結婚相談所の比較と選び方

結婚相談所の比較、おススメと選び方

 
「結婚相談所って色んな種類があるけど、どこが違うんだろ?」
「どんな結婚相談所がおススメなの?」
「結婚相談所の比較の仕方は?」
 
 一般的に結婚相談所とひとくくりでいう事が多いのですが、それぞれの結婚相談所によって紹介システム、料金体系、サポート体制などは本当に様々です。
それどころか、結婚相談所によって相手の紹介の定義、成婚の定義すらバラバラなのです。
 
 このページでは、そんな結婚相談所の種類と比較、メリットとデメリット、どのような方がその結婚相談所がおススメかについて紹介します。
 

目次

 結婚相談所の比較と選び方、おススメの結婚相談所と決め方

 
 結婚相談所は大きく次の3つのタイプに分かれます。
 
 ①仲人型
 ②データマッチング型(情報サービス型)
 ③ネット婚活型
 
 それぞれの型・タイプで、費用、相手の紹介方法、お見合いまでの流れ、サポートの範囲、カウンセリング。婚活相談の有無などのサービス内容が結構大きく変わります。
 
 従って、皆さん自身の性格、婚活に使える時間(@週or月)などを考慮して、それぞれのタイプの結婚相談所を比較して自分に合うタイプの結婚相談所で婚活をすることが婚活成功の大きなポイントとなります。
 
 自分に合わないタイプの結婚相談所に入会をしてしまうと、婚活がなかなかうまくいかず長期化してしまったり、婚活に失敗してしまうという結果を招いてしまうことにもなりかねません。
 
 各タイプの結婚相談所を比較し易いように、各タイプの「会員数」や「サポート」などの要素を簡単な表にまとめました。
 

 
 表のとおり、それぞれの結婚相談所を比較すると一長一短といったところでしょうか。
 
 次章から、3種類のタイプの結婚相談所の比較ポイントとして、その特徴、サービスの仕組み・メリットとデメリット、どんな人がそのタイプの結婚相談所におススメかについて紹介します。
  
 各タイプの結婚相談所のおススメのポイントなどを比較したうえで、自分にあった結婚相談所を選んで、短期間での婚活成功を目指しましょう。

 仲人型の結婚相談所の時調とおススメ

①仲人型の結婚相談所の特徴

 
 仲人またはカウンセラーと呼ばれる担当者が、お見合い相手の選び方、お見合いのセッティング、交際~婚約と活動の全体にわたりサポートを行うシステムです。
 
 次章以降に紹介するデータマッチング型、ネット婚活型の結婚相談所と比較して、本気度の高い会員が集まる傾向が強く、成婚率も高くなっています。
 
 多くの仲人は、婚活中の各種相談、フォローからプロポーズのアドバイスまでを細やかに行います。
経験豊富な仲人の場合は、異性との会話のコツ、異性の好感度を上げる方法など婚活に必要なスキルについてもアドバイスしてくれるでしょう。
 お見合いや交際の断りも仲人がしてくれますので、精神的に楽な部分もあります。
 
 ただ、仲人型は仲人・カウンセラーの経験、スキル、人柄、自分との相性で結果が大きく左右されますので、無料相談などで仲人・カウンセラーと話をして、自分との相性が合うか、実績と経験・スキルがあるかを確認するのが良いでしょう。
 
 入会金や月会費は結婚情報サービス型の結婚相談所と比較すると低価格な点はおススメです。
その代わり成婚料が別にかかってくる場合がありますので確認が必要でしょう

②仲人型・結婚相談所の紹介と成婚の考え方

 
 仲人型の結婚相談所では、「紹介」は実際にお見合いを指している場合がほとんどです。
データマッチング型の結婚相談所では会員プロフィールを見ることを紹介としています。
 
 また、仲人型の結婚相談所での「成婚」は正式な婚約の事です。
男性からプロポーズがあって、女性がOKの気持ちを伝えた時が婚約、成婚です。
 結婚相談所によっては、宿泊を伴う旅行など性的交渉があったと推測される場合も成婚とみなしています。

③仲人型の結婚相談所の費用の目安

 
 入会時費用や月会費はデータマッチング型(情報サービス型)と比較すると低価格帯です。
そして、お見合いが成立したらお見合い料、婚約したら成婚料を支払う流れになっています。
 
 結婚相談所によって、費用にはかなり幅があります。
総体的には、
 
・入会時費用の高い結婚相談所は成婚料が安い、
・入会時費用が安い場合は成婚利用が高い、
・月会費が安い結婚相談所はお見合い料があり
・月会費が高い結婚相談所はお見合い料が安いか無料
 
となっています。
 
 つまり、成婚料に相当する費用を入会時に支払ったり、お見合い料に相当する費用を月会費で払ったりするか、実際にお見合い時や婚約時に支払うかの違いです。
 
・入会時の費用 5~30万円
・月会費    5千~1.6万円
・お見合い料  無料~1万円
・成婚料    10~30万円
 

④仲人型結婚相談所のメリット

 
・他の2タイプの結婚相談所と比較して成婚率が高い
 
・本気で結婚したい人が多い、遊び感覚の人はいない
 
・入会時に独身証明書、学歴や収入などの証明書類が必要なので、
 
・プロフィールが確実だし、サクラがいない。
 
・お見合い相手選びから婚約まで手厚くサポート、アドバイスがもらえる
 
・恋愛経験が少ない人でも安心
 
・条件だけではなく、人柄も考慮してお見合い相手を選べる 
 
・申込人数に制限がない場合が多い
 
・お見合い料が必要な結婚相談所では、お見合いの本気度が違うので交際率が高い
 
・お見合い、交際の断りは仲人がしてくれるので精神的に楽
 
・お見合い料、成婚料の後払いの結婚相談所の場合は、費用が合理的。

➄仲人型結婚相談所のデメリット

  
・他の2タイプの結婚相談所と比較して会員数が少ない (連合・連盟系は会員数が多い)
 
・入会時に独身証明書、学歴証明書、収入証明など確認書類が必要なので面倒くさい
 
・プロの仲人の手厚いサポートがある半面、お見合い料と成婚料が必要
 
・お見合い料が必要な結婚相談所では、お見合い無料と比較して、お見合い数が少なくなる
 
・成婚率が仲人・カウンセラーの経験とスキルに左右されがち
 
・仲人・カウンセラーと自分との相性が悪いと婚活が進まない

⑥仲人型の結婚相談所におススメの人

 
・本気で結婚を考えている人
・短期間での婚活成功を考えている人
・婚活は数より質と考える人
・お相手選びから、お見合い、交際、婚約まで、しっかりとしたサポートを受けたい人

 データマッチング型の結婚相談所の特徴とおススメ

①データマッチング型結婚相談所の特徴

 
 データマッチング型は、会員の年齢、学歴、年収、現住所、身長、趣味などの情報データベースを元にコンピューターが希望に合った相手を紹介するシステムです。
 会員コースやオプションで、会員の条件を自由検索して申し込むことも出来ます。
 
 コンピューターやスマートフォンがあれば、好きな時間に相手を検索したり、アプローチしたりできるので気軽で便利というのが、このタイプの結婚相談所のおススメのポイントです。
 
 会いたい相手を見つけたら、パソコン・スマホから直接申し込んで、相手がOKならコンタクト(お見合い)となります。 
 
 コンタクト(お見合い)の日時もパソコン・スマホで設定し、お互いの責任で会うこととなります。
 
 会社によっては、会社を通してコンタクトを申込み、相手から了承を得れば、掲示板やメール、電話でやりとりするところから始まり、2人が気が合えばコンタクトするシステムもあります。
 
 サポートは基本的にはありません。
プラン・コースやオプションで、オンラインサポートや面談ができる場合もありますが、仲人型の結婚相談所と比較するとかなり簡単なものになっています。
 
 自ら積極的にアプローチ出来る方、異性との交際に慣れている人にはおススメの結婚相談所です。

②データマッチング型の紹介と成婚の定義

 
 データマッチングまたは自由検索した異性会員のプロフィールを閲覧することを紹介と言います。
実際に相手とコンタクト(お見合い)が出来たかどうかとは無関係です。
 
 成婚は交際中に退会、または、交際中に会員期間が終了した場合を指すことが多いです。
実際に婚約したか結婚したかとは無関係なケースがほとんどです。
 
 結婚相談所によっては、コンタクト(お見合い)を交際とし、コンタクト(お見合い)の後、交際・お付き合いに入れば成婚とするケースもあります。

③データマッチング型結婚相談所の費用の相場

 
 入会時費用や月会費は仲人型の結婚相談所と比較すると下記の様に高価格帯となっています。
 その一方で、お見合い料や成婚料が無料であったり安価であったりするケースが多くなっています。
 
 お見合い料と成婚料に相当する費用を、入会時と月会費で支払っているといったイメージです。
 
 つまり、仲人型とデータマッチング型(情報サービス型)では、同じ婚活期間で結婚したとすれば総費用はほぼ同じ位となります。
結婚が出来ずに退会した場合には、成婚料に相当する額だけデータマッチング型(情報サービス型)の費用が高くなります。
 
 また、データマッチング型(情報サービス型)の結婚相談所では、サポート・カウンセリングは費用の高いコースのみだったり、オプション料金が必要だったりすることが一般的なので、サポートの欲しい人にとっては+αの費用が掛かることになります。
 
・入会時の費用  10~30万円
・月会費     5千~2万円
・お見合い料   無料~5千円
・成婚料     無料~10万円
・カウンセリング 30分5000円など
 

④データマッチング型結婚相談所のメリット

 
・仲人型と比較すると成婚率が低い
 
・情報の提供が主サービスなので、アドバイザーは名ばかりで、システム上はサポート制度があっても、実際には余りサポートは受けられない
 
・低価格のデータマッチング型では結婚を真剣に考えていない会員も多い
 
・コースによって、申込める人数に制限がある (制限人数以上は別途有料)
 
・自ら積極的に活動していく必要がある為、異性との交際が得意でなかったり、消極的な方にはおススメできない
 
・出会いも交際もほぼ完全に自己管理

⑥データマッチング型結婚相談所の結婚相談所におススメの人

 
 アドバイザーなり相談員がいても、必ずサポートをしてくれる訳ではないので、希望のお相手への申込みからコンタクト(お見合い)、その後の連絡先の交換・デートの取り付けまで、サポートがなくても全て自分自身で行えるスキルのある人には、おススメの結婚相談所のタイプです。
 
 女性であれば、男性がリードしてくれれば、ソレに乗っかっていくことも出来ますが、男性の場合は女性をリードできる積極性と経験が必須となります。
女性との交際経験が少なかったり、消極的な男性にはおススメできません。
 
 女性でも、自分の気持ちや考えをしっかりと男性に言葉で伝えることが苦手であったり、男性に対して受動的な女性は余り向いているとは言えないかもしれません。

 ネット婚活型の 結婚相談所のおススメは?

 
 スマホやPCから無料~数千円で会員登録ができ、月会費も500円~数千円と仲人型、データマッチング型の結婚相談所と比較すると圧倒的に安価です。
そのため、婚活の入口・ファーストエントリーとして人気があり、登録者数は他の2タイプより圧倒的に多くなっています。
 
 費用と会員数という点から考えるとおススメの結婚相談所と言えるでしょう。
 
 但し、仲人型やデータマッチング型と異なり、独身証明書や学歴証明書、収入証明書等の証明書類の提出の義務がないため、プロフィールの信頼性に欠ける点があります。
そのために、結婚を目的としていない会員も多く、少し真面目な「出会い系サイト」といった立ち位置に分類されるケースもあります。
 
 当然、サポートはシステム上もないのが基本です。
サポートを謳っている婚活サイトもありますが、通常と別プランであったり、オプションであったり、 あくまで出会いの場として提供されているサービスなのです。
「サポートは一切受けられない」と割り切れる人以外にはおススメしにくいです。

②ネット婚活型の紹介と成婚の定義

 出会いの場を提供が目的のサービスですので、基本的には紹介や成婚という定義はありません。 自分で探して、自分でコンタクトを取って、会えればラッキー、もし万が一、婚約までいけるようであれば超ラッキーと考えて下さい。

③ネット婚活型の結婚相談所の費用の相場

   
 とにかく安価です。
 
・入会時の費用  0~1000円
・月会費     500~3000円

④ネット婚活の型メリット

  
・圧倒的に安い
・登録者数も圧倒的に多い
・スマホ、PCから簡単に登録できる
・独身証明書、学歴・収入などの証明書が不要で楽
・スマホ、PCから探せるので便利

 
・証明書類の提出義務がないので、会員のプロフィールの正確度が低い
・結婚目的ではない、遊び感覚の会員の方が多い
・現実問題として、結婚を意識した人とは滅多に出会えない

⑥ネット婚活の型の結婚相談所におススメの人

 
 結婚を真剣に考えてはいないが、婚活っぽい事をしてみたい人にはおススメの結婚相談所です。
 
 ただし、本当に結婚がしたいのであれば時間の無駄といえるかもしれません。
本気で結婚がしたいのであれば、仲人型やデータマッチング型の結婚相談所を選ぶ方が良いでしょう。
 
 本格的な婚活を始める前のファーストエントリーとして試してみるというスタンスがお勧めです。
 
 ちょっと真面目な「出会い系」で、何が起こっても自己責任と割り切れる人限定で、お勧めの結婚相談所です。

 結婚相談所を比較し決める時の注意点

①婚活に使える時間を考える

 
 自分の日常生活の中で婚活に使える時間がどれくらいあるかを考えましょう。
仲人型は、仲人・カウンセラーとの面談・サポート・アドバイス等で会社に出向く必要があります。
 
 データマッチング型では入会時には会社に出向きますが、入会後は出向く必要はありません。
ネット婚活はスマホ、PCのみの婚活ですのでスキマ時間で活動が出来ますので最も便利です。
 
結婚相談所を比較する際には、ご自身の使える時間に合ったタイプが良いでしょう。

②成婚率と結婚への本気度を考える

 
 仲人型の成婚=婚約ですが、データマッチング型の成婚の定義は婚約ではありませんし、ネット婚活には成婚の概念が希薄ですので、ひとくくりで比較はしにくいのですが・・・、
 
 成婚率は仲人型 >>> データマッチング型 >>> ネット婚活となっています。
 会員の結婚への本気度も、仲人型 >>> データマッチング型 >>> ネット婚活です。
 
 いずれにしろ、ご自身の結婚に対する本気度を考えて結婚相談所を比較するのが良いでしょう。

③入会無料、月会費無料の意味を考える

 
 当たり前ですが、無料では会社は成り立ちません。
別の部分で高額な費用を請求されることが一般的ですので、料金システムをしっかりと把握確認してください。
 システム利用料、会員管理料など、別名目での費用が大きい場合も少なくありません。
 

④お見合い無料は成婚率が低い傾向

 
 総体的に、お見合い無料の場合は交際率、成婚率が低い傾向があります。
お見合い無料であれば、気軽に何人でもお見合いが出来るので、出会いも増えて婚約し易いと思いがちですが、実際には、一回一回のお見合いが軽いものになってしまって、交際率も成婚率も落ちるのです。
 
「何人でも会えるんだから、次はもっと良い人に会えるかも」
 
・・・と、考えていては、せっかくのチャンスも逃がしてしまいます。
 
後になって、「あの人が良かった」と思ってもすでに遅いのです。
 
 お見合い料が1万円ともなるとかなり辛いですが、3~5000円程度であれば、一回一回のお見合いに対して真剣に向かい合えるので、お見合いの数は少なくなるかもしれませんが、結果としては、確実に婚約できるものです。

➄ホームページで料金ページが一目で見つからない結婚相談所は注意

 
 良心的な結婚相談所は料金ページが分かりやすく、料金システムも明確です。
 
・ホームページを見て、トップページから一目で「料金ページ」へのリンクが分かる
・トップページから1~2クリックで「料金ページ」に到達できる
・料金システムが分かりやすく表記されている
・全コース、全プランなどが表記されている
・何の費用なのか内訳が表記されている
・オプションなど、入会後に必要な費用が明記されている
 
 以上が全てクリアされていることが、良心的な結婚相談所の最低ラインだと思われます。

⑥仲人型とデータマッチング型のサービスは基本的に別物

 
 仲人型の結婚相談所とデータマッチング型の結婚相談所は基本的には全く別物です。
 
 仲人型では婚約(成婚)が目的のサービスであり、データマッチング型は異性のプロフィール情報を提供することが主サービスです。
 
 仲人型のサポートが厚く、データマッチング型のサポートが薄いのはそのためです。
異性のプロフィール情報だけでなくサポートも欲しいのか、より多くのプロフィール情報があればサポートは無くても良いのか、自身のタイプで選びましょう。
 
 とにかく数多くの人に会っていきたいのであればデータマッチング型の結婚相談所がおススメですし、確実な人と出会っていきたいのであれば仲人型の結婚相談所がおススメです。

最新記事

【優しい男性と結婚したい女性必見! 優しさって何?】
結婚相手に必要な優しさ、結婚後も優しい男性の見分け方

優しい男性と結婚したい! でも、結婚相手に必要な優しさって何? あなたが男性に求める優しさとは?    女性に「どんな男...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活でモテる人気の癒し系女性になろう!】
癒し系女子の特徴と人気の理由、癒し系女子になる方法

男性からモテる癒し系女性の特徴 癒し系の女性が人気の理由は? 癒し系女子になる方法とは   いつの時代も男性からの人気が...

>詳細はタイトルをクリック

【ズッコケNGプロポーズ集~何が悪かったの?】
成婚エピソード~そのプロポーズ、やり直しです!

一生の思い出に残るプロポーズのはずが・・・ ズッコケNGプロポーズになってしまった! 僕のプロポーズの何が悪かったの? ...

>詳細はタイトルをクリック

【実家暮らしの男性の婚活の現状と婚活成功法】
実家暮らし男性は女性のマイナスイメージをプラスに

実家暮らしの男性に対する女性のイメージは? 実家暮らし男性の婚活でのメリット、デメリット 実家暮らしの男性の婚活成功法 ...

>詳細はタイトルをクリック

【実家暮らしの女性に対する男性のイメージ】
実家暮らし女性のメリット、デメリット、婚活成功法

実家暮らしの女性に対する婚活男性のイメージは?実家暮らし女性のメリットとデメリット実家暮らしの女性の婚活成功法とは?  ...

>詳細はタイトルをクリック

MENU