【50代男性の結婚と婚活】
初婚、バツイチ、出会い~結婚まで、婚活成功ポイント

【50代男性の結婚と婚活】
初婚、バツイチ、出会い~結婚まで、婚活成功ポイント

 
50代男性の結婚と婚活の現状とは?
50代の婚活は成功するのか?
初婚の方、バツイチの方、それぞれの出会い~結婚まで
 
 晩婚化、未婚化が進み、結婚を考え始める年齢もさまざまで、昨今は、50代で婚活を始めようとする男性も少なくありません。
 
 人によって婚活を始める理由は異なる事と思いますが、50代を迎えても独身であることに不安を感じ、残りの人生を1人で過ごすのは寂しかったり、孤独死について考えたり…。
 
50代男性だからこそ婚活して、結婚をして、穏やかに楽しく過ごしたいと考えるのは当然なのです。
 
 しかし、50代男性の婚活は30~40代の婚活と比較すると難しいものであることは確かです。
 
このページでは、そんな50代男性が婚活を成功させるためのコツをお伝えしていきます。
 

50代男性の結婚事情

/images/contents/age/m50-2.png

①50代男性の未婚率

まずは、下の表をご覧ください。
これは、総務省の国立社会保障・人口問題研究所が調査、公表しているデータを表にしたものです。
(5年毎の調査のため、2015年が最新データとなっています)

/images/contents/age/m50-1.png

2010年と2015年の未婚率を比較すると40代後半~60代前半まで全ての世代で未婚率が上昇していることが分かります。
50~54才の上の行に生涯未婚率がありますが、政府公報の生涯未婚率は45~49才と50~54才の未婚率の平均値となっているので、この位置に入ってます。
政府データでは50代男性で未婚の場合は「生涯未婚」とみなされる年齢なのです。

表の「2010年の50~54才」と「2015年55~59才」の数値、「2010年の55~59才」と「2015年50~54才」の数値の差を見て下さい。
この数値の差は、2010年の50代の未婚男性が2015年までに結婚した割合を表しています。

2010年の50~54才未婚男性で2015年までに結婚できたのは、17.8%-16.7%=1.1%
2010年の55~59才男性で2015年までに結婚できたのは、14.7%-13.5%=1.2%

つまり、2010年の50代独身男性で、2015年までに結婚できたのは50~54才では16人に1人(6.2%)、55~59才では12人に1人(8.3%)ということです。

でも、この確率の低さにショックを受け結婚を諦める必要はありません。

実は、本格的な婚活をした50代男性の場合は、50代前半で約20%、50代後半で約30%の方が結婚しているのです。
(2018年三菱UFJ R&Cの調査の拡大推計値と全国仲人連合会大阪本部データより)

②50代未婚男性の恋愛事情

国立社会保障人口問題研究所が公表している未婚者の恋愛状況データが40代までしかないので、50代の恋愛事情の詳細は不明です。
しかし、同調査で「現在、恋人がいる」と答えた30代が22.3%、40代が17.7%なので、拡大推計すると50代では12%程度とも考えられますが、現実はもっと低いように思われます。

若い頃とは違い、50代ともなると出会いのチャンスもかなり減ってきますし、友人知人の紹介も期待できる年齢ではありません。

また、50代は一般的に60代以上と同じ「シニア」のカテゴリとなり、40代までの世代と区別される年齢にもなります。
まだまだ気力・体力ともに若いつもりでも、40代までの男性と比較すると明らかに老けてきますし、若い頃はイケメンだったとしても衰えは隠せなくなってきます。

つまり、50代になると、一部の経済力なり、ルックスなりの魅力を持っている人だけが恋人がいるという状況ではないでしょうか。

50代男性の婚活事情

/images/contents/age/m50-3.png

30~40代男性に比べて、ぐっと婚活が難しくなることは否定しません。
その理由の一番は「女性に対して多くを望み過ぎ」という傾向があるからです。
といいますか、30~40代男性が望む女性と同様の女性を望む男性が多いのです。

男性ですから、若くてきれいな女性との結婚を望むのは当然ですし、それは普通にアリなのですが、50代男性の場合はかなり若い女性方を望む傾向が強いのです。

一方、婚活をしている女性の多くは男性が3~4才年上までの結婚を望んでいます。
50代男性が自分の年齢はさておき、10才以上も若い女性を選んでも出会えるわけがありません。
50代男性と20~30代の美人との年の差婚は、芸能界もしくはセレブ男性の話で、一般的ではありません。

また、結婚したら子供が欲しいと考えている男性も少なくないのですが、上記の様に、20~30代の女性は50代男性との結婚は望みません。
そもそも、出産時に男性が50代の場合、定年が65才としても中学卒業前に定年になってしまいます。
女性はそんな経済的に不安な状況で子供を産むことは望みません。
芸能人・セレブ並みの「経済力」と「大人の男性の魅力」があれば別ですが…

ですから、50代男性の婚活では、子供にこだわらず、3~4才年下~同世代の女性を選ぶ男性から順番に結婚を決めていかれます。
逆に言うと、そういった相手選びをされている50代男性は確実に結婚できるように思います。

再婚50代男性の婚活

/images/contents/age/m50-4.png

①再婚50代男性の婚活事情

50代の婚活では再婚は全然珍しくありません。
子供のいな再婚男性であれば、世代的に女性も再婚男性であることは余り気にしませんので、再婚であることがハンデとなる事はまずありません。

一方、子供がいたとしても(親権が元妻側にある場合も含む)、子供が社会人になっていれば、これも大きなハンデとはなりません。
ただ、子供がまだ学生の場合には養育費等々の負担を気にされる女性も少なくありません。

それ以外については、上記「50代男性の婚活事情」と同様です。

②離婚の経験を生かす

前婚がうまくいかなかったのは残念ですが、その経験からどんな女性が自分に合うかもわかってきたのではないでしょうか。
年齢やルックスにこだわらず、残りの人生を共に暮らせる女性に目を向けましょう。
「今度は幸せになるんだ」「大事にする」という決心を女性に伝えましょう。

③前婚について聞かれたら

再婚の場合は、女性はどうしても前婚のことを気にしてしまいます。
もし女性から聞かれた場合は、別れた理由については「性格の不一致」「若かった」等、前妻については褒めず、けなさず、批判せずが基本です。

50代男性で婚活がうまくいかない原因

/images/contents/age/m50-5.png

①若い女性、好みのタイプにこだわっている

先述の様に年の離れた女性こだわると婚活は長期化しますし、婚活が失敗に終わることも少なくありません。
同世代、同年齢や年上の女性も含めて選んでいければ良いでしょう。
子供の事を考えなければ、年齢が近い女性の方が同じ時代を生きてきて、同じテレビを見て、同じ歌を聞いていたはずですから、同窓生気分で話が合って楽しいものです。
好みのタイプではなく「嫌じゃないタイプ」であれば積極的に会っていくべきです。

若い、好みのタイプの女性にこだわり一生独身になってしまうか、年齢は近くてもパートナーと共に残りの人生を穏やかに楽しく過ごすかの分かれ目になります。

②外見や服装に気を使わない

いくら50代だからといって、老け込んでいたり、太っていたり、清潔感がなかったりでは女性からは評価はゼロです。
モテる50代男性は、洋服や身だしなみ、体型にもしっかりと気を配っています。
無理な若作りをする必要はないので、スマートで落ち着いた大人の男性に見える外見を心がけましょう。
50代男性向けのファッション雑誌などで研究したり、お店の女性スタッフに服を選んでもらったりするのが良いでしょう。
また、太っていると自己管理が出来ない人と思われ、プロフィール段階で断られます。
太っている人にとってはダイエットが最大の婚活です。

③女性経験が少ない

せっかく、女性とデートの運びになったとしても、女性との会話が下手、エスコートが下手となれば、次にその女性と出会えるチャンスはないでしょう。
50歳男性が女性との会話で失敗する理由は、

・自分から話題を出さない、話さない

・自慢話ばかりする

・上から目線で話してくる

・女性の話を否定する、批判する

といった点が挙げられます。

エスコートについては、基本的なレディーファーストが身についていないという事が全てです。
いくら条件やルックスが良くても、会話が進まなかったり、基本的なレディーファーストすら出来ないようでは、即断られても仕方ありません。

④1人に慣れてしまっていて、協調性がない

未婚の男性であれば、社会人になってから30年以上も1人でいたわけですから、誰かと一緒に協調しながらやっていくという事に慣れていません。
ある意味、1人の気楽さから好き勝手してきたとも言えます。
でも、それでは、どんな女性もついてきません。
まずは、女性の言動に共感し、感情を共有することが大事です。
行動の基本原則を「女性に喜んでもらう」にする位の自己改革が必要です。
モテている50代男性は女性のエスコートが上手く、女性を喜ばせることに徹しています。

⑤親の介護の問題

50代男性の親の年齢というと80才前後が一番多いのではないでしょうか。
今時の80才はかなりお元気な方も多く、すぐに介護とは考えられないかもしれませんが、10年先までご健康とは限りません。
親と同居しているかどうかにもよりますが、別居していたとしても、近い将来には親の介護の問題が発生します。
あなたは女性から、その点について質問があった際、明確な答えを持っていますか。
「その時になってから相談れば良い」というのは全く答になっていません。
女性にとっては、若い頃に結婚しているのであれば義父母の介護もアリかもしれませんが、50代で結婚しスグに介護に入るのはあり得ません。何より、女性の親の介護も必要です。
あなたは、女性に対する答えを持っていますか。

50代男性が婚活で成功するには

/images/contents/age/m50-6.png

①年齢、ルックスで女性を選ばない

残りの人生のパートナーとして相応しい女性を選びましょう
数年後には老後を迎えようとしている50代のあなたにとって、これから必要なものはパートナーの「若さ」「ルックス」でしょうか。
本当に必要なものは「安らぎ」「いたわり」「慈しみ」ではないでしょうか。
老後の30年余りを一緒に過ごすためには何が必要なのかを考えて相手を選びましょう。

②女性との交際スキルのアップを図る

50代男性の結婚の早道は、女性に対する交際スキルのアップを図る事です。

・コミュニケーション能力を上げるために会話力アップ系の書籍を読む

・テレビ雑誌などから話題のネタを情報収集する

・基本的なレディーファーストを身に着ける (ネットなどでもすぐに調べられます)

③お互いを受け入れ、支え合う

幾つになっても、一緒に過ごし、お互いを受け入れ,支え合える」というのが理想の夫婦です。
若さやルックスなど外見ではなく、
「この人と一緒なら安心できる」
「この人と一緒にいると元気になれる」
そういった女性を選んでみませんか。

関連記事

次の記事もぜひお読み下さい。
50代の男性が結婚する為の大きなヒントになります。

【婚活マーケティングで理想の相手と結婚!】
お見合い~交際~婚約までの婚活成功マーケティング

実は、婚活成功のためにはマーケティングは必修です。異性が希望する結婚相手をしっかりとマーケティングして・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p2サムネイル
【婚活の本質は相手を選ぶことではなく選ばれること】
結婚相談所の婚活で選ばれる方法と選ばれない理由

婚活の本質は相手を選ぶことではなく選ばれること。結婚相談所の婚活では沢山の中からお見合い相手を選べますが、相手から選ばれなければ・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p4サムネイル
【結婚も恋愛もうまくいく方法と知識・考え方】
モテ男、非モテ男の会話と行動の違いと方法

結婚も恋愛もうまくいくモテ男と非モテ男の会話と行動の違い。 女性は男性の条件だけではなく会話、行動を見ています

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k14サムネイル
【婚活で幸せになるために・祝婚歌】
幸せな結婚ができる婚活の考え方と進め方

幸せな結婚生活を送るための心得を詩にした「祝婚歌」は、婚活で幸せになるため考え方、幸せな結婚への婚活の進め方の大きなヒントに

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k3サムネイル

最新記事

【婚活でときめかない!ときめきよりも大切なもの】
お見合いでときめかない、婚活にときめきは必要?

婚活でときめかない、お見合いでときめかない。 婚活でときめきは必要? 婚活でときめかない相手と結婚しても大丈夫? お見合...

>詳細はタイトルをクリック

【仮交際の3回目のデートで婚活は決まる!】
婚活の3回目デート、仮交際3回目デートの成功法

仮交際は3回目のデートが大切です。 婚活での3回目のデートの成功法! お見合い後、仮交際3回目デートがうまくいくと真剣交...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活では同時進行や複数交際も仮交際中はOK!】
結婚相談所での同時進行、婚活の複数交際のメリット

婚活では同時進行、仮交際中の複数交際はOK! 結婚相談所の婚活で同時進行がおススメの理由 婚活での複数交際、同時進行のメ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活で高身長の女性は不利?背の高い女性は不利?】
背が高い女性の結婚、高身長の女性の婚活の成功法

高身長の女性は婚活では不利ですか? 背の高い女性は結婚では不利なの? 高身長の女性、背の高い女性婚活で結婚する方法   ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活デートの割り勘はNG? お見合いのお茶代は?】
婚活のデート代が割り勘NGの理由、割り勘のデメリット

婚活のデートの割り勘はNG? 婚活のテート代を割り勘NGの理由は? お見合いのお茶代も割り勘NG?    「婚活のデート...

>詳細はタイトルをクリック

MENU