法

仮交際は3回目のデートが大切です。 婚活での3回目のデートの成功法! お見合い後、仮交際3回目デートがうまくいくと真剣交...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活では同時進行や複数交際も仮交際中はOK!】
結婚相談所での同時進行、婚活の複数交際のメリット

婚活では同時進行、仮交際中の複数交際はOK! 結婚相談所の婚活で同時進行がおススメの理由 婚活での複数交際、同時進行のメ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活で高身長の女性は不利?背の高い女性は不利?】
背が高い女性の結婚、高身長の女性の婚活の成功法

高身長の女性は婚活では不利ですか? 背の高い女性は結婚では不利なの? 高身長の女性、背の高い女性婚活で結婚する方法   ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活デートの割り勘はNG? お見合いのお茶代は?】
婚活のデート代が割り勘NGの理由、割り勘のデメリット

婚活のデートの割り勘はNG? 婚活のテート代を割り勘NGの理由は? お見合いのお茶代も割り勘NG?    「婚活のデート...

>詳細はタイトルをクリック

MENU