【転勤族と結婚するメリット、婚活で転勤族は狙い目!】
転勤族との結婚の悩み、後悔しない転勤族との結婚の方法

【転勤族と結婚するメリット、婚活で転勤族は狙い目!】
転勤族との結婚の悩み、後悔しない転勤族との結婚の方法

転勤族との結婚のメリットとデメリット
婚活では、転勤族の男性は狙い目って本当?
転勤族と結婚して幸せな結婚生活を送るコツ
 
 婚活をしている中で、出会った男性が「転勤族」だというケースは珍しい話ではありません。
 
 転勤族が珍しくない時代とはいえ、実際に転勤族の男性との結婚すると、女性の生活は大きな影響を受けることとなります。
 
女性が転勤族の男性との結婚に慎重になるのは無理もありません。
 
 でも、婚活では、転勤族はある意味、狙い目だったりします。
  
 今回の記事では、転勤族との結婚について、メリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。
 
 あわせて、転勤族の男性と結婚して幸せな結婚生活を送るコツなども合わせて紹介しますので、転勤族との結婚に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。
 

目次

転勤族と出会う確率は高い?転勤族の男性の割合は?

  
「夫の転勤で引っ越しをする」
「子どもの学校があるので、夫が単身赴任する」
 
・・・というような話は、皆さんもよく耳にすると思いますが、それでは、実際に、転勤族の男性はどの位の割合なのでしょうか?
 
 全国の正社員の中で、転勤する可能性がある割合について、独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査データの結果をもとに、下記の表にまとめました。

会社規模正社員のほとんどが転勤族転勤する社員は一部転勤はほとんどない
300人未満16.5%24.2%43.7%
300~500人未満31.6%28.3%27.8%
500~1,000人未満39.8%30.2%21.5%
1,000人以上50.9%27.3%14.8%

 
 この調査結果を見ると、会社規模が大きくなるほど転勤率が高くなっていることが分かります。
  
 つまり、大企業、有名企業に勤めている男性を結婚相手に希望する人ほど、お相手が転勤族である可能性が高くなってしまうことが言えるでしょう。

①転勤族の男性ってどんな職業が多いの?

 では、実際に転勤が多いのはどんな職業の男性なのでしょうか?
  
 特に転勤が多いと言われている業種は、銀行などの金融業、生命保険会社です。
他にも、国家公務員、自衛隊、建設業、メーカー、商社マン、飲食サービス業などがあります。
  
 特に商社、建設業、メーカーに勤めている男性の場合は、海外転勤となる可能性もあります。
転勤先の国にもよりますが、LAとかPariとかだったら行ってみたいと思いませんか?

②転勤族はエリートが多い

 先のデータからも分かるように、転勤族の男性は大企業、一流企業に勤めるサラリーマン、国家公務員など、学歴・収入など条件の良い男性が多いのは確かです。
 
 女性の転勤に対する考え方にもよりますが、婚活では転勤族は狙い目と言えます。

転勤族の男性との結婚は大変? 転勤族と結婚するデメリット

  
 前章で、社員1000人以上の会社の50%が、ほとんどの社員に転勤の可能性があると紹介しました。
つまり、婚活中にはかなりの確率で転勤族の男性に出会うことになるわけです。
  
 転勤族の男性の多くは大企業、有名企業に勤めているので、学歴や年収など条件が良く、婚活では女性からの人気も高くなっています。
 
 でも、転勤族の男性との結婚は、思った以上に女性側への負担が大きいため、条件の良さだけに惹かれて、安易に結婚を決めてしまうと後で後悔することにもなりかねません。
 
そこで、転勤族との結婚でのデメリットをまずは確認しておきましょう。

転勤族と結婚するデメリット① 引っ越しが大変

 転勤族の男性は、3~5年おきに転勤する場合もあります。(特に金融系)
 
 そのたびに引っ越しの荷造りや手続きなどが必要になり、どうしても妻の方がその作業に追われることになりがちです。
  
 転勤の頻度が高い業種の場合は、なかなか生活が落ち着かないというのがデメリットになります。

転勤族と結婚するデメリット② 孤独になりやすい

 転勤族の男性と結婚すると、男性は転勤先でも会社の付き合いなどがあるため孤独感はありませんが、女性は知り合いが全くいない転勤先の家に1人で取り残されることになってしまい、どうしても孤独感が強くなってしまいます。
 
 特に子供がいない夫婦の場合、子供の学校関係での付き合いも発生しないため、孤独感がさらに強くなってしまう可能性があります。
  
 社交的で積極的なタイプの女性であれば、引っ越し先でも新しい交友関係をドンドン作ることもできるので、逆に、転勤先で新しい友達を増えていく楽しさもあるでしょう。
 
 でも、そうでない場合は、近くに働きに行くなどして、知人を作る努力が必要かもしれません。

転勤族と結婚するデメリット③ 仕事を辞めなければならない

 男性の転勤でもっとも大きく影響するのが、女性の仕事です。
 
 というのも、男性の転勤のために引っ越すとなると、女性は今の仕事を辞めなければいけないケースがほとんどだからです。
  
 専業主婦であれば別ですが、仕事をしたいという女性の場合は、すぐに仕事が見つかる資格を持っているか、在宅ワークで見つけるなど、対策を考える必要があるでしょう。

転勤族と結婚するデメリット④ 子供にも負担をかける

 夫婦の間に子供がいない家庭であれば問題ないのですが、もし子供がいる場合は、幼稚園や学校の転出、転入届をする必要があります。
 
 また、子供は今まで仲良くしていたお友達とも離れてしまいます。 
子供の性格によってはなかなか新しい学校になじめない、お友達もできないといったこともあるため、大人だけでなく子供にとっても負担が大きいものとなることを考えなければなりません。
 
 夫の単身赴任を選択するにしても、子供にとってはお父さんがいない寂しいものでしよう。
(逆に、妻も子供もその方が@気楽な場合もあるかもしれませんが・・・)

転勤族と結婚するデメリット➄ マイホームを買いにくい

 銀行などの金融系での企業で転勤が4~5年おきにある場合は、一か所に落ち着くということがありませんので、なかなかマイホームを購入するタイミングができません。
 
 ずっと賃貸住宅に住み続けることにもメリットはありますが、いくら家賃を払っても自分の財産にはならないということから、賃貸の家賃が無駄に感じてしまう方も少なくないと思います。
 
 将来的に住みたい場所にとりあえずマイホームを購入して住み、転勤中にはマイホームを賃貸にだして家賃収入を得るという方法をとるなど、マイホームについては男性と話し合いをしておきましょう。

転勤族との結婚のメリット! 婚活では転勤族は狙い目!

 
 ここまで、転勤族の男性との結婚のデメリットも見てきましたが、転勤族との結婚には悪い面ばかりではなく、少なからず良い面、色々なメリットだってあるのです。
 
実は、婚活では、転勤族の男性は狙い目だったりするのです。
 
 転勤族の男性は大企業、一流企業の会社員がほとんどです。
学歴、年収、福利厚生など、結婚相手としての条件が揃っている人が多いのです。
 
 それでは、転勤族との結婚のメリットを見ていきましょう。

転勤族と結婚するメリット① 視野が広がる

 色んな土地で暮らすことで、視野を大きく広げることもできます。
 
 特に色んな場所を観光するのが好き、旅行が好き、という人にとってはメリットが大きく、週末に夫婦で色んな場所を訪れれば、その土地ならではの新しい体験をすることができるでしょう。

転勤族と結婚するメリット② 日本中に友達ができる

 社交的で友達を作るのが得意な女性であれば、転勤先でも交友関係を広げることができます。
 日本中に友達がいたりしたら、地元の名物を送ってもらったり、季節の挨拶も楽しいですよね。
 
 視野も広がり、友達の輪も広がるというのは転勤族と結婚するメリットです。

転勤族と結婚するメリット③ 転勤の度、人間関係をリセットできる

 上の「転勤族との結婚のメリット②」の逆の考え方も、ひとつのメリットとなります。
  
 転勤先であっても、ご近所、子供の学校関係などのお付き合いなどは当然に発生するものです。
そのような人間関係の中で
 
「苦手な人がいる」
「トラブルの多い人がいる」
 
・・・などといった場合には、そんな人達との付き合いも転勤とともにリセットできます。
 
 元々、濃密な人間関係が苦手なタイプの女性であれば、転勤族は向いているかもしれません。

転勤族と結婚するデメリット④ 家族の結束が強くなる

 転勤族は転勤するたびに人間関係が新しくなってしまうため、家族がとても大きな存在になります。
  
 転勤して日が浅く、まだ、親しい知り合いがいなくて、日中に話をすることが全然なくても、夫や子供と話をするだけで元気になることができますし、幸せな気分になれるものです。
  
 家族がお互いに不安な気持ちを共有するこので、家族の結束が自然と強くなることが多いのです。

転勤族と結婚するメリット➄ 両方の実家とほどよく距離感ができる

 夫の転勤は、両方の実家との付き合いにも影響がでます。
 
 特に義理の実家との付き合いは苦手に感じる女性も多いため、転勤によって義理の実家と離れた場所に住む場合は、自然に義理実家との間に距離を作ることができます。
  
 同様に、自分の実家との付き合いにも距離を作りたいという人の場合も、転勤によって程よい距離感を保つことができるでしょう。

転勤族との結婚に向いている女性の特徴

 
 ここまで、転勤族との結婚のメリット、デメリットを一緒に見てきました。
  
 そこで、ここでは転勤族の男性との結婚に向いている女性の特徴、共通点について紹介します。
 あなたの場合はどうなのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

転勤族との結婚に向いている女性① 誰とでもすぐに仲良くなれる人

 転勤族との結婚に向いている女性は、人間関係を作ることが得意な人です。
  
 どこでも誰とでもすぐに仲良くできるタイプの女性は、4~5年ごとに転勤があったとしてもどこでもスグに知り合いを作り、友人を作ることができるでしょう。
 
 逆に、人付き合いが得意でない人によっては、転勤で知らない土地に行って、一から人間関係を築いていかなくてはいけないと考えるだけで悩んでしまうかもしれませんが、
 
「1人の方が気楽なんだよね」
「人間関係は煩わしいから」
 
・・・という女性の場合には、それはそれで気楽かもしれません。

転勤族との結婚に向いている女性② 仕事をすぐに見つけられる人

 転勤族と結婚すると女性も今の仕事を辞めて、新しい土地で仕事を探さなければならない場合が多いでしょう。
 
 仕事をずっと続けたいと考えている女性にとっては、数年ごとにまた仕事を探して面接して…ということを数年ごとに繰り返さなければなりません。
 
 そのため、就職に有利な資格を持っているとか、行動力があり面接が得意とか、どこでもすぐに仕事を見つけることができる女性の方が、転勤族との結婚に向いていると言えるでしょう。
 
 また、職場が変わるのに抵抗がある人は、婚活をしている段階から、テレワーク・在宅ワークができる会社に就職して実績を作っておくこともおススメです。

転勤族との結婚に向いている女性③ 専業主婦でもOKな人

 夫の転勤ごとに女性も職場を変更せざるを得ないことを紹介してきましたが、そもそも仕事をする必要がない、専業主婦でもOK、専業主婦希望という女性も、転勤族との結婚には向いていると言えます。
 
 夫の転勤のたびに、現在の仕事の退職手続きや、さらに新しい土地では職探しと面接、といったことを繰り返すのは、かなりのパワーが必要です。
 
 でも、特に仕事をしていなければ、急な転勤に伴う引っ越しの準備や役所の手続きなどをする時間もゆっくり取れますので、仕事をしている人よりは引っ越しの負担がかなり少なくなるでしょう。

転勤族との結婚に向いている女性④ 実家に頼らなくても大丈夫な人

 女性の中には、実家に頼りっぱなしだという人も多く、特に仕事をしていて子供が小さい間は、実家で見てもらうといったケースもよく耳にします。
 
 このように、実家に頼るところがかなり大きいという女性の場合は、夫の転勤で実家から離れてしまうと、自身への負担が増えてしまいます。
 
 一方で、そもそも実家から離れているので頼ることがない、実家に頼りたくないという人の場合は、転勤してもそれほど影響がないでしょう。

転勤族と結婚して幸せな結婚生活をおくるコツ

 
 転勤族との結婚にはメリットもデメリットもありますが、転勤族と結婚してもうまくいくためには、何よりも「夫婦関係」を良好に保つことが大切です。
 それでは、転勤族との結婚生活を上手く乗り切るためのコツをいくつか紹介していきます。

転勤族と結婚して幸せになるコツ① 夫婦で話をする機会をしっかり作る

 転勤族との結婚では、妻が寂しい思いをすることが多いため、夫婦でしっかり会話をすることが大切です。
 
 お互いに仕事をしている場合は疲れているかもしれませんが、できるだけ夫婦で毎日話をして、お互いのことを思いやり、理解するようにしましょう。

転勤族と結婚して幸せになるコツ② 前向きに楽しく過ごす努力をする

 知らない土地に行くと、誰もがナーバスになってしまいがちです。
 
 でも、ナーバスな気持ちになって家に引きこもってしまうのではなく、その土地その土地での楽しみを見つけて、前向きに過ごすようにしましょう。
 
 まずは毎週末、夫婦で、家族で、その県の有名な観光地に出かけたり、郷土料理を食べに行ったりして、その土地になじむことから始めてみてはどうでしょう。
 
 新しいものを見聞きし、味わうことで視野も見分も広がります。
 
 また、1人で家にいる時間も充実できるように、新しい趣味を作ってみるのもいいですし、習いごとに通ってみるのもいいかもしれません。
 
 専業主婦をしてきた人は、思い切って仕事を始めてみると、親しい友達ができることも多いです。
自分から積極的に人付き合いができる環境を探してみることがおススメです。

転勤族と結婚して幸せになるコツ③ 単身赴任という選択肢も

 転勤族と結婚したからといって、必ず妻が夫の転勤先へついて行く必要はありません。
夫に「単身赴任」をしてもらうという選択肢もあります。
 
 特に子供が学校に通い始めると友達と別れて転校すること嫌がるケースもありますし、一生懸命勉強して合格し入学した学校を転校するのも気の毒ですよね。
マイホームを買っていて、離れたくない場合だってあるでしょう。
  
 このように、家族が転勤先について行くことに問題がある場合は、家族で相談し、夫に「単身赴任」をしてもらうことで上手くいくことが少なくありません。
 
 もちろん、普段は家族バラバラの生活になりますので、連休などにはお互い行ったり来たりして、同じ時間を過ごして、家族の絆を深めることが重要になります。
 
 子供が小学校の低学年だったりすると、お父さんがいないのは寂しいものですからね。
中高生以上になると、まぁ~・・・それなりに。
 
 また、時には海外転勤の場合などは赴任する国や街によって、家族が一緒に行くか、夫に単身赴任をしてもらうのかも変わってくるでしょうから、柔軟に考えるようにしましょう。

転勤族との結婚のメリット、転勤族は狙い目? ~まとめ~

 
転勤族との結婚ってどんな感じ?
転勤族との結婚のメリットとデメリット
転勤族と結婚して幸せな結婚生活を送るコツ
 
・・・について、この記事では一緒に見てきました。
 
 気付かれた方も多いと思いますが、「転勤族との結婚 = 大変だ!」ということではありません。
  
 転勤族との結婚ならではの楽しみ方、結婚生活の豊かさがあるものです。
確かに、妻となる女性の性格によるところも大きいのですが、転勤族の男性との結婚はデメリットだけでなく、たくさんのメリットをあることもお分かりいただけたかと思います。
 
 それに、夫が転勤族だからといって、妻や子供達、家族が必ず転勤先に一緒について行く必要はなく、夫の単身赴任だって全然アリです。
 
 転勤は大企業、一流企業の会社員、国家公務員には避けられないもの。
逆に言うと、転勤族はエリート会社員、公務員だからこそです。
 その意味では、敬遠されがちな転勤族の男性は婚活では狙い目なのです。
 
 今回の記事が、転勤族との男性との結婚について考えるきっかけになれば良いと思います。
  
 転勤地、期間、転勤地での楽しみ方を工夫によっては、転勤族はアリかもしれませんよ。

関連記事

【優しい男性と結婚したい女性必見! 優しさって何?】
結婚相手に必要な優しさ、結婚後も優しい男性の見分け方

優しい男性と結婚したい女性必見!男性に求める優しさとは?結婚後も優しい人の見分け方。結婚相手に必要な「優しさ」とは何?

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p49サムネイル
【大手・上場企業、一流企業の会社員と結婚したい!】
大手企業、一流企業のサラリーマンと結婚する方法

大手企業、一流企業、大手企業に勤める男性会社員と結婚したい!婚活女性が憧れる一流企業、上場・大手企業サラリーマンと結婚する方法。
 ↑↑↑ 詳しくはタイトルをクリック

bigcomサムネイル
【銀行員と結婚したい!】
銀行員と出会い結婚する方法、おすすめの婚活

銀行員と結婚したい女性必見! 銀行員と出会って結婚するためにはどうすれば良いか?おすすめの婚活とは?
 ↑↑↑ 詳しくはタイトルをクリック

kbankerサムネイル

最新記事

【婚活でときめかない!ときめきよりも大切なもの】
お見合いでときめかない、婚活にときめきは必要?

婚活でときめかない、お見合いでときめかない。 婚活でときめきは必要? 婚活でときめかない相手と結婚しても大丈夫? お見合...

>詳細はタイトルをクリック

【仮交際の3回目のデートで婚活は決まる!】
婚活の3回目デート、仮交際3回目デートの成功法

仮交際は3回目のデートが大切です。 婚活での3回目のデートの成功法! お見合い後、仮交際3回目デートがうまくいくと真剣交...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活では同時進行や複数交際も仮交際中はOK!】
結婚相談所での同時進行、婚活の複数交際のメリット

婚活では同時進行、仮交際中の複数交際はOK! 結婚相談所の婚活で同時進行がおススメの理由 婚活での複数交際、同時進行のメ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活で高身長の女性は不利?背の高い女性は不利?】
背が高い女性の結婚、高身長の女性の婚活の成功法

高身長の女性は婚活では不利ですか? 背の高い女性は結婚では不利なの? 高身長の女性、背の高い女性婚活で結婚する方法   ...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活デートの割り勘はNG? お見合いのお茶代は?】
婚活のデート代が割り勘NGの理由、割り勘のデメリット

婚活のデートの割り勘はNG? 婚活のテート代を割り勘NGの理由は? お見合いのお茶代も割り勘NG?    「婚活のデート...

>詳細はタイトルをクリック

MENU