【結婚しても価値観が合わないと感じた時の対処法】
婚活で価値観が違う、価値観が合わないと感じたら

【結婚しても価値観が合わないと感じた時の対処法】
婚活で価値観が違う、価値観が合わないと感じたら

結婚は価値観が合わない人とはやめた方がいい?
婚活で価値観が違うと感じた時はどうすれば良い?
婚活で価値観が合わない、価値観が違うと感じた時の対処法。
 
 婚活では色んなタイプの人とお見合いしたり交際したりします。
プロフィール上では、「価値観が合う!」と思ったものの、実際に会ってみると、「なんか価値観が違う。」と感じることは少なくありません。
  
 結婚は価値観が合わない人とはできないと思うのは分かります。
でも、同じDNAを持っている両親や兄弟・姉妹でも価値観が合わないと感じることがあるのですから、20年以上も別の生活をしてきた異性と価値観が合わないのは当り前です。
  
 そこで、婚活で価値観が合わない、価値観の違うと思った時にどうすれば良いか、結婚で価値観が合わないと困るもの、価値観が違うことを気にしなくて良いものを紹介します。

結婚で価値観が合わない、婚活で価値観が違うのは普通!

 
 婚活では価値観が合うを条件のひとつにして相手を探す方は多いのですが、そもそも結婚は価値観が合わない2人が、お互いの価値観を尊重しながら生活していくものです。
結婚では価値観が合わない、価値観が違うのは当り前なのです。

① 20年以上、別々の生活をしているので価値観が違うのは当り前

 生まれたときから一緒に暮らしている親子兄弟でも、価値観が合わないと感じることは少なくありません。
大人になってから初めて出会う相手と価値観が合うはずがありません。
 結婚では価値観が合わない、婚活で価値観が違うのは当然なのです。

② 価値観が合わないかどうか見定めることは意外に難しい

 婚活では価値観が合わないと見定めることも意外に難しいものです。
自分自身の価値観でも、年齢、経験、環境によって日々変化していきます。
例えば、お金の使い方や食べ物の好みなど、10代でも30代でも同じという人は少ないでしょう。
その日のお財布の事情によっても大きく変わります。
 
 夫婦は長い年数を共に過ごすので、交際中に将来までの価値観を見通すのは難しいものです。
結婚や子供が生まれたのを機に、価値観がガラッと変わる人も少なくありません。
結婚して価値観が合うか、価値観が合わないかの見極めは本当に難しいのです。

結婚で価値観が合わない、価値観が違うと困るもの

 
 とはいえ、婚活では価値観が合わないでもOKとは言いません。
価値観と一言でいっても、結婚では価値観が合わないと困るものと、価値観が違うことを気にしなくても良い2種類の価値観があるのです。
 
 この章では、結婚で価値観が合わないと困るものに、価値観が違うと困るものを紹介します。
婚活では価値観が合うことを確認していきたい内容です。

① お金の使い方の価値観は合わないとストレスが溜まります

 結婚の価値観で合わないと絶対に困るのはお金の使い方。
例えば、毎日の食材について、「一般のスーパーで買うか、高級スーパーに行くか」、外食についても「チェーン店か有名店か」など、お金の使い方の価値観が違うとイラッときますよね。
 
 ファッションや娯楽にお金を使いたい、自己啓発や資格取得にお金を使いたい、将来のために貯金したい・・・等、お金の使いたいポイントや節約も人によって違うでしょう。
 
 お金の使い方の価値観が合わないと、お互いにストレスがたまって結婚生活が続かない可能性も。

② モラルや常識に対する価値観が違う相手との結婚は厳しい

 結婚で価値観が合わないと厳しいのは、モラル、正義感、社会常識。
物事の良し悪しの判断、モラルの価値観が違うと結婚生活は不可能です。
社会常識とモラルの価値観は、ニュース報道などを話題にしてみると感じ取りやすいです。
 
 約束を守れない、すぐにウソをつく、ごまかそうとする、隠し事が多い・・・という人は、社会常識やモラル以前の問題ですので、結婚はおススメできません。
 

③ マナーに対する価値観は合わないと我慢できないことも

 結婚での価値観が違うと我慢できないことのひとつがマナーです。
食事のマナー、公共の場でのマナー、服装のマナー、会話のマナー、人間関係のマナーなど、マナーにも色々ありますが、マナーはその人の人生を映す鏡。
 
 食事のマナー程度であれば、教えてあげればOKですが、そうはいかない広い意味での社会的マナーもあります。
とにかく、マナーの身につけ方、考え方の価値観が合わないと結婚は難しいものです。

➄ 清潔感に対する価値観は極端な場合は注意

 潔癖症やスゴク不潔な相手と一緒に生活することは苦痛です。
その意味では、結婚の価値観で合わないと辛いのが清潔感でしょう。
 
 婚活で清潔感の価値観が違うかどうかを確認するのは簡単です。
デートの中での行動からも想像できますし、服やタオルの洗濯や掃除の頻度を聞いてみたり、お風呂の習慣について尋ねてみましょう。

結婚で価値観が違う、価値観が合わないでも良いもの

 
 結婚で価値観が合わなくてもいい、価値観が違うことを気にしなくて良いものを紹介します。
これらの項目は、婚活で価値観が合わない、価値観が違うと感じても気にしなくてもOKです。

① 食べ物の好みや価値観は許容範囲を広げる

 食べ物の好みが、結婚で価値観が合わないといけないと思い込んでいる人が少なくありません。
確かに、食事デートをするときに、「食べ物の好みが一緒!」とか「好きな料理が違うな」と感じることはあると思います。
 
 また、朝食でもパン派、ご飯派に別れますし、味付けも濃い派・薄い派、メインは肉派・魚派など、食事の方向性の違いに気が付くことは多いでしょう。
 
 でも、食べ物の好みは相手に合わせたり、お互い歩み寄ることもできます。
そもそも年齢によって好みも変わってきますしね。
それぞれが許容範囲を広げれば良いのです。
 
 食に対する嗜好は、結婚で価値観が合わなくてもいい、価値観が違うことを気にしなくてもOKです。

② 趣味の価値観が違うは問題なし!

 婚活では趣味の価値観が合うことを条件にする人が少なくありません。
でも、趣味は、結婚では価値観が合わない、価値観が違うことを気にしなくて良いのです。
 
 確かに共通の趣味があると話が盛り上がるかかもしれません。
でも、結婚は趣味が違う方が良いのです。
 
 いくら仲の良い夫婦でも、いつも一緒ではストレスが溜まります。
そんな時に、お互いのプライベートを作る手段が異なる趣味です。
趣味を通じて、新しい友人も増え、人脈も広がり、夫婦生活も豊かになるものなのです。

婚活で価値観が合わない、価値観が違うと感じた時の対処法

 
 プロフィールでは「いい人だ」と思っても実際に会ってみると、価値観が合わない、価値観が違うと感じて戸惑ってしまうことは少なくありません。
そこで、婚活で価値観が合わない、価値観が違うと感じた時の対処法を紹介します。

① 相手との価値観の違いを受け入れる

 婚活で価値観が合わない、価値観が違うと感じた時の対処法の1つ目は、相手の価値観を否定するのではなく、自分とは違っていても、まずは受け入れてみることです。
 
 例えば、相手が共働きを希望したとしたら、まず、共働きのメリットを考えてみるのです。
経済的に安定する、早く家が買える、海外旅行に行ける、子どもの教育費に余裕が出るなど、まずは受け入れてみることで多くのメリットに気づくことができます。
 
 自分が相手の価値観を尊重する姿勢を持つことで、相手が歩みよってくれることもありますので、早々に切り捨てないことが大切です。

② 話し合いにより妥協点を見つける

 婚活で価値観が合わない、価値観が違うと感じた時は色々と話し合ってみることで妥協点を見出すことも、結婚への近道となります。
 
 お金の使い方についても、「結婚したら毎月○万円は貯金する」「食費は月○万円を上限とする」など、お互いが納得できるルールを作ると、結婚しても価値観が合わないと苦労することは少ないでしょう。
 
 全ての価値観が話し合いで何とかなるとは言いませんが、結婚しても価値観が合わないという不安は話し合いでかなり解消されるのは確かです。

婚活や結婚では価値観が合わないと感じても慌てない

 
 何十年も別の人生を歩んできた男女の価値観が違うのは当たり前です。
だからこそ、婚活や結婚で価値観が合わないと感じたら相手を尊重する姿勢が大切になります。

結婚では価値観が合わないと思っても、話し合える関係があればOK

 趣味や食べ物の好みは、極論に言えば、真逆でも何とかなります。
しかし、お金の使い方、モラル、マナー、家族に対する価値観が合わないと結婚は難しくなります。
 
 そこで、婚活では価値観が合わないと思っても、まずは、相手を理解するように努めること。
そのうえで、相手とのコミュニケーションを深め解決法を探る習慣を身につけましょう。
 
 結婚は価値観が合わないと感じる相手でも、夫婦がお互いを理解しようと努力して、話し合える関係が築ければ、価値観が違うことは問題にならないものです。
 
 逆に言うと、少し価値観が違うだけで、頭ごなしに否定してくるような相手との結婚はNGです。

結婚では価値観が合わなくても、相手の価値観が嫌いでなければOK

 結婚では価値観が合わなくても、価値観が違うと思っても、相手の価値観が嫌いでなけれOK。
 
 お金の使い方であれ、モラル・マナーであれ、趣味であれ、「無理!」「嫌!」というレベルでなければ、理解はできなくても、そこまでストレスをためずに見ていられるものです。
 
 でも、相手の価値観が「無理」「嫌い」というレベルなら、一時も一緒にいることはできません。
 
 結婚での価値観については「嫌いが同じ」であれば良いのです。

婚活では価値観が違うと思ったら、第三者に聞いてもらうのも一案

 自分の価値観が多数派で正しいと思っていても、第三者に聞いてみると、相手の価値観の方が多数派だったり、正しかったりするケースは少なくありません。
 
 婚活で価値観が合わない、価値観が違うと気になるのなら、既婚の友人や結婚相談所のカウンセラーに相談してみましょう。
 
 価値観が合わないと悩んでいたことが、実は些細なことだったということは意外と多いのです。
すぐに「×」と決めつけるのではなく、いろいろな角度から価値観を捉えてみましょう。

婚活で価値観が合わない、価値観が違う時の対処法 ~まとめ~

 
 婚活では価値観が合わない、価値観が違うと感じることは少なくありません。
そんな時、その価値観の違いが、この記事で紹介したように、
 
1) 結婚で価値観が合わないと困るもの
2) 結婚で価値観が違うことを気にしなくて良いもの
 
・・・のどちらなのかを、しっかりと見極める必要があります。
 
 そして、婚活や価値観が合わない、価値観が違うとしても、まずは、お互いの価値観を否定せずに話し合ってみることが大切です。
話し合って、2人のルールを作っていくことが出来るようであれば、結婚しても価値観が合わないと悩むことは少ないでしょう。
 
 これまで、何十年も別の生活をしてきた男女です。
結婚しても価値観が合わないのは当然、100%価値観が合うなんてありえません。
 
 大切なのは価値観が違うと感じたとき、2人で話し合い、妥協点を見つけられるかどうかです。

関連記事

【婚活で連絡が途絶える、仮交際で連絡がない理由】
婚活で連絡がこない、仮交際で連絡がない時の対処法

婚活で連絡が途絶える、仮交際で連絡がない理由と原因。交際がうまくすすんでいたはずなのに、急に連絡がこなくなったのはなぜ?

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p69サムネイル
【結婚するならフィーリングの合う人でないと】
フィーリングが合う、合わないって何?見極め方は?

結婚するならフィーリングが合う人でないと。フィーリングが合う、合わないってどういうこと?どうやって判断?見極め方法は? 

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k44サムネイル
【見た目がタイプじゃない人との結婚は幸せになれる?】
好みのタイプじゃない人と生理的に受付けない人の違い

見た目やルックスが好みのタイプじゃない人と結婚しても幸せになれますか?幸せな結婚生活の要素と条件とは。

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k40サムネイル
【ルックス重視、外見重視の婚活は成功するか?】
お見合いで結婚相手への第一条件がルックスってあり?

ルックス重視、外見重視での婚活はアリ? ルックスの良さにこだわりのある方へ、ルックス重視の婚活と結婚のメリットとデメリット、成功法

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p19サムネイル

最新記事

【婚活で貯金なし男性、貯金の少ない男性は不利?】
男性の貯金平均、婚活で貯金なし男性が結婚する方法

婚活では貯金なしの男性は不利? 婚活で男性の貯金の平均は? 婚活で貯金なし男性が結婚する方法     普通に働いて毎月給...

>詳細はタイトルをクリック

【独身の老後は悲惨? 生涯独身は後悔する?】
一生独身、結婚しない人生に後悔する前に出来ること

生涯独身は後悔する?独身の老後は悲惨って本当?結婚しない人生で後悔する前に、今、出来ること!  「結婚したい」と言いなが...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活で連絡が途絶える、仮交際で連絡がない理由】
婚活で連絡がこない、仮交際で連絡がない時の対処法

婚活で連絡が途絶える理由と原因。 婚活で連絡がこない、仮交際で連絡がない時の対処法   自分ではうまく仮交際をすすんでい...

>詳細はタイトルをクリック

【結婚しても価値観が合わないと感じた時の対処法】
婚活で価値観が違う、価値観が合わないと感じたら

結婚は価値観が合わない人とはやめた方がいい? 婚活で価値観が違うと感じた時はどうすれば良い? 婚活で価値観が合わない、価...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活プロフィールの趣味に男性は何を書く?】
男性の婚活の趣味で女性受けする趣味ベスト8!

婚活プロフィールでは趣味に男性は何を書けばいい? 婚活の趣味では女性受けする趣味は何?     婚活ではプロフィールの趣...

>詳細はタイトルをクリック

MENU