【シングルファザーの再婚・婚活】
バツイチ子持ち男性の結婚と婚活の成功ポイント

【シングルファザーの再婚・婚活】
バツイチ子持ち男性の結婚と婚活の成功ポイント
/images/contents/divorcee/sf1.jpg

平成30年度の厚生労働省の総計データによると、夫婦の3組に1組以上が離婚しています。
そして、離婚全体に占める未成年の子供がいる離婚は約58%となっています。
それだけ数多くのシングルマザー、シングルファザーがいるのです。
 また、世帯数ではシングルファザーは約19万世帯、シングルマザーでは約123万世帯となっていて、シングルファザーがんなり少数派であることが分かります

 シングルマザーと比べてシングルファザーへの理解や社会的サポートはまだ少なく、仕事と育児、家事の両立に苦労している男性が少なくありません。
いくら、愛情をもって子育てに奮闘しても、母親代わりは大変なことです。

このページでは、大変な毎日の中で、再婚を望むシングルファザーの婚活成功法について紹介します。

 また、50代以上の男性の場合は、お子さんの有無がお相手探しに余り影響しませんので、下の年齢別婚活法のリンクをクリック下さい。

【50代男性の婚活成功法】

【シニア・60代~70代女性の婚活成功法】

シングルファザー、バツイチ子持ち男性の再婚事情

/images/contents/divorcee/sf2.jpg

①シングルファザーの再婚は難しい?

 冒頭の様に、3組に1組の夫婦が離婚する時代ですから、バツイチ男性は珍しいものでも何ともなく、私の結婚相談所の女性会員にアンケートをとっても、バツイチを気にする女性は少数派です。
 但し、子供がいるシングルファザーとなると、かなり厳しいのが現実です。
特に20代~30代前半の一般的な女性からは、シングルファザーは最初から結婚対象外となる可能性が高くなります。

一方、30代後半~40代の女性になると、シングルファザーとの結婚も許容する人が増えてきます。
彼女たちの話から、「条件も大事だけど、その人の本質を見ることの方が大事だから」という考え方を持てるようになったことが背景といえます。
「まずは、一度会ってみてから考えます。」という考え方の女性が多くなってくるのです。

 しかし、初婚男性やバツイチ男性(子供なし)と比べると不利であることは間違いありません。
子供の親権が前妻側というバツイチ男性と比べても、やはり不利となってしまいます。

②あえてシングルファザーを選ぶ人は少ないけど…

 私の結婚相談所の女性会員に「シングルファザーが嫌な理由は何?」と尋ねると、

 「男性の子供に母親として受け入れてもらえるか不安」 「男性の子供の母親になれるか不安」  「もし自分に子どもができたら、分け隔てなく育てられるか自信がない」

・・・といった答えが返ってきます。  つまり、バツイチであること、シングルファザーであること、それ自体がNGではないのです。

 「離婚経験がある人はメンタルが強くて頼りになる」 「仕事と子育てを両立してる責任感が強くて、愛情深い」 「子供が出来ても、子育てや家事を分担してくれそう」

・・・といった、シングルファザーならでは魅力も理解している女性も意外に多いのです。

ただ、あえて、シングルファザーを選ぶことはないというのも事実なので、シングルファザー・バツイチ子持ち男性の婚活では、「あえて」ではないけど「何となく」でも選んでもらうための戦略が必要になります。

シングルファザー”だからこそ”の魅力

/images/contents/divorcee/sf3.jpg

 シングルファザー、バツイチ子持ちの男性が、再婚・婚活を成功させるためには、女性から選ばれるだけの魅力が必要となります。 
魅力と言ってもイケメンとかルックスの意味ではありません。
シングルファザーだからこその強みを自分自身で意識して磨きをかけることが大事です。

①.家事・育児のスキルがある

 実際に出来る、出来ないは別として、
「シングルファザー、バツイチ子持ち男性なんだから、家事育児のスキルが高いにちがいない」
・・・と、女性が思い込んでいることが重要なのです。

 女性がそう思い込んでいる以上、「僕、出来ません」では通りません。
実家に戻ってで両親と一緒に住んでいる等で、家事育児が苦手な方は練習しましょう。

②.結婚生活への理想を女性に押し付けない

 結婚経験があるため、生活の現実も知っていれば、女性の可愛くない部分も知っているはずです。
つまり、「結婚したらこうあるべき!」といった理想を女性に押し付けることはしないし、「理想は理想」「現実は現実」と区別できる高い経験値を持っている・・・と、女性は思い込んでいます。

 まぁ~、この件に関しては、家事育児と違って、大概のシングルファザー、バツイチ男性はクリアできていると思います。

③.責任感があり、愛情が深く、包容力がある

 子供を引き取って自分で育てるというシングルファザーという道を選ぶということは、
女性から見ると、
「強い責任感」
「すごい勇気」
「子供への愛情」
「包容力があって人間が大きい」
・・・といったイメージを描くようです。
離婚や子育ての経験から「自分の思い通りにならないことも多い」ということを知っている大人の男性というイメージです。

 「いや、別に、そんなことないと思うけど」と男性側は思うかもしれませんが、シングルファザー、バツイチで子供を育ててる男性が、女性からどう見られているかを知ることは大事です。
 なかなか難しいと思いますが、まずは、そういう男性を演じてみて下さい。
そのうち、身についてくるものです。

④子供が好き

 これは大丈夫でしょう。
シングルファザーであれば、少なくとも子供は好きでしょうからね。
 もし、再婚して子供が出来ても、前婚の子供と生まれた子供とを分け隔てなく接しましょう。

➄女性を年齢やルックスではなく本質を見てくれる

 これは、シングルファザーでなくとも結婚生活経験者、離婚経験者であれば、結婚生活を幸せに穏やかに送るためには何が必要なのか、結婚相手として何を女性に求めれば良いのかを学んでいるはずです。  女性を年齢やルックスで判断することなく、本質を見ようとするはずです。 実は、若くてルックスの良い女性でも、自分のルックスではなく、本質や内面を見てくれる男性を望んでいるのです。

シングルファザー、婚活の心構え

/images/contents/divorcee/sf4.jpg

これまで書いたように、シングルファザー、バツイチ子持ちの男性の再婚は簡単ではありません。
あえて、シングルファザーとの結婚を望む女性はかなりの少数派です。
 しかし、心構え、戦略次第では再婚~婚活成功は充分可能なのです。
この章では、シングルファザー、バツイチ子持ちの男性の再婚・婚活成功のための「心構え」を、次章では「戦略」について紹介します。

①シングルファザー、バツイチ子持ちに負い目を持たない

 前章で「シングルファザー”だからこそ”の魅力」について書きました。
再婚、婚活を成功させるためには、シングルファザー、バツイチで子持ちであることにコンプレックスを持たないことが重要です。
 コンプレックスを持つことで、逆に不利な部分がクローズアップされることとなります。
「シングルファザーですが、それが何か?」と言うくらいに堂々としている方が、かえって、大人の男性として魅力的に見えるものです。

②服装、外見、清潔感に気を配る

 シングルファザーとして、仕事をしながら子供を育てていると、自分の身をあまり構わなくなってしまうのは仕方ないことでしょう。
自分のオシャレ等の外見に気を配っている暇があれば子供と遊んであげようと思うでしょうし、自分のオシャレ等にお金を使うのであれば子供に服やおもちゃを買ってあげるでしょう。

 でも、再婚、婚活成功を目指すのであれば、自分の服装・外見・清潔感に気を配って欲しいものです。 家庭臭くなってしまうと、折角のチャンスを逃してしまうかもしれません。

③余裕を持って婚活する

 早く再婚したいあまりに焦ってしてしまうと、逆にうまくいかないものです。
焦ってしまって気持ちに余裕がないと、折角、お見合いしたり、交際したりしても相手のことがよく見えなくなってしまいがちなのです。
再婚してから、価値観や考え方の違いに気付いて・・・というのでは、取り返しがつきません。
気持ちに余裕をもって行動してこそ、婚活を順調な方向に進めることが可能になるのです。

 精神的なコンディションが良好な状態で婚活してこそ、素敵なパートナーと出会えるものです。
昔から、「急いては事を仕損じる」と言いますが、正にその通りです。

④子供の年齢を考える

 シングルファザー、バツイチ子持ち男性と一言で言いますが、子供の年齢によっては再婚・婚活成功の難易度はかなり違います。
 子供が0~3歳の乳幼児、4~6歳の幼稚園児の再婚・婚活は難易度が低く、小学校低学年は普通、小学校高学年~中高生の思春期になると難易度は高くなります。
逆に子供が18才以上となると、子供が大学生にしろ社会人にしろ独立した大人として考えられますので、子供の存在が再婚・婚活のうえでハンディとなることは余りありません。

シングルファザー婚活成功ポイント

/images/contents/divorcee/sf6.jpg

①数打ちゃ当たる!

 これまで書いたように、あえて、シングルファザー、バツイチ子持ち男性を選ぶ女性はかなりの少数派なので、とにかく数をこなすことがポイントになります。
まさに、「数打ちゃ当たる」方式で、恋愛であれば女性との出会えるチャンスを増やす、婚活であればお見合いの申込をガンガン積極的に数で勝負するということがポイントです。

②「父親」ではなく「ひとりの男性」として出会う

 お見合い等、女性と出会う時には「父親」としてではなく「ひとりの男性」として会うべきです。
あなたがシングルファザーであったとしても、女性はあなたを「ひとりの男性として魅力を感じるか、好きになれそうか」という点をまず第一に考えます。
あなたに男性としての魅力を感じ、好きになれそうと感じなければ、何も始まらないのです。
出会った時に、あなたが「ひとりの男性」ではなく「父親」の顔であれば、結婚の対象から外されてしまいます。
女性は「子供の母親」になる前に「あなたの妻」になるのです。

③2人の距離が縮まったら子供と対面

 「父親」としてではなく「ひとりの男性」としてデートを重ね、2人の距離が縮まった段階で、子供と女性の対面を考えましょう。
 遊園地などに遊びに行くのが定番となっています。
子供と女性の相性はどうか確認することは、シングルファザーの再婚・婚活では重要なポイントです。 そのうえで、結婚相手となる女性と子供の幸せを優先して考え、行動することが大事です。

④子供を優先しすぎない

 2人でのデートの会話(話題)や、子供連れでの遊園地デートでは、子供を優先し過ぎないようにしましょう。
 シングルファザとしては子供が一番になのは当り前なのですが、結婚相手となる女性としては「妻」としてどれだけ自分を大事にしてもらえるかという視点で、あなたを見ています。
「子供の母親が欲しいだけで、私を女性として望んでないのかな」と女性が感じれば結婚もできないですし、結婚したとしても折角の結婚生活が破たんすることも考えられます。

 あなた自身が「父親」としてではなく「ひとりの男性」として女性に接するのと同様に、女性を「子供の母親」ではなく「ひとりの女性」として愛し、誰よりも大事にするという態度が大事です。

/images/contents/divorcee/sf5.jpg

➄安心感を与える

 結婚相手となる女性が初婚であったり、再婚でも子供がいない場合は、

 「子供に母親として受け入れてもらえるか」
「子供の母親になれるか」
 「もし自分に子どもができたら、分け隔てなく育てられるか」

・・・など、多くの不安を抱えているものです。
その不安を取り除いて、安心してもらうことは男性の仕事です。

 「大丈夫、大丈夫」といった無責任な対応ではなく、
・子供の気持ちとの橋渡しを行い
 ・母親になるためのサポートは惜しまないことを伝え
 ・子供が生まれても、自分の子供にはちゃんとフォローするから等、しっかりとした対応が必要です。

⑥シングルファザーとなった理由は真摯に伝える

 離婚であれ、死別であれ、シングルファザーとなった経緯は正直に伝えましょう。
特に離婚の場合は、離婚の理由も含めて伝える必要があるでしょう。
離婚の理由については、事実のみを伝え、感情的に前妻を非難したり、前妻だけに原因を求めることは避けましょう。
 離婚の場合は、原因はどうであれ、自分の自身の反省も踏まえ、「今度は同じ失敗をしない様に、絶対に幸せになりたい」という姿勢を示しましょう。

⑦不利になる婚活パーティー、アプリは避ける

シングルファザー、バツイチ子持ち男性の再婚・婚活の場合、婚活パーティー、婚活アプリは、ハッキリ言って不利です。 お金と時間の無駄と言っても大げさではないと思います。
バツイチ限定というパーティーやアプリもありますが、業界内の人間としての知見では、結婚はかなりかなり難しくなります。
親権に結婚を考えるのであれば、結婚相談所がお勧めです。

どんな女性を選ぶかが婚活成功のポイント

/images/contents/divorcee/sf7.jpg

①選んでくれる人と結婚する

 あえて、シングルファザー、バツイチ子持ち男性と結婚しようとする女性が少数派の中、わざわざ、あなたを選んでくれたのであれば、まずは、出会ってみることをお勧めします。
 昔から、「好きな人と結婚するより、好きになってくれた人と結婚するほうが良い」と言います。
まずは、「子供の母親になっても良いよ」と言ってくれる女性から会っていくのは基本でしょう。

②シングルマザーは出会いやすい

 これは言うまでもないでしょう。
同じ境遇にいる訳ですから、お互いの気持ちが理解し易いものです。
 ただ、お互いの子供の年齢差や相性については考慮が必要ですので、子連れのデートなどを行う中で、子供たちの意見も聞きながら、2人で考えていきましょう。

③年上の女性

 あなたの年齢にもよりますが、年上の女性を選ぶとお見合いをし易いという傾向があります。
特に、あなたが30代半ば~アラフォー、40代であれば、40代女性へのお見合い申込を考えてはいかがでしょうか。
女性が初婚であっても40代となると、出産年齢の関係で、シングルファザー、バツイチ子持ち男性でもOKという女性が結構増えてきます。
今時の初婚40代の女性の見た目は本当に若く、ほとんどの女性は30代半ばにしか見えません。

 また、何らかの事情で、子供が産めない女性では積極的にシングルファザーを選んでいる方も少なくないので、そういった選択肢もあるでしょう。

関連記事

【バツイチ再婚男性と初婚女性の結婚の心得と注意】
バツイチ再婚男性と初婚女性の結婚で幸せになる方法

最近は「バツイチ再婚男性」の人気も高く、初婚女性とバツイチ再婚男性の結婚も増えています。再婚男性と初婚女性の結婚の注意ポイント

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p13サムネイル
【バツイチ、再婚男性の結婚と婚活】
意外と人気? バツイチ男性~再婚成功のポイント

バツイチ・再婚男性は意外に女性から人気があります。女性から見るとバツイチ男性は初婚男性にはない魅力があって・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

dmsサムネイル
【こんな女性と結婚してはいけない】
恋愛・婚活で気をつけたい結婚に向かない女性のタイプ

恋愛であれ婚活であれ、結婚してはいけないタイプの女性がいます。結婚してはいけない女性の特徴と結婚に失敗しない女性選び

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p12サムネイル

最新記事

【婚活でモテる女性の食事デート成功法、マナーと会話】
食事マナーと気配りで好感度UP、モテ女の食事デート

婚活女性の食事デートで好感度UP モテる女性の食事デートのマナーと会話 男性から好かれる女性の食事マナーと気配り    ...

>詳細はタイトルをクリック

【男性必須、食事デートの誘い方、お店選びとマナー】
女性が喜ぶ食事デート、お店のチョイス、誘い方、マナー

成功する食事デートのお店の選び方 女性が喜ぶ食事デートの誘い方 大人の男性の食事デートのマナー 食事テートでの会話とは ...

>詳細はタイトルをクリック

【仮交際、婚活デートに誘われない女性の特徴と理由】
デートに誘われない女性、求めるだけでは婚活成功はない

仮交際に入ったのに、なかなか婚活デートに誘われない女性。どうして、私はデートに誘われないの?   せっかくお見合いをクリ...

>詳細はタイトルをクリック

【仮交際のファーストコール成功のポイント、注意点】
お見合い後のファーストコールで仮交際がうまくいくか決まる

お見合い後、仮交際のファーストコールの成功法 仮交際がうまくいくかどうかはファーストコールで決まる? お見合い後のファー...

>詳細はタイトルをクリック

【30代女性、ネット婚活、婚活アプリの注意ポイント】
遊ばれてる?ネット、婚活アプリのアラサー女性のモテ感

ネット婚活、婚活アプリでアラサー、30代女性が注意したいポイント アラサー、30代女性の婚活アプリでのモテ感は勘違い? ...

>詳細はタイトルをクリック

MENU