【女性が婚活で使える、モテる女性の心理学ベスト7】
お見合い、デートでモテる、結婚できる心理学テクニック

【女性が婚活で使える、モテる女性の心理学ベスト7】
お見合い、デートでモテる、結婚できる心理学テクニック

女性が婚活で使える心理学
お見合い、交際デートでモテる心理学テクニック
心理学を応用して婚活でステキな人と結婚できる
 
 婚活における出会いでは、交際の期間がある程度限られています。
ただ漫然と交際しデートしていてはお互いの気持ちが盛り上がらないまま、相手の気持ちを惹きつけることができないまま時間切れ・・・不完全燃焼になることも少なくありません。
 
 そんなとき、心理学の法則を応用したテクニックで、限られた時間で相手の心を惹きつけ、大事な出会いのチャンスを有効に活用しませんか。
 
そこで、お見合いやデートでモテる、結婚できる、使える心理学テクニックについて、具体例と合わせてご紹介します。

【婚活で使える心理学①】
「メラビアンの法則」で楽しく会話

 
 お見合いや、仮交際にすすんでも最初の頃のデートは、どうしても話の内容を重視しがちですが、実は、それ以上に大切なのが話し方なのです。

①視覚・聴覚・言語の情報を意識

 一般的に人間は、楽しいことがあったら笑顔でハキハキと話をしますし、悲しいことがあったら暗い表情を浮かべてボソボソと話をしますよね。
 楽しいことをもの静かに話したり、悲しいことを元気に話したりすると、チグハグな感じがして、自分の気持ち・感情は相手に伝わりません。(そんな人はいないと思いますが・・・)
 
 お見合いや交際デートで大切なのは、楽しい雰囲気を作って、相手にまた会いたいと思わせること。
 
 そこで、視覚的な情報、聴覚的な情報、そして言語的な情報を一致させることで、自分の気持ちを正しく相手に伝えることが重要となります。

②視覚・聴覚・言語の情報をバランスよく見せる

 自分を最大限に良く見せるためには、視覚・聴覚・言語の情報をバランスよく伝えることがポイント。
 
視覚的な情報…外見、振る舞い、表情、視線など
聴覚的な情報…声質やトーン、会話のスピード、口調など
言語的な情報…会話の内容、そこで使う言葉の意味など
 
 お見合いや婚活デートでは、外見ばかり見る男性もいますが、結婚にしっかり向き合っている男性ほど、それ以外の情報を重視する傾向があります。
 
清楚な服装を着て落ち着いたトーンで話す
会話の合間に最高の笑顔を見せる
 
・・・こうするだけで、話の内容はささいなことでも、男性にはかなりの好印象になるのです。

【婚活で使える心理学②】親近感アップ!

 
 お見合いでは、何の接点もない初対面のふたりが、喫茶店などで1時間ほど話をします。
仮交際に入っても、初めの1~2回目のデートでは2~3時間のお茶デート、ランチデートです。
 
 そこで、お見合いや2~3回目までの仮交際デートでは、短時間の間に男性から親近感を持ってもらえるかがポイントになります。

①「好意の返報性」で仲良くなろう

 好意の返報性とは、相手に好意を伝えると、それを同じように返したくなるという心理的な法則。
 
お見合いの時に、「仮交際にすすみたい男性だな」と思ったら、
仮交際デートで、「またデートしたいな」と思ったら
 
 相手にもその気持ちを返してもらえるような言動をとることで、次につながる確率が高まります。
 
注意点は、相手に好意を示す=相手に告白するということではないこと。
 
「仮交際にすすみたい」
「またデートしたい」
 
・・・という気持ちを、表情や態度などでさりげなく知らせることがポイントです。

②名前で呼んでみよう

 そこで、お見合いときにおススメなのが、会話をする時に必ず
 
「○○さんは・・・」
 
・・・と意識的に言葉の中に相手の名字を入れて話すこと。
 
人は誰でも、自分の名前を呼ばれることで親近感を持つものです。
 
 そして、仮交際にすすめたら、今度は、相手のことを名前(下の名前)で呼んでみましょう。
なれなれしく呼び捨てはダメですよ。 
それ、失礼な人になってしまいます。
 
「○○さんは・・・」
 
・・・と丁寧な言い方をするのが鉄則です。
 
 もし、男性側もあなたの名前(下の名前)で呼んでくれるようになったら、次のステップにすすめる可能性は高いと言えるでしょう。

【婚活で使える心理学③】ギャップでドキッ

 
 お見合いから仮交際にすすんで、何度かデートをする機会が出てきたら、ギャップでドキッとさせることも意識しましょう。

①仮交際に進んだら「ゲインロスの効果」

 ゲインロスの効果とは、ある印象を持ったところにプラスの面が加わると、実際以上に印象が良くなるというものです。
 
 婚活で言えば、お見合いや前回のデートで相手に与えた印象を、次のデートでポジティブに裏切ることで、あなたに対する印象をアップさせる・・・これがゲインロスの効果。
 
 おすすめなのは、お見合いでは控えめで穏やかな雰囲気、態度で接して、次のデートから少しずつギャップを見せるというもの。
 
まずは、控えめで穏やかな雰囲気と態度で次のデートにつなげ、
 
「こんなアクティブな一面もあったんだ」
「こんなにお茶目なんだ」
 
・・・といった感じで、プラスの面をちょっとずつ積み上げていくと、印象がそれ以上にアップするというわけです。

②男性の好みをしっかり把握すること

 最初に段階で、自分のあらゆる面を伝えようとすると、婚活に焦っている、または、自信満々タイプと思われてしまい、そういうつもりがなくてもネガティブな印象を持たれてしまいます。
 
 そこで、デートを重ねながらギャップとして出すほうが効果的ではありますが、どのような点がプラスになるのかは個人差が結構大きいものです。
 
 例えば、最初に着ていた清楚なファッションからカジュアルなファッションに切り替えることで、印象がプラスになることもあれば、マイナスになることもあります。
 
 そこで、お見合いの時や交際デート中の会話の中から男性の好みを把握して、マイナス効果を生み出さないように配慮しましょう。

【婚活で使える心理学④】ライバルの存在を意識させる

 
 ある程度限られた期間で結婚につなげるためには、別の男性に取られるかもしれないと、ライバルの存在を意識させることも方法のひとつです。

①仮交際は複数の相手と会うのが可能

 結婚相談所を通じて婚活する場合、お見合いと仮交際の段階では、複数の男性と会うことが可能です。
そのため、仮交際にすすんだ場合、あなた自身はもちろん、相手の男性だって、複数の人との仮交際を重ねることに何ら問題はありません。
 
 それが、短期間で効率的に婚活するためのメリットであるものの、相手に対する気持ちが高まるほど、デメリットともなります。
 
 意中の相手と出会ったときほど、他に仮交際中の女性がいるのでは、自分は単なるキープなのではと、不安な気持ちでいっぱいになると思います。

②余裕ある対応で「嫉妬のストラテジー」

「私の他に交際している人がいるかもしれない」と不安になって、ついつい聞いてしまうこともあるかもしれません(基本的に相手の交際状況を質問するのはNGです!)。
 
 でも、婚活でモテるためには、相手の状況を「気にする」のではなく、自分の状況を相手に「気にさせる」ことが大切です。
 
 嫉妬とは無縁の余裕ある態度で接することで、男性があなたの状況を気になるようにする。
それが嫉妬のストラテジーという心理学の法則です。
 
 もし、男性に他に交際している人がいるのか聞かれても、「いえいえ、そんな~」などと明快な答えを避けてみるのもいいでしょう。

【婚活で使える心理学⑤】何度も会って「単純接触効果」

 
 複数交際が可能な仮交際から、ひとりに絞る真剣交際(本交際)にすすむためには、どれだけの回数のデートを重ねられるのかが重要です。

①仮交際ではデートの回数が鍵

 デートの回数の重要性を心理学的に説明すると、単純接触効果の効果を狙うということ。
 
 単純接触効果とは、接する回数が増えれば増えるほど、相手に対する印象がよくなるという心理的な効果のことです。
テレビCMを何度も観ていると商品に対する印象が良くなるというのも単純接触効果の一種です。
 
 これを婚活に応用するなら、どれだけ仕事が忙しくても、デートの時間をしっかり設けること。
意中の相手と仮交際にすすんだら、他の交際相手の数を絞り、時間に融通をきかせることも選択肢のひとつになります。

②電話やLINEも上手に活用

 デートの機会をたくさん設けようと思っても、お互い仕事もありますし、プライベートの都合もあるので、思い通りにデートができないというのか現実でしょう。
  
 それぞれの住んでいる所が遠いと、仕事のあとにデートするのが難しいため、週末限定となってしまうことも少なくありません。
 
 そこで、次のデートまで日があくようでしたら、電話やLINEを使ってコミュニケーションを絶やさないようにすることで、単純接触効果が期待できます。
 
「女性の私から連絡するの」
 
・・・と思うかもしれませんが、そんなプライドは婚活で無意味です。
複数仮交際中の他の女性に取られてから後悔しても遅いのです。
 
 ただし、しつこく連絡しすぎると、相手に重たい人と思われてしまうため、ほどよい加減にすることを忘れずに!

【婚活で使える心理学⑥】「吊り橋効果」で恋に発展

 
 お見合いから仮交際に進んだものの、なかなか進展を感じられない・・・そんな雰囲気になったら吊り橋効果を活用しましょう。

①同じ場所のデートはマイナスが貯まる

 男性がデートスポットに精通していない、真冬や真夏で移動するのがつらい、そんな理由から同じお店でデートを繰り返してしまうケースもあります。
 
 ただの恋愛で付き合っているカップルであれば、そんなデートでも些細なおしゃべりに花を咲かせるので、必ずしもマイナスではありません。
 
 しかし、婚活で交際しているカップルが、いつも同じような場所で向き合い続けると、結婚の条件に関する話ばかりが続いてしまいがちです。
あらゆる条件がぴったり合致していればいいのですが、そんなカップルはほんの一握り。
 
 会えば会う程、相違が分かってマイナスが蓄積してしまい、お互いの印象が悪くなっていくだけなのでおススメできません。

②数回目でドキドキデートを提案

 結婚相談所を通じた出会いは、恋愛を前提としないため効率的に婚活できるメリットがありますが、それでもやはり恋愛感情は大切です。
 
 そこで、相手に対するトキメキや恋心を高まらせるために活用したいのが「吊り橋効果」。
 
 吊り橋のようにハラハラ・ドキドキ感がある場所を共有すると、相手のことが好きになってしまうという心理学のテクニックです。
 
 テーマパークや遊園地に行ってジェットコースターに乗る、ドライブで少し遠出するだけでも、外的な刺激が加わり「吊り橋効果」が期待できます。
 
 近くに適した場所がないという人は、ゲームセンター等でUFOキャッチャーやちょっとしたゲームをすることもおすすめです。

【婚活で使える心理学⑦】デート後の対応で印象が変わる

 
 ここまで婚活に役立つ心理学のテクニックをご紹介しましたが、デートの終わりの印象を最大限に高めることも忘れないようにしましょう。

①婚活相手と意見が衝突することも・・・

 お見合いやデートのあとに、受け答えが上手くできなかった、盛り上がりに欠けてしまったなど、別れたあとに後悔することも多いでしょう。
 
 結婚に関する互いの考えを話すなかで、家事の分担やお金の使い方などの意見が分かれ、ついついヒートアップしてしまうことだって・・・。
 
 家に帰ってから、もうちょっと上手に話したかった、いちどの衝突で関係を終わらせたくないと反省した経験がある人もいると思います。

②「ピークエンドの法則」ですべて解決

 デートでちょっとした衝突があった場合、意気消沈して、ただ交際終了の連絡を待つだけでは、せっかくの出会いも水の泡。
 
 そこで、次も会いたいと思ったら、お見合いやデートのあとに、ピークエンドの法則で解決しましょう。
 
 ピークエンドの法則とは、その人に対する印象のほとんどは、盛り上がっている時(ピーク)と最後(エンド)で決まる、というもので、特に最後(エンド)の印象が強く残るいうものです。
 
 お見合いやデートのときに多少のマイナスポイントが発生したとしても、最後の印象がよければ、その前のものは帳消しになります。
 
そこで、別れ際やデート後のLINEなどで、
 
「今日は楽しかった」
「楽しい時間をありがとう」
 
・・・など、ポジティブな言葉を伝えましょう。
そうするだけで、相手の男性のなかでは、その日のデートは楽しかったという印象になるのです。

女性が婚活・お見合いでモテる、使える心理学 ~まとめ~

 
 通常の恋愛では、関係性を深めるためのそれなりの交際期間がありますが、婚活では3~4か月をひとつの目安にして相手のことを見定めなくてはなくてはなりません。
 
 時間をかけて、ゆっくりと長い目で交際を続けるわけではないため、意中の男性に出会ったら自分に対する印象をできるだけよく見せる、早く好きになってもらうことが大切です。
 
 もちろん、人間には多様な側面があるため、心理学のテクニックを使えば相手の気持ちは思いのまま、というわけではありません。
 
 でも、知っているのと知らないのとでは大違いです。
これらの心理学の法則、テクニックを参考に臨機応変に対応して、男性の気持ちをあなたに向けるように頑張って下さいね。

関連記事

【相槌と言葉を変えれば女性の婚活・結婚はうまくいく】
モテる女性の魔法の相づちと言葉ランキング10

女性は相槌の打ち方と言葉を変えるだけでも婚活も結婚もうまくいく。モテる女性の魔法の相槌と言葉ランキング10

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p31サムネイル
【婚活は仕草で決まる? 女のモテしぐさ8選!】
男性がドキッとする婚活成功のオトナ女のモテしぐさ!

婚活も結婚も仕草で決まる。オトナ女の婚活成功「モテしぐさ」お見合い・交際デートで男性がドキッとする大人の女性の「モテ仕草」を紹介

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p33サムネイル
【恋愛経験なしor少ない女性の婚活成功方法】
恋愛経験がない、少ない私が結婚できた理由とは?

恋愛経験がないor恋愛経験が少ない女性は30代で約6割。でも恋愛経験がない、少ない女性は結婚市場では男性から人気があって・・・

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

p15サムネイル
【いつも仮交際で断られ、真剣交際にすすめない女性】
いつも仮交際だけで断られる女性、断わられる理由10選

いつも仮交際だけで断られる女性、婚活がうまくすすまない女性の特徴とは。仮交際から真剣交際にすすめない女性の断われる理由10選

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k39サムネイル
【婚活でモテる女性の食事デート成功法、マナーと会話】
食事マナーと気配りで好感度UP、モテ女の食事デート

食事デート~婚活女性の好感度UP術、モテる女性の食事マナーと気配り、婚活女性が食事デートで気をつけたい食事マナー

 ↑↑↑ 続きはタイトルをクリック

k49サムネイル

最新記事

【女性必見、男性が考える結婚したら苦労しそうな女性】
「美人or可愛いけど結婚したら大変」と男性が思う女性

「この女性と結婚したら大変」と男性が感じる女性の特徴 「結婚したら苦労しそう」と男性が思う女性とは 美人でも、可愛くても...

>詳細はタイトルをクリック

【男性必見、女性が思う結婚したら大変そうな男性】
条件やルックスがよくても、婚活女性が断わる男性の特徴

「結婚したら大変そうな男性」と女性が思う男性の特徴 「結婚したら苦労しそうな男性」と女性が感じるポイント 条件やルックス...

>詳細はタイトルをクリック

【男性のお見合い判断基準、お見合いの返事に迷ったら】
婚活男性が仮交際にすすむか迷う理由と判断ポイント

男性必見、お見合い後の返事の判断基準 お見合いの後、仮交際にすすむかどうか迷ったら? 婚活男性がお見合いの返事に迷う理由...

>詳細はタイトルをクリック

【婚活女性のお見合いの判断基準、仮交際に迷ったら】
女性がお見合い返事に迷う理由と仮交際にすすむ判断基準

女性のお見合いの返事の判断基準とは 仮交際にすすむかどうか迷った時の判断ポイント 婚活女性がお見合いの返事に迷う理由は?...

>詳細はタイトルをクリック

【女性からのデートの誘い方、女性から誘うメリット】
仮交際2回目からのデート、女性からデートに誘う方法

女性から婚活デートを誘う方法、上手なデートの誘い方 仮交際2回目以降のデートは女性からも誘おう 女性からデートに誘って短...

>詳細はタイトルをクリック

MENU