【システムエンジニア・ITエンジニアと結婚したい!】
システム・IT、理系男子との結婚、おすすめの婚活

【システムエンジニア・ITエンジニアと結婚したい!】
システム・IT、理系男子との結婚、おすすめの婚活

 婚活中の女性からはシステムエンジニア(SE)やITエンジニアなどの理系男子はかなり注目されています。
システムエンジニア(SE)、ITエンジニアなどの理系男子は何と言っても「手に職」を持っていますので、俗っぽく言えば「食いっぱぐれがない職業」とも言えるからです。
 
 理系男子と言えば「暗い」「ダサい」「オタク」と言ったマイナスイメージがある一方で、「頭が良い」「高収入」「真面目」というプラスイメージも強く、恋愛やデートの相手としては物足りないかもしれませんが、結婚相手としては大事な条件はしっかりと揃っています。
 
 実際、婚活市場ではシステムエンジニア(SE)、ITエンジニアなどの、理系男子はかなりの狙い目、不動産屋さん風に言えば超優良物件の1つになっています。
 
 恋人にするのであれば、女性慣れしててエスコート上手な商社マンとか営業マンの方が向いているかもしれません。
でも、結婚相手にするなら、ITエンジニア、システムエンジニア(SE)といった理系男子は絶対にオススメなのです!
 
 実は、この記事を書いている私も理工学部出身、専門は知識工学(今風に言うとAI)、サラリーマン時代は一応、データベースのシステムエンジニアでした。
 
 そこで、このページでは、そんなシステムエンジニア、ITエンジニアなどの理系男子の知られざる実態を踏まえた上で、システムエンジニア、ITエンジニアなど理系男子と結婚する方法について紹介します。
 

 ITエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違いって何?

  
ITエンジニアとシステムエンジニア(SE)は本質的には大きな違いはあまりありません
IT=Information Technologyの略で、情報技術という意味です。
 なので、ITエンジニアという場合には、情報系の技術者全般を指しています。
 
 システムエンジニアはITエンジニアの中の具体的な職種で、コンピューターシステムを設計、構築する、コンピューターのソフト、アプリケーションを設計、製作する技術者のことです。
システム開発のためのプログラミングなども含まれます。
 
 例えば、ITエンジニアの中には、ネットワークを専門に扱うネットワークエンジニアと呼ばれる技術者もいて、ネットワークの知識をもとに配線やルーターの設計、設定を行っています。
 彼らは、システム開発を行うためのプログラミングはしませんが、ネットワーク機器の設計、設定のプロなのです。
 
 このように、ITエンジニアと表現する場合は、より広い範囲の情報系の技術者をさし、システムエンジニア(SE)はシステムの設計・作成・プログラミングなどに特化したエンジニアと言えます。
 システムエンジニア(SE)はITエンジニアの代表的な技術者です。
 

 システムエンジニア、ITエンジニアなど、理系男子の現状

①システムエンジニア、ITエンジニアなど、理系男子の数

 
 医師、弁護士、税理士、会計士などの士族と違い、システムエンジニア(SE)、ITエンジニアの国家資格は技術スキルのレベルを表すもので、資格がなければ仕事が出来ないわけではありません。
 
 システムエンジニア、ITエンジニアなどは自動車や電化製品、コンピューターなどのいかにも理系といった企業だけでなく、商社や銀行・証券会社といった文系っぽい企業から公務員まで、コンピューターを使っている限りは全ての企業、団体にエンジニアはいます。
 
 従って、システムエンジニア(SE)、ITエンジニアなどの技術者の具体的な数を把握することはなかなか難しいものです。
 そこで、国内大学の文系と理系の学生数比率7:3を一つの目安としてみましょう。
高校での文系クラス、理系クラスの比率も同等のようですし・・・
 
 この7:3という比率は男女合わせての比率ですので、男性に限った比率となると6:4程度になるのではないでしょうか。
4割もITエンジニア・システムエンジニア(SE)など理系男子がいるとなると、自分の周りに結構いるはずなのですが、一般的な企業で仕事をしている女性の皆さんにとっては、ITエンジニア・システムエンジニア(SE)などの理系男子の同僚というのはかなり少ないのではないでしょうか。
 
 というのも、システムエンジニア、ITエンジニアなど理系男子はメーカーやコンピューター関係などの限られた業界、企業で働いている人が圧倒的に多いからなのです。
 
 そこで、理系っぽい企業以外の会社で働く女性にとっては、理系男子と出会う為には自ら行動することが必要となってきます。
 

②システムエンジニア、ITエンジニアなど理系男子の収入について

 
 まずは、以下のデータをご覧になって下さい。
これは、2018年の平均年収・職業別ランキングのトップ20です。
  
1位:医師 / 1,232万円
2位:パイロット / 1,191万円
3位:大学教授 / 1,050万円
4位:公認会計士、税理士 / 1,042万円
5位:弁護士 / 1,028万円
6位:大学准教授 / 861万円
7位:記者 / 822万円
8位:不動産鑑定士 / 777万円
9位:歯科医師 / 756万円
10位:大学講師 / 708万円
11位:自然科学系研究者 / 673万円
12位:高等学校教員 / 662万円
13位:電車運転士 / 643万円
14位:一級建築士 / 642万円
15位:電車車掌 / 583万円
16位:技術士 / 572万円
17位:掘削・発破工 / 571万円
18位:IT・システムエンジニア / 550万円
19位:航空機客室乗務員 / 543万円
20位:薬剤師 / 542万円
 
 トップ10は、やはり、医師、歯科医師、会計士・税理士、弁護士、不動産鑑定士など難関国家資格の士族が中心となっていますが、11位:自然科学系研究者、16位:技術士、18位:IT・システムエンジニアと3つの理系職種がトップ20に入っています。
14位:一級建築士、20位:薬剤師も士族ではありますが、工学部建築学科卒や薬学部卒の資格ですので理系男子といえるでしょう。
(薬学部は女性が圧倒的に多いので少し微妙ですが・・・)
  
 上記の様に、ITエンジニア・システムエンジニア(SE)など理系男子の平均年収が高収入であることは間違いありません。 しかし、これは、あくまでも平均の値です。
文系出身の男性であっても会社の規模や職種によって収入の差があるのと同様に、理系男子の収入も会社の規模やその職種(専門分野)によって大きく異なります。
 
 大手のメーカーやコンピューター会社に勤務のは平均を大きく上回る年収を得ていますし、技術の高いエンジニアどあればさらに高い給与を得ていたり、引き抜きや転職等によるステップアップで、高収入トップ10に入る士族並みの収入を得ている人も少なくありません。
フリーランスとして活躍し高収入を得ているIT・システムエンジニア(SE)も多いのです。
 
 ただ、その一方で、中小企業に勤務しているシステムエンジニア、ITエンジニアなどの、大企業の下請け会社で働いているエンジニアの場合には年収が300万円代という方もいます。
 

③システムエンジニア、ITエンジニアなど理系男子は未婚率が高い

 
 上記の様に、は他の職業と比べ平均年収が高いにもかかわらず、その未婚率は他の職業と比べ高くなっています。
その一番の原因は、周りに女性がいないからです。
 
 大学の理工学部の男女比は9:1、当然、職場の男女比も似たようなもので8:2 ~ 9:1が平均的となっています。
 高校が男子校だったりすると、16歳から10~20年以上も周囲にほとんど女性がいない(少ない)という環境が当たり前となっている訳です。
 
 となると、どうしても女性との会話スキル、交際スキルは低くなってしまいますし、仕事が忙しい事もあって、未婚率が高くなるのも仕方がないと言ったところです。
 しかし、逆に考えると、ITエンジニア・システムエンジニア(SE)など、理系男子は女性慣れしていないので、女性にとっては自分のペースで交際できるという大きなメリットもあります。
 

 IT・システムエンジニアなどと結婚するメリット、デメリット

①IT・システムエンジニアなど理系男子と結婚するメリット

 
・経済力があり、知的なイメージ
 ITエンジニア・システムエンジニア(SE)など理系男子は他の職業と比べ平均年収が高いうえに、手に職があるので将来的には安心できます。
もし、会社の倒産などで職を失うような事があっても、比較的スグに再就職先を見つけることもできることでしょう。
 また、職業柄、知的なイメージがあるので周りから羨ましがられることも。
 
・真面目で勉強熱心・仕事熱心
 IT・システム技術の進歩はとても速いので、エンジニアは常に自ら勉強してスキルアップを図っています。
その真摯な姿勢で仕事にも熱心に取り組んでいるので尊敬ができます。
  
・パソコンに詳しくメカ好きで頼れる
 スマホやパソコンでのトラブル、インターネット上のサービスの使い方、高度化されつつある家電製品の使い方など、とにかく普段の生活の中で頼りになる事この上ありません。
 また、理系男子は基本的にメカ好きですので、AI機能搭載の最新家電など少々高価でも喜んで買ってくれるので、奥さんは家事が楽しくなります。(私もスグに買ってしまいます)
何と言っても、それが買えるだけの収入があるのですから頼もしくも見えます。
 
 また、私の学生時代の友人や元同僚のたちを見ていると、家事・子育てについては、奥さんに協力的な人が多いです。(単に最新家電を使ってみたいだけかもしれませんが)
 
・素直でピュアですれていないし、基本的に女性に優しい
 システムエンジニア(SE)、ITエンジニアなどの、理系男子の場合、「仕事=趣味の延長」的なところがあって、少年のまま大人になったような男性が少なくありません。
従って、良くも悪くも素直でピュアなので、女性に対しても真面目で誠実です。
  
 学生時代から周りに女性が少ないので、不器用ながらも女性を大切にしようという気持ちは強いものです。
 また、女性慣れしてないので、女性には優しくしないと嫌われるという意識が強く、女性の立場としては結構ワガママが言いやすいという利点も。
 

②IT・システムエンジニアなど理系男子と結婚するデメリット

 
・基本的に仕事が忙しい
 システムエンジニア、ITエンジニアなどは基本的に仕事が忙しく、毎日2~3時間の残業は当り前です。
働き方改革による定時帰宅日や強制有休はあっても仕事が減るわけではありません。
 職種(専門)によってはシステムトラブルがあれば、休日でも夜中でも呼び出されることもあります。
ですから、職種(専門)によっては家事・育児については妻に任せる比率が高くなってしまう可能性もあります。
 
・真面目で女性慣れしていない
 真面目と言うのは本来はデメリットではないのですが、IT・システムエンジニアなど理系男子の場合は、真面目なうえに女性に慣れしていないので、交際中は「消極的」「面白みがない」「リードしてもらえない」というデメリットが考えられます。
早い話、デートが下手で、女性をちゃんとエスコート出来ない男性が少なくないのです。<>r  ただ、結婚後は女性ペースで結婚生活が送れますし、浮気の心配がいらないのも確かです。
 

 IT・システムエンジニアなど理系男子が求める女性像について

①仕事の忙しさへの理解がある女性

 
 ITエンジニア・システムエンジニア(SE)など理系男子と結婚するデメリットにも書きましたが、は基本的に仕事が忙しいので仕事に対する理解を求める傾向があります。
 職種(専門)によっては急な呼出、休日出勤もありますので、仕事の忙しさへの理解は必修でしょう。
 

②真面目で清楚な女性

 
 システムエンジニア、ITエンジニアなど理系男子は基本的に真面目な方が多いので、女性に対しても真面目で清楚な雰囲気の女性を好むようです。
いくら美人でも、可愛くても、派手な雰囲気や流行を追いかけていたり、ブランド物をいつも身につけていたりすると敬遠します。
 ナチュラルメイクに品のある服装、少し地味くらいがちょうど良いみたいです。
 

③マナーのしっかりした女性

 
 これも上記の真面目につながってくるのですが、システムエンジニア(SE)、ITエンジニアなど理系男子はマナーの行き届いた女性を好む傾向が強いです。
基本的なマナーが出来ていなかったり、社会モラルが低かったりする女性は敬遠されます。 
 

④自分がしてあげられることで満足してくれる女性

 
 システムエンジニア、ITエンジニアなどは、女性慣れしていないことは自覚しています。
ですから、交際中も結婚してからも、自分がしてあげられることで女性が喜んでくれているか、とても気になるのです。 
言いかたを変えれば、女性に対して自信がない人が多いのです。
 そこで、女性が、小さなことでも「ありがとう」「うれしい」と言ってくれると安心もすれば感激もします。
また、喜んでもらおうと一生懸命にもなってくれます。
 その意味では、理系男子は女性にとっては非常に扱いやすいと言えます。
 

 IT・システムエンジニアと交際する際の注意したいこと

①理屈っぽい

 
 ITエンジニア・システムエンジニア(SE)など理系男子の頭の中は基本的に数学と理科です。
物事の基準が「論理的であるか」、「合理的であるか」なので、話が理屈っぽいひとは多いです。
理論と合理性に基づいて話をしがちなので、女性がイラッとすることが少なくないかもしれません。
 

②テートの相手としては物足りない

 
 学生時代~社会人まで、周りに女性がいない(少ない)環境で生きてきているので、女性慣れしていない場合が多く、どうしても恋愛スキルは一般男性より低くなりがちです。
 仕事柄、人と話すよりコンピューターや機械に向かっている時間が長いため、コミュニケーション能力も平均的に高くはありません。
「ITエンジニア・システムエンジニアだから」「理系男子だから」と割り切る気持ちも必要かもしれません。 望む望まないにかかわらず、女性がリードしながらの交際になりがちです。
 

③「ありがとう」をいっぱい言う

 
 先に書いたように、ITエンジニア・システムエンジニア(SE)など理系男子は女性慣れしていないことを自覚していて、女性に対して自信がない人が多いのです。
 
 そこで、女性が、小さなことでも「ありがとう」「うれしい」と、男性の行為に対して満足していますよと表現してあげましょう。
初めは面倒くさいと思いますが、馴れれば簡単ですし、お得です。
「ありがとう」「うれしい」と笑顔を見せるだけで、女性のために一生懸命に努力してくれのですから。
 

 システムエンジニア、ITエンジニアなど理系男子と出会う方法、結婚する方法

①は学生時代の彼女、会社関係や同僚の紹介との結婚が多い

 
 システムエンジニア(SE)、ITエンジニアなど理系男子の場合、20代でも結構収入が良いので学生時代からの彼女と結婚するケースが少なくありません。
それ以外では、会社関係や同僚の紹介での結婚が多いように思えます。
仕事が忙しく、女性と出会えるような場所に出ていくことが少ない事が関係しています。
 
 ですから、システムエンジニア(SE)、ITエンジニアと出会い、結婚を考えるのであれば、一番手っ取り早いのはシステムエンジニア、ITエンジニアなと理系男子が数多くいる会社に勤めることです。
 とは言っても、一般企業からそういった企業に転職するのにはそれなりのスキルが必要なので難しいものです。
 
 繁忙期の派遣社員、パートや期間限定での契約社員の募集などを狙ってみるのも良いかもしれません。
 また、一般の会社でもコンピューターを運用している部門があれば、その同僚のツテを辿って合コンしてみるのも良いでしょう。
 

②知人から紹介してもらう

 
 あなたの知人・友人でシステムエンジニア(SE)、ITエンジニアの方はおられませんか。
今の仕事はエンジニアでなくても理系出身者の人はいませんか。
または、ITエンジニア・システムエンジニア(SE)など理系男子と結婚した知人はいませんか。
会社の取引先で、コンピューター系の会社はありませんか。
その人が男性でも女性でも構いませんので、ぜひ、独身の同僚男性を紹介してもらいましょう。
まずは、知人・友人から当たっていくのが良いでしょう。
 

③結婚相談所に入会する

 
 結婚相談所ではシステムエンジニア(SE)、ITエンジニアなど理系男子の構成比率は一般社会の構成比率よりかなり高くなっています。
ITエンジニア・システムエンジニア(SE)などのは、仕事柄、周りに女性がいない(少ない)環境にいるうえに、仕事が忙しいため結婚相談所に入会される人が多いのです。
結婚相手を探すのであれば、その方が合理的で、時間も短縮されますからね。
  
 ただ、結婚相談所でもITエンジニア・システムエンジニア(SE)など理系男子は、女性からの人気も高く、お見合い申込みが結構多くなっています。
システムエンジニア、ITエンジニアなどの、理系男子との結婚を考えているのであれば、一才でも若いうちに婚活をスタートさせるのが良いでしょう。
 

 関連記事

【非モテ女でも、恋愛・婚活・結婚がうまいく方法】
モテる女性とモテない女性の会話と行動の違い

恋愛も婚活も結婚もうまくやるモテ女と非モテ女の会話と行動の違いとは?モテない女性から卒業、モテる女性になる方法

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k15サムネイル
【大手・上場企業、一流企業の会社員と結婚したい!】
大手企業、一流企業のサラリーマンと結婚する方法

大手企業、一流企業、大手企業に勤める男性会社員と結婚したい!婚活女性が憧れる一流企業、上場・大手企業サラリーマンと結婚する方法。
 ↑↑↑ 詳しくはタイトルをクリック

bigcomサムネイル
【公務員と結婚したい!】
公務員と出会い結婚する方法、おすすめの婚活

難関国家資格+高収入+高ステータスを誇る士業の男性を除けば、女性が望む結婚相手の職業として…

 ↑↑↑ 詳しくはタイトルをクリック

j-civ
【税理士と結婚したい!】
税理士と出会い結婚する方法、おすすめの婚活

税理士と言えば、女性が望む結婚相手の職業として、どのアンケートでも上位にくる人気の職業で…

 ↑↑↑ 詳しくはタイトルをクリック

j-tax
【銀行員と結婚したい!】
銀行員と出会い結婚する方法、おすすめの婚活

銀行員と結婚したい女性必見! 銀行員と出会って結婚するためにはどうすれば良いか?おすすめの婚活とは?
 ↑↑↑ 詳しくはタイトルをクリック

kbankerサムネイル
【医者と結婚したい!】
医者と出会い結婚する方法、おすすめの婚活

女性が望む結婚相手の職業として、いつの時代もダントツNo.1が「医者」です。誰もが羨む最高の職業ですよね…

 ↑↑↑ 詳しくはタイトルをクリック

j-doc
【弁護士と結婚したい!】
弁護士と出会い結婚する方法、おすすめの婚活

女性が望む結婚相手の職業として人気があるのが「弁護士」です。言わずと知れた超難関国家資格で…

 ↑↑↑ 詳しくはタイトルをクリック

j-law

最新記事

【婚活でときめかない!ときめきよりも大切なもの】
お見合いでときめかない、婚活にときめきは必要?

婚活でときめかない、お見合いでときめかない。 婚活でときめきは必要? 婚活でときめかない相手と結婚しても大丈夫? お見合...

>詳細はタイトルをクリック

【仮交際の3回目のデートで婚活は決まる!】
婚活の3回目デート、仮交際3回目デートの成功法

仮交際は3回目のデートが大切です。 婚活での3回目のデートの成功法! お見合い後、仮交際3回目デートがうまくいくと真剣交...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活では同時進行や複数交際も仮交際中はOK!】
結婚相談所での同時進行、婚活の複数交際のメリット

婚活では同時進行、仮交際中の複数交際はOK! 結婚相談所の婚活で同時進行がおススメの理由 婚活での複数交際、同時進行のメ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活で高身長の女性は不利?背の高い女性は不利?】
背が高い女性の結婚、高身長の女性の婚活の成功法

高身長の女性は婚活では不利ですか? 背の高い女性は結婚では不利なの? 高身長の女性、背の高い女性婚活で結婚する方法   ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活デートの割り勘はNG? お見合いのお茶代は?】
婚活のデート代が割り勘NGの理由、割り勘のデメリット

婚活のデートの割り勘はNG? 婚活のテート代を割り勘NGの理由は? お見合いのお茶代も割り勘NG?    「婚活のデート...

>詳細はタイトルをクリック

MENU