【1年以内に結婚!】
短期間で結婚できる婚活方法

【1年以内に結婚!】
短期間で結婚できる婚活方法

男女共通の婚活の心構え

①誰のための婚活ですか?

婚活やお見合いは、デートの相手を探すわけではありません。
友人のパートナーと比較したり、友人に見せる為でもありません。
一生を共に生活する結婚相手を探すのです。
プライドや見栄ではなく、自然のままの自分、素のままの自分でいられる気兼ねなく何でも話し会える相手を探しましょう。

②現実を認める

婚活成功のためには、現在の自分自身を客観的に観察することが必要となります。
自分自身を客観的に見る事が出来ないと、どうしても自己評価が高くなってしまうのです。
自己評価が高いと、客観的には「それは、ちょっと無理かも」という相手ばかりにお見合いを申込んでしまい、申込みをくれる相手には「物足りなさ」を感じ、なかなかお見合いにまで至りません。

婚活の本質は「相手を選ぶ事」ではなく「相手から選ばれる事」ともいえます。
相手を選ぶ事だけを意識し、相手から選ばれているという意識が低いと、「現在の自分が異性からどう見られているか」という視点が欠如してしまいます。

厳しい言い方になりますが、現在のあなたは、異性から見て、どれほど魅力的でしょうか?過去にどんなに異性にモテていても、それは過去のあなたであって、現在のあなたではありません。現在のあなた自身を客観的に見ることは、婚活成功の第一歩とも言えます。

③スピード感が大事です

スピード感が大事と言っても、誰でも構わずすぐ結婚するという事ではありません。
「もっと良い人がいるかも?」
「もっと良い人と出会えるかも?」
と決めるべき時に決めないと貴重なチャンスを失ってしまします。

「もっと、もっと」と期待して結婚を決断できない間に、自身の年齢が高くなってしまうと、婚活を始めた頃には断ってたような相手との出逢いすら困難になります。

全てがパーフェクトな結婚相手などいないのですから、決めるべきタイミングを逃さないことが大事です。

④相手も選んでいます

結婚相談所で活動していると、誰しも、「相手を自由に選べる」「選んだ相手と出会える」という気持ちになってしまいます。
でも、実はお相手も選んでいるのです。
自分が選んでも、相手が選んでくれなければお見合いは出来ないのです。
婚活の本質は「選ぶ事ではなく、選ばれる事」です。

 (1)条件に優先順位をつける方法

相手に求める条件の優先順位がハッキリしない人の多くは、婚活がうまくいかないと悩んでおられます。
条件を全てクリアしている人は、なかなか見つかりません。
そこで有効なのが、相手に対する条件に優先順位をつけてみる方法です。

例えば10の条件があるとして、「3つの条件はクリアしているけど、4つは普通、残り3つはダメ」という相手だと、優先順位を決めていない場合「3-3=0」で、お見合いで会う必要のない人になってしまいます。

でも優先順位がハッキリしている場合、「上位5位までの3つがクリア出来ているし、4つは普通だし、まぁ~いいか。」と、お見合いにつながります。

 (2)必要なのは、柔軟な考え

婚約が短期間で成立する人の特徴は、

・自分自身を客観視でき、

・理想とは多少違っていたとしてもお見合いを積極的にし、

・相手に興味を持って交際しようという柔軟な考えを持っています。

相手に求めるだけでなく、
「この人と結婚したら、自分は相手に何をしてあげられるか」
という考えが出来る方は早く結婚が決まっているように思えます。

⑤太っている人にとっては、ダイエットが最大の婚活

婚活においては、太っているとかなり不利です。(ちょいポチャ程度なら、全然OKです)
異性から見ると、「意志が弱い」、「不摂生」、「成人病などの病気が心配」と良いところがありません。
「太っている人は大らかに見える、楽しそうに見える」というのは友人レベルまでの話なのです。
結婚相手として考える時、異性は太っている人に対しては思っている以上に厳しいのです。

⑥婚活で幸せな結婚をするためには…

①自分自身を客観的に見ることが出来て、

②相手が多少自分の理想とは違っていたとしても、積極的にお見合いをし、

③相手に興味を持って交際することができる柔軟性が必要です。

また、お相手と結婚した時の自分のメリットばかりを考えるだけでなく、
「結婚したら、相手に何をしてあげたいか」、「結婚したら、相手に何をしてあげられるか」
…と考え、表現することも大事です。それが、男性から見えるあなたの姿となるのです。

/images/contents/hint/h-1a.png

男性向け婚活の心構え

①恋愛より婚活の方が、ある意味では難しい

婚活の場合、女性と出会うまで…お見合いまでのプロセスは、恋愛と比較すると、とても合理的であり確実性が高いものです。
しかし、一旦、交際に入れば、恋愛と同等、もしくは、恋愛以上のスキルが必要な場面に向き合うこともあります。

というのも、恋愛は「好き」という感情からスタートしますので、少々、失敗をやらかしても「恋は盲目」で見逃してもらえもします。
また、友人等の紹介で交際が始まった場合でも、共通の友人がいる安心感と友人の顔を立てる必要もあって、男性に対する女性の採点基準は甘くなっているものです。

しかし、婚活~お見合いでは、女性は非常に冷静な目で男性を見ていることもあり、失敗やミスによっては、「私とは合わないわ」「もっと良い人がいるかも」と、断りの原因となってしまう事があるのです。

②婚活では情報収集は必須

婚活を成功させる為には情報収集は欠かせません。
社会、スポーツ、芸能、映画、ドラマ、タウン情報など、とにかく広く浅く情報収集して下さい。
テレビ、ラジオ、ネット、雑誌、マンガ等、全てが女性と交際~結婚するための情報源です。
一夜漬けではなく、毎日少しずつコツコツと見て、読んで、ネタを仕込んで下さい。
例えば、映画もDVDではなく映画館なら、客層、混み具合、予告編など全てが会話のネタとなります。

③お見合い用スーツ、デート服の購入

お見合い用・婚活用のスーツは3~4年以内のものを用意しましょう。
スーツのデザインは5年も経つと、結構、変わっているものです。

特に、男性がスーツ着用の職場で働いている女性の場合、スーツのデザインにはかなり敏感です。
古いデザインのスーツを着ていると、あなたの仕事に対する姿勢まで疑われてしまいます。

デート服についてはユニクロ、GUでも全然OKですので、最低でも、上着3着、パンツ2本くらいは用意しておきたいものです。
自分勝手に選ぶのではなく、必ず、女性の店員さんに相談して選んでもらって下さい。
「婚活中です」と相談するのがベストですが、恥ずかしかったら、「友人に女性を紹介されて」とでも説明して、女性にウケる服を選んでもらいましょう。
姉妹がいるのであれば、姉妹に服選びを頼むのも良いでしょう。

④女性が望む男性像とは?

恋愛であれ、お見合いであれ、女性が望んでいる男性像は大きくは変わることはありません。
いくら学歴が高くても、収入が良くても、女性が望んでいる結婚相手像、男性像との違いが大きければ女性からは好まれません。 女性が望んでいる結婚相手像とは

1、生き生きしている人 

(元気がない人は疲れる)

2、ハキハキ話す人   

(小さな声で話す人は苦手)

3、明るい人      

(暗い人は気が滅入る)

4、健康的な人     

(病気がちでは困るし)

5、清潔感のある人   

(不潔じゃなければOK)

6、自分の仕事に誇りを持っている人     

(これ大事)

7、話すのが苦手でも一生懸命頑張ってくれる人 

(これも大事)

8、私の話を楽しそうに聞いてくれる人     

(話すのが苦手だったら、せめて…)

9、ちゃんとデートプランを考えてくれる人   

(ノープランで会うなんて問題外だと思う)

10、最低限のレディーファーストが出来る人   

(多くは望まないけど最低限は…)

上記の通りですが、女性たちは取り立てて特別なこと、難しいことを言っているわけではありません。
まずは女性が望んでいる結婚相手像・男性像を演じてみてください。
意識的な言動はやがて習慣となり、あなたを自然に女性が望んでいる男性に変えていきます。
男女の関係においては「演技もマナーのうち」とも言いますので頑張っていきましょう。

/images/contents/hint/h-2a.png

女性向け婚活の心構え

①普通が一番難しい

入会前の無料婚活相談の中で「どんな男性が希望なの?」と尋ねると、一番多い答えは次のようなものです。
「私、普通の人で良いんです。別に贅沢は考えていないです。」
でも、この普通と言うのが簡単そうでなかなか難しい注文なのです。普通の例を挙げてみると
「収入」が普通、「学歴」が普通、「ルックス」が普通、
「身長」が普通、「会話」が普通、「センス」が普通…等々

ここで、普通というカテゴリーを【50%の男性が入る範囲】と考えたとして、
「収入」×「学歴」×「ルックス」=50%×50%×50%=12.5%(8人に1人)
これに身長、会話、センスや他の条件まで加わると…何十人~百人に1人になってしまうのです。

②追っかける恋愛と追っかけられる恋愛

短期間で婚活成功できるかどうかは、これまでの恋愛経験のタイプが少なからず影響しているように思えます。恋愛経験のタイプは大きく2つに分かれるとされます。

◆1つ目は、自分が本当に好きになった男性でないと交際できず、男性から告白されても、
その時に一番好きな男性でなければ断ってしまう「追っかける恋愛」しか経験していないタイプ。

◆2つ目は、男性から告白された時、「今、彼氏がいないし、悪い人じゃなさそうだから」と、
2~3回デートしながら考えてみようと、とりあえず、つきあうことが出来る「追っかけられる恋愛」
の経験があるタイプです。

恋愛であれ、婚活であれ、追っかけられる恋愛を経験している女性はデートをしながら少しずつ男性を好きになる事が出来るので、より早く生涯のパートナーを見つけることが出来るそうです。

一方、追っかける恋愛の経験しかない女性は、好きでない男性とデートをした経験がないか、少なく、とりあえずデートをしながら人柄に触れ、徐々に好きになるといった経験がないため、好きという感情抜きで男性と正面から向き合って、男性の長所を見つけていくことが不得意のようです。
また、追っかける恋愛の経験しかない女性は総体的に恋愛体質の傾向が強く、初対面でピンと来たドキドキときめいた等の恋愛感情を評価基準としがちなので、婚活が長引く傾向があります。

ですから、追っかける恋愛しか経験していない女性は、まず、好きな男性じゃなくても、理想通りの男性じゃなくても、お見合いやデートをしながら男性の長所を見ていくことを心がけて下さい。
一目惚れ、一目で好意を持てる、ピンとくるといった男性と巡り合う確率は低いものです。

③理想の条件、理想のルックスの男性と結婚すれば、必ず幸せになれますか?

理想の条件、理想のルックスの男性と結婚することが、幸せな結婚生活を送る絶対条件でしょうか?

確かに、条件やルックスは結婚相手を選ぶ際の大きな要素ですが、家庭に入ると、お互いの条件、ルックス、社会的なキャリアなど全て脱ぎ棄て、生身の「男と女」として、お互いに素のままの自分として、正面から向き合うことになります。

この「素のままの自分で、正面から向き合えるかどうか」こそが幸せな結婚生活のカギなのです。
気取らない、背伸びしない、ありのままのあなた、素のままの自分でいられる男性を選びましょう。

/images/contents/hint/h-3a.png

関連記事

次の記事もぜひお読み下さい。
マナーと雑学がスムーズに結婚する為の大きなヒントになります。

【婚活、何歳から始める? 何から始める?】
ベストのスタート時期はいつ? 何歳? 婚活の進め方は?

「婚活を始めるのって何歳くらいが良いんだろ?」 「私の年齢では、早いのかな?遅いのかな?」 「そもそも婚活って何から始め…

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p1サムネイル
【婚活マーケティングで理想の相手と結婚!】
お見合い~交際~婚約までの婚活成功マーケティング

実は、婚活成功のためにはマーケティングは必修です。異性が希望する結婚相手をしっかりとマーケティングして・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p2サムネイル
【お見合いはピンとこなくて当り前?】
写真でピンときた、お見合いで運命を感じたなんてある?

結婚相談所の婚活では多くの会員の中から相手を選びますが、お見合い写真、プロフィールを見ていてもピンとこない人は必見 

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k9サムネイル

最新記事

【結婚相手との年齢差、何歳差までOK?】
恋愛結婚と婚活・お見合い結婚の年齢差の理想と現実

 結婚相手との年齢差を考えるときに「〇歳ぐらいまでの人がいい」「できるだけ若い人がいい」「年齢差は少ないか同年齢がいい」...

>詳細はタイトルをクリック

【ルックス重視、外見重視の婚活は成功するか?】
お見合いで結婚相手への第一条件がルックスってあり?

「結婚相手に何を求めますか?」と婚活中の方々に質問すると、多くの人は「性格がよいこと」「価値観が一致すること」と回答する...

>詳細はタイトルをクリック

【理想の条件の人と結婚すれば幸せになれますか?】
理想にこだわって恋愛や婚活で結婚できない女性の傾向

 誰もが望んでいる幸せな結婚。 まだ結婚が現実味のない学生時代には、将来の結婚相手に対して、非現実的な理想もあったことで...

>詳細はタイトルをクリック

【お見合い後の初デートの成功法~2回目のデートへ】
女性がまた会いたいと思う婚活初デートの流れ・会話

 お見合いの後、仮交際に入った女性との初デートはなかなか緊張するものですが、しっかりと対応して2~3回目のデート、そして...

>詳細はタイトルをクリック

MENU