【自己肯定感が低いと結婚できない?】
婚活で自己肯定感の低い人が結婚する方法

【自己肯定感が低いと結婚できない?】
婚活で自己肯定感の低い人が結婚する方法

自己肯定感が低いと結婚できない?
自分が好きになれない、でも、結婚したい。
婚活で自己肯定感が低くても結婚できる方法
 
自己肯定感の低さは仕事や友人関係だけでなく、婚活にも大きく影響します。
自己肯定感が低い人が婚活をすると
 
「どうせ私は選ばれない」
「相手に避けられている」
 
・・・などと考えて、なかなか結婚に結びつかないことが多いのです。
 
 この記事では、自己肯定感が低いと結婚できない理由を確認していきながら、自己肯定感が低い人が婚活を成功させるためのポイントについて紹介します。

自己肯定感が低いと結婚できない? その理由とは?

 
 自己肯定感が低いと結婚できない、結婚が難しいとよく言われます。
 
「僕はどうしてこうなんだろ?」
「私は価値のない人間なんだ。」
「自分のことが好きになれない。」
 
・・・など、自分を否定してしまうと、婚活はうまくすすみません。
 
 自己肯定感が低いと結婚ができない理由を見ていきましょう。

① 積極的に行動できない

 自己肯定感が低いと結婚できない理由の1つ目は積極的に行動できない。
自己肯定感が低い人は自分に自信を持てず、自己評価が低い人が多く、
 
「お見合いを申込んでも、どうせ・・・」
「お見合いしても、どうせ・・・」
 
・・・などと考えてしまい、積極的に行動できない傾向にあります。
 
 婚活では積極的に行動しないと、なかなかお見合いができないし、せっかく交際に入ってもうまくすすみません。
自己肯定感が低い人はライバルに先を越されることが多いのです。

② 相手と対等な関係になれない

 自己肯定感が低いと結婚できない理由の2つ目は相手と対等になれない。
自己肯定感が低い人は自己評価が低いために、どうしても相手と対等の関係が作りにくいものです。
  
 無理に相手に合わせようとしたり、違う自分を演じてみたり。
相手と対等になれず、相手の方が偉くなってしまうと、これまで以上に相手に合わせる必要が出てきて、結果として、自分で自分のことがイヤになって、更に自己肯定感が低くなってしまいます。
 
こんな無理な形の交際では結婚にはつながりません。

③ 相手の気持ちを疑ってしまう

 自己肯定感が低いと結婚できない理由の3つ目は相手を疑ってしまう。
自己肯定感の低い人は婚活で相手から気に入られていても、
  
「私のどこを気に入ったのかな?」
「何か裏があるのかな?」
 
・・・と意味なく疑ってしまう傾向があるようです。
 
 相手を気持ちを疑っていては、うまくいくはずの関係もうまくいかなくなるものです。

④ 失敗を引きずってしまう

 自己肯定感が低いと結婚できない理由の4つ目は失敗を引きずる。
婚活では断ったり、断られたりは誰にでもある普通のことです。
 
「まっ、そういうこともあるよね。」
 
・・・と、多くの人は、気持ちを切替えて次の出会いを探します。
 
 でも、自己肯定感が低い人は、断られると落ち込んで自分を卑下したり、自分で断っていても自己嫌悪に陥ったりして、なかなか次にすすめない傾向があります。

➄ 大きな決断が苦手

 自己肯定感が低いと結婚できない理由の5つ目は大きな決断が苦手。
結婚は人生でも最大の決断のひとつと言えます。
自己肯定感が低い人は自分の決断に自信が持てず、なかなか決心がつかないことも多いのです。
 
決断すべきところで決断できないと、相手からの印象が悪くなります。
自己肯定感の低さから優柔不断にながちな人は、なかなか結婚の決断ができない傾向があります。

自己肯定感の低い結婚できないから卒業する婚活成功のコツ

 
 自己肯定感が低いと結婚ができない、婚活に向いていないというわけではありません。
ちょっと視点を変えるだけで、自己肯定感が低くて結婚できないから卒業できるのです。

① 相手の悪い面ではなく良い面を見る

 自己肯定感が低い人は相手の良い面ではなく、相手の悪い面に目がいく傾向があります。
せっかく、相手に良い面が沢山あるのに、悪い面が気になって先に進めないのでは勿体ないです。
 
 相手の気になる点が妥協できる範囲であれば、相手の良い所を優先して見てあげましょう。

②「どうせダメだ」ではなく「どうすれば上手くいくか」を考える

 自己肯定感が低い人は自己評価が低いので、「どうせダメだ」と勝手に決めてしまいがちです。
そのような後ろ向きの気持ちでは、うまくいくはずのお見合いや交際も失敗してしまいます。
 
 自己肯定感の低くて結婚できないから卒業するためには、「どうせダメだ」ではなく「どうすれば上手くいくか」を考える習慣を身につけることです。
 
 頭では分かっていても、前向きに考えるのはなかなか難しいかもしれませんが、相手との距離を縮めるために時には思い切って行動してみましょう。

③ みんなに好かれる必要はない

 婚活がうまくすすまないと、自己肯定感が低い人はさらに自己評価が低くなってしまいます。
でも、婚活が思ったようにすすまないのは誰にでもあることです。
 
 婚活では「全ての人に好かれる必要はない」という割り切りが必要。
結婚する相手、ただ1人に気に入ってもらえれば十分なのです。
 
ひとつの出会いがうまくいかなかったら次に行けば良いのです。

④ 自分の気持ちを優先させてみる

 自己肯定感が低いと結婚できないのは、自分よりも相手の気持ちを優先して考える傾向があるからです。
自分の意に沿わないことでも、相手が良ければそれに合わせてしまう。
 
 無意識に譲歩し、妥協し、相手に合わせていては長続きしません。
結婚に妥協は確かに必要ですが、自分の気持ちを殺してばかりだと結婚してもうまくいきません。
 
 結婚は人生の大きな決断です。
自己肯定感が低くて結婚できないから卒業するためには、相手の気持ちばかりを優先するのではなく、もっと自分の気持ちを優先してみましょう、いえ、優先すべきなのです。

自己肯定感が低いけど結婚したい人の婚活は結婚相談所がよい理由

 
 自己肯定感が低い人の結婚が難しくなるのは、自分から積極的に行動するのが苦手なためです。
自己肯定感は低い人は結婚相談所での婚活がベストなのです。

① プロのアドバイスをもらえる

 自己肯定感が低い人の婚活は結婚相談所が良い理由の1つ目は、プロのアドバイスがもらえる。
自己肯定感が低い人は自分の決断に自信が持てないことが多いので、結婚相談所での婚活なら仲人やカウンセラーからアドバイスがもらえるので安心感があります。
 
 プロのアドバイスがあると、自信を持って婚活を続けられます。

② 婚活のノウハウを教えてもらえる

 自己肯定感が低い人の婚活は結婚相談所が良い理由の2つ目は、婚活のノウハウを教えてもらえる。
結婚相談所にはプロの仲人やカウンセラーがいるので、豊富な知識と経験により、婚活に成功しやすい行動の仕方を教えてもらえます。
 
 次の行動が不安になりがちな自己肯定感が低めの人も、安心して婚活をすすめていくことができます。

③ 自分に自信を持てるようになる

 自己評価が低いまま婚活を始めても、プロの仲人やカウンセラーからのアドバイスやノウハウを聞いているうちに、少しずつ自信を持って婚活ができるようなるでしょう。
 
 少しずつ自分に自信を持てるわうになると、自己肯定感が低くて結婚ができないから自然に卒業ができて、積極的に行動できるようになるものです。
 
 自己肯定感が低い人でも、自己評価が低い人でも、自分から積極的に行動するのが苦手でも、結婚相談所で婚活することが結婚への早道になります。

自己肯定感が低いからこそ幸せな結婚ができる理由

 
 自己肯定感が低いから結婚できないと思ってはいませんか。
でも、自己肯定感の低い人ほど、むしろ、幸せな結婚生活に向いている可能性があるのです。
自己肯定感が低いと結婚してから幸せになれる理由について見ていきましょう。

① 相手の気持ちに共感しやすい

 自己肯定感が低い人は、相手の気持ちに沿って行動ができる人が多いため、相手の気持ちに共感しやすい傾向があります。
相手からすると「分かってもらえる」「認めてもらえる」と感じます。
 
 結婚生活では、配偶者だけでなく近所の人や子供の付き合いなどでたくさんの人と付き合う必要があるため、相手の気持ちに寄り添って行動ができることは、かなりの強みになるはずです。
 
 ただし、自分を殺してまで、相手に合わせる必要はありません。 
自己肯定感の低さからくる共感性をプラスの方向に使うのです。

② 気が利く人が多い

 自己肯定感が低い人は何気ないことにも気がつくので、相手からは好感を持たれやすいものです。
 
結婚相手としては「自分が一番」というような人は嫌がられます。
 
 相手の気持ちに気が付き、自分中心ではなく、相手の気持ちを優先する姿勢は、相手に安心感を与えます。

③ 結婚すると自己肯定感が上がる

 結婚すると自己肯定感が上がる人も少なくありません。
結婚をすることで自分に自信が持てるようになり、子供が出来るとさらに気持ちが充実するのです。
 
 ただ、結婚して自己肯定感が上がるかどうかは相手次第。
あなたを認めてくれ、支えてくれる相手と出会うことが大切です。
 
 そのためにも、婚活では素の自分を出せる相手を探してみましょう。
自己肯定感が低いから結婚できないということは絶対にありません。

自己肯定感が低いと結婚できない? 自己肯定感の低い人の婚活成功法 ~まとめ~

 
 自己肯定感が低い人は自分に自信が持てず、積極的に行動できない人が多いかもしれません。
そこで、この記事でも紹介したように
 
1) 「どうせダメ」ではなく「どうすれば上手くいくか」を考える
2) みんなに好かれる必要はないと考える
3) 自分の気持ちを優先させてみる
 
・・・という点に注意しながら婚活をすすめていきましょう。
 
 自己肯定感の低いから結婚できないということはありません。
相手の気持ちを察し、共感できる力を持っているという結婚生活に必要な素質を持っているのです。
 
 なかなか自分でうまく動けない場合は、結婚相談所でプロの仲人やカウンセラーからアドバイスをしてもらうこともおすすめです。
 
自己肯定感が低いからといって結婚できないわけではありません。
ちょっと意識を変えてみるだけで、婚活も結婚もうまくいくものです。

関連記事

【あなたのそのコンプレックスが婚活では武器になる!】
婚活で幸せな結婚ができるコンプレックスとのつき合い方

コンプレックスと上手につき合えば、コンプレックスも婚活の武器になる。幸せな結婚が出来るのもコンプレックスがあればこそ。

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p30サムネイル
【婚活成功と幸せな結婚を引き寄せる法則とは】
ポジティブ思考の婚活で理想の結婚相手を引き寄せる

婚活を成功させている人は皆、意識する、しないに関わらず、必ず「引き寄せの法則」にあるようなポジティブ思考を持っています。

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k24サムネイル
【結婚する意味、あなたにとって結婚する理由は?】
なぜ婚活するの? 結婚の意味と理由、結婚する目的

結婚する意味と目的、あなたが結婚する理由とは? 結婚の意味や結婚する目的を見失ってしまうと婚活は長期化してしまいます。

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k71サムネイル
【婚活が辛い、やめたいと感じる理由と乗り越え方】
婚活で辛いのはなぜ? 婚活で辛く感じた時の対処法

婚活が辛い、やめたいと感じる理由と乗り越え方。婚活がうまくすすまないと誰もが婚活が辛いと感じてしまいます。

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k73サムネイル

最新記事

【お見合いの平均回数は何人?】
結婚までお見合い回数の平均、お見合いは月に何回?

結婚までのお見合い回数の平均は? みんな、お見合いは月に何人くらいしてるの? ズバリ、婚活でのお見合いの平均回数。   ...

>詳細はタイトルをクリック

【お見合いの日程が決まらない原因と解決法】
お見合いの日程か決まらないデメリットと対処法

お見合いの日程が決まらないのはなぜ? なかなかお見合いの日程か決まらないデメリット、 スグにお見合いの日程が日程を決まる...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活が辛い、やめたいと感じる理由と乗り越え方】
婚活で辛いのはなぜ? 婚活で辛く感じた時の対処法

婚活が辛い、やめたいと感じる理由。 婚活が辛い思った時の対処法。 辛い婚活を乗り超えて幸せな結婚をする方法。   婚活が...

>詳細はタイトルをクリック

【自己肯定感が低いと結婚できない?】
婚活で自己肯定感の低い人が結婚する方法

自己肯定感が低いと結婚できない? 自分が好きになれない、でも、結婚したい。 婚活で自己肯定感が低くても結婚できる方法  ...

>詳細はタイトルをクリック

【再婚したい! バツイチで再婚して幸せになる】
バツイチの婚活、再婚して幸せになる人の特徴

バツイチだけど再婚したい! バツイチが婚活で成功する方法。 バツイチが再婚で幸せになるポイント。    結婚に失敗して「...

>詳細はタイトルをクリック

MENU